ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

いよいよ21世紀の森キャンプ場を出発して旭川から、夕刻の道の駅秩父別にやってきた (2017/9/4)

2017年09月04日 | 2017/8-9 北海道のたび
 いよいよ本当に21世紀の森キャンプ場に別れを告げる時がきた。このキャンプ場は無料で便利なので3回にわたって延べ8泊もお世話になってしまった。

 テントが乾いてから撤収だ。

ファミリーキャンプ場に行って、洗濯機で洗濯、最後に森の湯に入ってゴミ出しをしてた。



ペーパンダムは水がほとんどない。このダムは農業用水のようだから、これから先は水の需要は少ないから大丈夫ということなんだろうか。


 旭川に出るとちょうどお昼時。奥に何を食べるか聞いたら、すかさず「ちょいす」(笑)。他においしいところを知らないのでそうなった。

 自分は再びワンコインのランチと、奥はまたもやいくらのこぼれ盛り。そして最初から気になっていた一本炙り穴子¥330を注文した。



 ちょうど2貫のシャリのうえに差し渡すように穴子が乗っていたので、奥とシェアして食べたがやわらかくておいしかった。だがこうしてみれば2貫のシャリの上に半分にした穴子が乗っていると思えば、値段相応でそれほど安いわけでもなかった。だが十分満足だ。

 その後はコインランドリーで洗濯物の乾燥をして、ショッピングセンターでしばらく買い物だ。

 さて旭川から出て少しづつ南に下がっていこうか。今日は道の駅秩父別までやってきた。ここは3回目かな?

 

 この100年記念塔にも上がった。この塔は太陽が照り付ける午後に上がってはだめだ。上に上がるほど暑くて参ってしまう。

 

 温泉はどうしようかな。早くビールにしたい気持ちが強い。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)