ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

明日の大桜はどっしりと構えて来る人を迎えてくれる (2019/4/15)

2019年04月15日 | 2019/3-4 春のたび さくらを求めて東に北に
 安定しない天候だ。少し晴れたかと思えばいきなり雨が降ってきたりする。そして風が強い。



 こんな状況で蜃気楼が発生するとも思えない。出現予測も10%だ。



 駐車場はこんな具合だ。

 午後になって雨が降る様子もないので、明日の大桜(あけびのおおざくら)を見に行こう。

 宇奈月温泉の方に走っていくと、用水路の脇に見事なサクラの木がある。



広いところにアラモを停めて見に行った。このサクラのためにわざわざ道を曲げている。



 1本だけあるところがいい。並木ならこの程度のサクラはたくさんあるようにも思う。勝手に「用水の桜」と命名した。

 さて、明日の大桜があるのは明日山法福寺境内だ。



道路の正面に小さな山門が見えてきた。その右側を通り抜けて左手が本堂だ。



「大悲殿」とかかっている。ともかくお参りしてから大桜に向き合う。



 なるほどどっしりと構えてまだまだ枝振りは元気なように見える。だが幹のところどころに空洞ができていて、そこを塞いだ痕がちょっと悲しい。



 樹齢400余年の古木だそうだ。









 30分ほど境内にいたが、訪れる人は誰もいなかった。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« そうだ、昨日は親不知の旧道... | トップ | あさひ舟川「春の四重奏」の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2019/3-4 春のたび さくらを求めて東に北に」カテゴリの最新記事