ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

焼き物の本場を回って最後は温泉、道の駅「 星のふる里 ふじはし」

2014年04月13日 | 2014/4 東海のたび
 
道の駅「瀬戸しなの」で車中泊していたのは、キャブコンが3台、バンコンその他で6台くらい。駐車場はほぼ平らで、トイレは洋式できれいだ。気持ちよくすごした。7時ころから周辺を散歩した。どういえばいいのだろう。準鉱業地帯というのだろうか。陶土の採掘場があちこちにある。
ここは駐車場をはさんで向かいは品野陶磁器センターになっている。奥は開店と同時に飛んで行った。




次いで行ったのは道の駅「土岐美濃焼街道」。


ここでいくつか買って、昼食をとって名古屋の北を回っていく。ナビに従って走っていくと、道の駅「志野・織部」の横を通過する。ここは昨年9月に丘の上の織部ヒルズも含めて十分見て回ったので、今回はパス。
今夜の車中泊は道の駅「星のふる里ふじはし」。星のふる里なのに今夜は曇り空で星が見えないのが残念。温泉藤橋の湯が併設されているので、ゆっくりとお湯につかることができる。脱衣室に入るとちょっと塩素臭がしたので、え!と思ったが湯につかればそれもなくなった。お湯は硫酸ナトリウム主体で無色透明。



正面左の大きい建物はレストランと旧徳山村(徳山ダムの建設により水没)の民俗資料館、その左が道の駅の物産館。駐車場から物産館に入るところに水のみ場があって重宝した。



温泉藤橋の湯には入り口左に無料の足湯もある。
メーターの写真を撮り忘れていたので、温泉から出てきてから撮影。


ここまでだいぶ登ってきたが、燃費は10キロを超えたので一応満足。明日はさらに登って行って、琵琶湖に向かって下っていく。



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日はひたすら下道を走って... | トップ | 岐阜県から滋賀県、京都府を... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2014/4 東海のたび」カテゴリの最新記事