ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

サロベツ湿原に自転車で走る途中で見つけた「パンケ沼園地」は静かな大人の隠れ場か (2020/8/1)

 自転車で幌延ビジターセンターからサロベツ湿原センターに向かう途中で見つけた「パンケ沼園地」にあるのは、小さな東屋とトイレ、木製のテーブルとベンチだけ。そして木道が巡らされている。





 駐車場から続く砂利道を進んでいくと、パンケ沼が目の前に広がる。



 そして脇に野鳥を観察するための小屋がある。小屋は閉鎖されている。




 じ~さんの足音に驚いたか、二羽の水鳥が飛び立っていった。



 小屋の横から木道が始まっているが、ところどころ腐って足元が危ないところがある。この木道の脇にも湿原の花が咲いている。





 この小さな白い花も今年は初めて見る花ではないかな。

 とにかく静かないいところだ。じ~さんがここにいた30分間には土曜日なのに誰も来なかった。言ってみれば大人の隠れ場とは言い過ぎか。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

 とは言いながら、すぐにここに来て、ここで車中泊するとはこの時は夢にも思っていなかった。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の「2020/7-9 北海道のたび」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事