ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

製造年月がもう二月後ならいいんだけど (2019/3/19)

2019年03月19日 | キャンピングカー
 あちこち探し回って2019年2月製造のものを買ってきた。店によっては2018年11月製造というところもあった。そうするとひどく損をしたような気持になってしまう。
これは「自動車用緊急保安炎筒」。事故などの際に道路で車両が動かなくなった時に点火する発炎灯だ。



 これにも賞味期限がある。有効期間は製造から4年間だ。今、アラモに積んでいるのは2016年11月に期限切れになっている。ということは前回の車検ではいすゞさんのチェック漏れだったらしい。

 これもいすゞさんの指摘事項だったが、もう期限切れになっているので、車検を待たずに新しいものを買ってきたのだ。いくつか探したがこれが最新だ。ということで次々回の車検の際には期限切れになる。製造がもう二月後ならいいんだけど先の日付を偽装するわけにはいかない。

 商品の棚の隣には、単4電池を使うフラッシュライトがあって、これも自動車用緊急保安炎筒として車検対応になっていた。何となくこっちの炎筒にしてしまったのは失敗だったようだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« LEDランプの寿命が4万時間と... | トップ | 注文したハイマウントストッ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig13)
2019-03-20 12:50:45
初めまして 
単4電池を使うフラッシュライト には 懐中電灯になるタイプもあると思います。 これ非常用に便利ですよ
そんなものまで (ELFじ~さん)
2019-03-20 21:42:22
mig13 さん

 なんとそんなものまであったんですね。

 常識的にはあって当然だと思います。だけど、緊急用専用だと思い込んでいました。それは頭の固い役所の連中は、普段から使っていたら緊急時に電池が切れるだろう!!といって専用の緊急フラッシュライトしか認めませんと言うだろうと思うから。

 専用にしていて単4を入れっぱなしにしていたら、緊急時には電池が放電して役に立たないということになるのではないかと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンピングカー」カテゴリの最新記事