ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

上越の素晴らしいさくらを探して、榮恩寺のしだれ桜を訪ねた (2019/4/12)

2019年04月12日 | 2019/3-4 春のたび さくらを求めて東に北に
 上越市でさくらといえば、高田公園のソメイヨシノ。日本三大夜桜にあげられるそうで、ちょうど満開の時期になっている。だが、そんな豪華な夜桜には目もくれず、孤高の一本桜を追いかけてみよう。

 今朝の道の駅あらいは予想通り寒かった。外に出ると向こうに妙高山が見える。



 あの山はまだ冬だなあ。

 榮恩寺のしだれ桜の情報はネットでそれなりにあるが、例年の見頃は4月上旬~中旬ということしか分からない。いまどうなっているか不安はあったが、榮恩寺を訪ねることにした。

 出発してしばらく国道18号線を北上していく。ところどころにさくらが見える。



 そして田んぼのまっただ中の県道を進んでいく。真冬の吹雪の夜にこんな道路を走ると怖いなあ。この道路でも満開のソメイヨシノが目立つ。

 いよいよ榮恩寺だ。よかったシダレザクラは咲いているようだ。



 鐘楼を兼ねた山門をくぐって左手に大きく枝を伸ばしている。







 ちょうど満開だった。もう庭に納まりきらずに本堂の屋根に虹を差し渡すように花が流れている。





 小花のエドヒガン系のシダレザクラだな。



 推定樹齢は400年とある。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 長野県はさらっと通り過ぎて... | トップ | 今回のたびのもう一つのテー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2019/3-4 春のたび さくらを求めて東に北に」カテゴリの最新記事