Elicia Flower ~ エリーシアフラワー ~

暮らしに彩りと笑顔を添えるような
手創りのアートフラワー作品を
紹介しています
(※時々育児日記も…)

育児:もうすぐ保育園

2012-03-28 | 日記
明日で10ヶ月の娘は、来週4/2から保育園へ入園します。

私が会社に復帰するためです。

10ヶ月で人様に預けるのがとても心苦しいし、
後ろ髪ひかれる思いで複雑な心境です。
数ヶ月悩みましたが、結局預けることにしました。

そもそも、申請したものの内定するか?という疑問もありましたが、
(併願ベースで)倍率10~15倍の東京の激戦保育園申請を通り抜け
内定確定。
内定頂けただけでも幸運でしょうし、私の後ろ髪ひかれる思いは
蓋をせざるを得ないことになりました。

1歳前に預けること、
もしかして「歩いた!!!」の瞬間を見れないかと思うと
つらい気持ちでいっぱいですが、
親も成長の機会なのでしょうね。
頑張るしかありません。

娘もかなりの努力をしなければならないと思います。


人見知りが他の子と比べても異常にある娘。

2週間前の保育園面接時も、
園長先生が目の前に座っただけで
この世のものとは思えないものを見た~~~!!! 的にギャン泣き。

なにも園長先生でそんなに泣かなくても・・・


娘のほうが辛いだろうなぁと覚悟です。


あと数日で娘とべったりの生活が終わるかと思うと心寂しいです。
コメント (1)

お花の仕入れへ

2012-03-21 | 日記
月曜日、花材の仕入れに行きました。

最近嬉しい年間契約のご注文を頂きました。

その年間契約は4月分からスタート。
早速、仕入れに行きました。

四ツ谷にある問屋さんへ。

恵まれたことに、東京のわりと中心部に住んでいる私の自宅からは
電車と徒歩で1時間かかりません。

頻繁にこの問屋さんに行きます。
実際にモノ(花材)をみないと質感がわからないことがよくあるので、
なるべくネット注文で仕入れするのではなく、
実際に問屋さんに行って、自分の手で触って目で見て
買い付けることが多いです。

頻繁にこの問屋さんに行っていたのですが、妊娠後期からご無沙汰。

1年ぶりに問屋さんに行きました。


お花が大好きな私。
そして、ずっと子供が欲しかった私。
いつか、自分の子供と一緒に、お花の仕入れに問屋さんに行くことが
ちょっとした夢でもありました。

なので、娘と一緒に二人で仕入れに行ったことはとても嬉しいことでした。

もちろん9か月の娘は抱っこされたままだし、そこがどこかも
全くわかってないけれど、私の心が躍っているのは感じていたかもしれませんね。



お花がたくさんで、市場に行く感覚です。
1年ぶりの問屋さん。

心躍る私を客観視して思ったことは
「あ~私、やっぱりお花が大好きなんだなぁ」ということ。
これほど興奮することってなかなかないなぁ、と。

自分が好きなことがはっきりと認識できた日でもありました。



また、娘とルンルンで仕入れに行きたいなぁと思います。
コメント

育児:テキトーなおもちゃ達

2012-03-18 | 日記
9か月の娘は私たちの一人目の子供。

嬉しい初めての子供。

でも、さばさばしたところも結構あります。

やたらおもちゃなど買ってあげないところもその一つ。
お金がないとか、「おもちゃをたくさん買ってあげない主義なんです!」
というわけでもありません。

「どうせ飽きるでしょ?」「なんでもおもちゃになるんでしょう?」と
冷静な親の私たち。

一応ちゃんとしたおもちゃっぽいものもあります↓
ほとんど頂き物のおもちゃ。
・・・あ、よく見ると、ここにあるものは全て頂き物・・・


でも9か月の今、ちゃんとしたおもちゃよりも好きなものがこれら↓


喫茶店のおしぼり
頂き物のめんたいこが入っていたプラスチックケース
わらび餅が入っていたプラスチックケースのふた
プチプチ・・・・


時々、哺乳瓶や離乳食食器を煮沸消毒する時に、
ついでにプラスチック系のおもちゃも煮沸消毒する時があるのですが、
調子にのっていろんなものを煮沸消毒していたら
お気に入りのプラスチックのふたがこんな状態に・・・


やりすぎました。


でも、にこにこ舐めてかんで遊んでいる娘。


結局、おもちゃなんて何でもいいんでしょうね。
「絶対Wiiでしか遊ばない!」「新しいソフトが欲しい!」と言いだすまでの
数年間、こういう創造力を伸ばしそうな身近なおもちゃもいいかな、と。

「おもちゃなんかより、ママとパパが一緒に居てくれればそれでいい!」
という期間も一生のうち一瞬だろうし、今はその期間をエンジョイしてます。
コメント

育児: I LOVE iPhone

2012-03-16 | 日記
ある日の娘。

iPhoneぎゅ~っと抱きしめて、チュ~して・・・

そのまま寝ました・・・


I LOVE iPhone

ソフトバンクが嬉しくなる画です。

↓上から見ると↓



コメント

育児:初節句

2012-03-13 | 日記
娘はただいま9か月。

先日、初節句でした。

一人目の子供なのに、
しかも娘なのに、
ひなまつりに対して妙に淡泊な親。

実家の母が「雛人形買ってあげようと思うんだけど、どれがいい?」と
お店で写メ送ってきてくれたけど
「いらない」とお断り。
理由=狭小マンションで、置く場所も保管場所もない。


普通は、
初節句の時に雛人形をどちらかのおじいちゃん・おばあちゃんが買ってくれて、
3/3はその雛人形前で、両家おじいちゃん・おばあちゃんや
親戚みんなを呼んで、美味しいご馳走を手作りし、
初節句のお祝いをする。
きっと、この流れなんだろうと思います。


我が家はこれで終わりでした↓


結局、雛人形については、言葉もわからない娘に
「仙台のおばあちゃん家にお人形飾ってくれてるからね~」と言い聞かせました。
(親の勝手)

たまたま、手作り好きな大学の友達が、
「母親が折り紙で作ったの」と送ってきてくれた
折り紙雛人形が大活躍!

頭の部分はお花の種で作られたそうです!

淡泊な私は
「そうそう、こういう小さい人形で十分!」と勝手。

↓それにしても上手。指に乗るサイズ。↓



一応、雛祭りは、子供がいなくても毎年恒例で
手作り雛人形ちらし寿司を作ってきました。

ちらし寿司に、薄焼き卵の着物を着せて、かんぴょう帯を巻き、
頭はうずらの卵。
これは、実家の伝統です。

この日、気合入れて「今年も作るぞ~!今年は見栄え良く作るぞ~!」と
思ったものの、娘をおんぶしながら他のおかずも作って・・・・
8kgおんぶしながら2時間以上立ちっぱなしで食事作り。
2時間以上経って、最後の顔の部分の仕上げ時にはへとへと。
気合入れたわりには、8kgの重さに耐えきれず、最後が雑。
海苔を丁寧に丸く切って目を作る予定だったのが、
もう体力の限界で、つり目に!! (笑)


もう、どうでもいいや状態。



ちなみに、こんな雛人形ちらし寿司は、実家の母・姉からするとNG中のNG。

3/3今年はこんな感じだよ、と送られてきた本家の見本はこれ↓


「お内裏様の頭は 黒豆 がピッタリと発見!」と。
さすがです。


私の実家では、おせち料理の伝授がありませんでした。
幸い!?おせち料理を作らなきゃいけない家に嫁がなくて済んだので
未だにおせち料理は一品も作れませんが、
うちの実家の嫁入りに必要な料理は
「おせち料理」より「雛人形ちらし寿司」。

このふざけたような、工作のような、小学生の料理のような雛人形作りのほうが
審査厳しい料理です。


見栄えはまだまだ修行中ですし、
おせちは作りませんが、雛人形ちらし寿司は毎年作ってます。


来年はどうなることやら・・・。
コメント