サラマンドフの会 ブログ *** もよ ムモジャ 日誌 

野生のアフリカゾウと地域住民の共存 ******* 野生動物と人間の未来を考える

念願の本

2012-11-20 | 学問研究エピソード
気の合う友人氏に頼んでおいた念願の専門書を受け取った。まさか持ってきてくれるとは期待していなかったので、手にした時には本当に嬉しかった。 . . . 本文を読む

古典も楽しい

2012-11-07 | 学問研究エピソード
思うところあって、寺田寅彦に関する本を読む。 よく言われることだが、現代日本人はやたら寿命が延びたものの先代の偉業にどれほど近づき超えているのか。いやこれまた否定的に考えるのはやめよう。 . . . 本文を読む

図書散策

2011-06-05 | 学問研究エピソード
1990年代、2000年代の日本語の本は、この年代に、日本に居なかっただけに空白の浦島花子の時期で、私にとって新鮮なものが少なくない。図書散策は無限大に面白い。 . . . 本文を読む

去り行く師匠世代

2011-04-03 | 学問研究エピソード
数日前に柴谷篤弘氏逝去とあった。30年前の昔話になるが、小原先生の研究室に出入りするようになってすぐに手にした本の一冊、「あなたにとって科学とはなにか」の著者だとすぐに思い出した。当時の私にとってはかなり斬新な本だった。 . . . 本文を読む

本業のつぶやき

2010-12-23 | 学問研究エピソード
ようやく本業に専念できそうな年末年始だけど、どうだろうか。 . . . 本文を読む

生きもの学

2010-11-03 | 学問研究エピソード
小原先生が、「生きもの学と生物学は、全然違う」としきりに説いておられる。世界の主流は、生物学になってしまっているが、まだまだ生きもの学でがんばっている研究者もいる。 . . . 本文を読む

ハイウエイ

2010-10-31 | 学問研究エピソード
タンザニアのセレンゲティ国立公園のハイウエイ計画は、着々と進行している。 . . . 本文を読む

行方不明の文庫本

2010-06-29 | 学問研究エピソード
一冊のある古い文庫本(哲学書)を探している。持っているはずなのだが、見つからない。本を置いていくスペースがなくなってきて、2年前に、大量に文庫や新書を処分し、かつ本棚から押入れに移した。 . . . 本文を読む

ある論文の今昔

2010-06-25 | 学問研究エピソード
ひょんなことから、進化論が日本に導入された時の論文を目にすることになった。 . . . 本文を読む

アーカイブ日誌より~4月8日(木) おなじみの専門用語

2010-04-13 | 学問研究エピソード
ワイルドライフ・マネージメントで、アメリカやケニヤでは、おなじみのある専門用語が、日本ではまだ紹介されていない、新しい概念、ことばである、という記述があり、目に留まる。 . . . 本文を読む