元ちとせ/千の夜と千の昼 [通常CDに戻して再発]

元ちとせ/「千の夜と千の昼(通常CDに戻して再発売)

1. 千の夜と千の昼
2. 白夜
3. TRUE COLORS

[2004/07/07] COMPACT disc DIGITAL AUDIO

元ちとせ/千の夜と千の昼 [CD/再発] at Amazon.co.jp


CCCDをやめ、通常CDになって再発売。

 発売当初はレーベルゲートCD、その後レーベルゲートCD2と、いずれもCopy Control CDなる「CDに似て非なるもの」でのリリースでした。トラック情報(TOC)に嘘の番地が書かれているなど、商品として問題のある代物で、若い人の人口減少で元々下降線にあったCD売上を、一層低下させる「劇薬」となりました。

 かなりコピーしにくくなったにも関わらず、結局 売上は戻らず、ファン離れを危惧したソニーは、CCCDで発売したタイトルを、新たに通常CDで発売し直す方針を打ち出しました。元ちとせの「いつか風になる日(2004/06/21)」、「千の夜と千の昼(2004/07/07)」もその対象で、カーオーディオやPhilipsなど外国製CDドライブでも、ようやく再生できるようになりました。

 さて、この「千の夜と千の昼」は、デビュー曲「ワダツミの木」以来となる、元レピッシュのKey. 上田 現の作品です。「奇才」とも言われ、その尖った作風は、なかなか歌いこなすのが難しいと言われる彼の楽曲ですが、流石、元ちとせ。完璧に歌いこなしています。上田現=元ちとせの組み合わせはやはり最強ですね。

♪失くした羽を探し続けても、もう何処にもないんだよ
♪言葉も祈りも、風船も花束も 届かない
♪千の夜と千の昼を超えて 溢れる光の銀河を渡る夢
♪崩れた塔の上で何を見てる

 壮大かつ原始的な風景が浮かんでくる、ちょっとなかなか無い曲です。非常にハイ・レベルな歌詞に、元ちとせの島唄の節回しが絡み、特別なトラックに仕上がっています。土星を背にした美しいジャケットも秀逸で、個人的に元ちとせのベスト・ソングだと思ってます。

 幻想的な Promotion Video も素晴らしかったです。「千の昼と夜を超えて」永遠に歌い続けながら大地と同化して行く映像で、時間と共に苔生して行く身体を、ゆっくりと甲虫が登って行きます。恍惚としたその微笑みは… 怖いぐらい綺麗でした。


「モノリスの声」 from 町田の独り言 ←こちらにも別の方が書かれた、素晴らしいレビューがありますので、是非お読み下さい。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« モーニング娘... 三日月しずか... »


 
コメント
 
 
 
ご紹介ありがとうございます (町田)
2007-04-16 12:10:59
「町田の独り言」を書いている町田と申します。
 トラックバックの通知をいただき、ご丁寧に紹介文もアップしていただくなど、とても感謝しております。
 
 音楽を専門に研究されている方に、このような過分なお褒めのお言葉をいただくのは初めてのことでもあり、晴れがましい気分と気恥ずかしい気分が交じり合ったような、少々複雑な気持ちではありますが、自分の専門外のことを書いても、認めてくださる方がいらっしゃることを確認できたことで、自信がつきました。
 ありがとうございました。

 エレジーさんのお書きになられたものも、格調の高い素晴らしいものです。このようなblogがあったことを知りませんでした。
 これを機会に、よろしくお願い申し上げます。
 
 
 
いらっしゃいませ。 (エレジー)
2007-04-16 20:21:25
 管理人のエレジーです。お越し頂きましてありがとうございます。町田さんのBlogは、文章の良さもさることながら、デザインがまた良いですね。緑の統一感、読みやすいのに色はしっかり付いている。更に、アクセント部分はきちんと目立っている…。

 自分もPhotoshop 7など所有していますが、色のセンスは全然ダメで。デッサンは良いのに、色を付けるとダメね?とは美術の担任の評価です。

 音楽が中心ですが、持っている作品は、隠さず全部コメントするため、所々、AVのレビューもあったりします。相手が女性だったらマズイなと、ちょっと思ったりもしました。(最近、女性は全く来なくなった・苦笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。