Keyword: lifestyle

lifestyleをキーワードに働く翻訳者の日々のくらし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本製薬工業協会さん

2006年08月31日 | 仕事(道具)
資料購入強化月間は先日の『医薬品製造販売用語事典』の注文で一旦終わりにしたつもりだったのですが…

実は月曜日にもう1冊注文してしまいました。書店で扱っていないものなので、日本製薬工業協会さんで「オンライン注文」。非会員だからなのでしょうけど、料金先払いで、先方から請求書が送られてきてそれを元にまず支払いをし、先方が入金を確認してからの発送だそうです。

しかし…

月曜日の午後に「オンライン注文」して、本日は木曜日。請求書はまだ届いておりません。月曜日に「オンライン」で受け付けた注文に対し、火曜日にせっせと請求書を書き起こし、水曜日に封筒に入れて、木曜日に郵便局に持ち込んだのでせうか? 明日請求書が配達されるとしてもうちの配達区域は午後になるので振込みが実行できるのは来週月曜日になってしまいます。それを先方が火曜日に入金を確認して、翌水曜日に宅配便の伝票をまたまたせっせと書き起こし、その翌日木曜日に梱包して、その翌日金曜日に業者に引き渡し、配達は土曜日あたりになるのかなあ…。ずいぶんのんびりした「オンライン注文」になりそうですわ。

急ぐ資料ではないから、こうして皮肉りながらのんびり待ちますが、仕事ですぐ要るとかいう場合は全く使えませんね。このシステム。

因みに購入したのは『英和・和英GMP関連用語集2006 』。今年7月に出たばかりのもので一般価格6,720円(税込・送料別)です。『医薬品製造販売用語事典』の関連で注文してみました。最近の受注は臨床系が圧倒的に多く、これらを使うような案件はご無沙汰しているのですけど、そういう時だからこそ、資料関係はアップデートしておいて、いざという時対応できるようにという方針です。

コメント (2)

心臓血管外科の案件

2006年08月28日 | 仕事(翻訳)
ここ数日は私には珍しく外科系の案件をお料理しておりました。分野は心臓血管外科。普段の心臓血管関係の仕事は内科系がほとんどなので最初は少しとまどいましたが無事納品。

お世話になったサイトをご紹介しておきます。

聖路加国際病院ハートセンター心臓血管外科医長 渡辺直先生のHP

1ページが長くて読みにくいですが(=情報量たっぷりということでもある)、患者や家族が知りたいと思うであろうことをできるだけわかりやすく情報提供しようという先生の熱い思いが伝わってまいります。
コメント

医薬品製造販売に関する本

2006年08月26日 | 仕事(道具)
資料購入強化月間最後の締めくくりとして(?)これを「タイトル買い」してみました。「医薬品関連の実務関係者待望の用語事典」なのだそうです。

医薬品製造販売用語事典 手島 邦和 著 じほう 2006年4月 4,200円

おまけ情報:

まだ密林他のカタログには掲載されていないようですが、あの『FDAの事典』(*)の第2版が出たそうです。初版の地味な表紙デザインからは想像できない「変身」ぶりに驚きました。

(*) 一応リンクをはりましたがこれは初版なので、新たにご購入をという際にはご注意くださいませ。

第2版の詳細はこちら↓

薬事日報の新刊紹介ページ

****************

追記(8月28日)

『医薬品製造販売用語事典』が今朝届きました。
ざっと中味を見たところ、「買って正解」でした。

雰囲気は本書と同じ出版元じほうの『英和・和英 医薬実用英語ハンドブック』の中から医薬品の開発・製造・販売関連で特に本邦の関連法規のタイトルや文中で使用される表現のみを抽出し最新情報に更新、新項目を加えたという感じです。英訳をされる方には特に便利なのではないかと思います。

和訳専業の私自身は、製薬会社や関連組織の議事録、SOP、ガイドラインのような文書を訳す際に参考になるかなと思っています。用語の訳語自体ももちろんお役立ちなのですが、各用語の解説を兼ねて挙げられている法令や通達の文章そのものの抜粋が「硬めの文書」の表現の参考になりそうです。これらの抜粋についてはすべて出典が明示されているので、本に掲載されている範囲で足りなければ自分で調べられるというところが☆☆☆☆☆。


コメント (5)

イタコ案件

2006年08月25日 | 仕事(翻訳)
イタコ案件46枚1日半でやっと終了。疲れました。なんてったってイタコですから。発言者になりきらないと訳せませんのデス。今回は座談会だったもので、登場人物が何人もいて演じ分けるのも大変。

テープ起こしをされた方が聞き取れなかった単語の抜けだとか、全くの聞き取り間違いと思われる部分だとか、もしかしたら発言者自身の言い間違いと思われる部分だとか、要チェック項目10個のコメントリストをつけて納品完了。

このイタコ案件、マゾヒスティックな楽しみの多い仕事故、終わった時には毎回ぐったりいたします。納品してもしばらくは発言者のタマシイがアタマから出て行ってくれないのです。これ以上書くと怪しげなので以下自粛。

次の仕事に取りかかる前にちょっと散歩がてら昼ごはんと「おやつ」の仕入れに行ってまいります。


コメント (2)

原稿の扱い

2006年08月23日 | 仕事(私の「ものさし」)
余裕の納期をいただいていた案件で分納のリクエスト有り。同時並行作業中の案件は結構タイトなスケジュールで動かしているので厳しいです(涙)。こんな時に限って商売道具(?)のコンタクトレンズの在庫が両眼1枚ずつになり仕方なく眼科へ。待ち時間が「読め」ず、万が一長くかかった場合を考えて思わず原稿を持って行きたい誘惑にかられたものの自分の「ものさし」(=職業倫理規定)に照らし合わせてやっぱり断念。

自分が依頼者側だったら、翻訳対象が機密情報であろうとなかろうと、そう簡単に第三者の目に触れる可能性のある場所に持ち出して「お気楽に作業して(*)」もらいたくないから。これは原稿そのものでもパソコンに入ったデータの形でも同じ。やむを得ず出先でノートパソコンで作業をする時は、新幹線などの長距離路線の窓側指定席か宿泊先のホテルにチェックイン後の客室内での作業に限定。

 (*)とはいうものの、作業のやり方自体については、極端な話、別に鼻歌を口ずさみながらであろうと、
  テレビでスポーツ中継を観ながらであろうと結果(=成果物)に対する責任さえ果たせば「お気楽」でもかまわないと思います。
  
出先のカフェなどで紙原稿や訳稿、ノートパソコンを広げて「仕事」をしているという同業者の話を時々きくけれど、私はそういうのはよろしくないと思っています。客先から提供される原稿や参考資料等のデータの取り扱いについて、作業終了後に遅滞無くシュレッダーなりデータ消去により処分すること、などという細かい指示がでていることを考えれば(いえ、正確には「考えるまでもなく」です)、作業中の原稿やデータの取り扱いにそれ以上に慎重になるのは当然でしょう。

さて、問題の眼科受診には先日来衝動買いした参考資料の中から一番コンパクトなものを1冊持って行きました。平日の午前中でもコンタクトレンズの定期検査の人も一般受診の患者さんも結構たくさんいましたがなんとか院内滞在時間1時間で終わりました。やれやれです。
コメント (2)

早起きはしたものの…

2006年08月22日 | 仕事(翻訳)
棚田に行くために早起きして、昼前に棚田散策と帰り道でのお茶と買い物@道の駅(隣町産の美味しいイチジクとブルーベリーをお買い上げ)のお楽しみ遠足を終了。午後から仕事再開と思っていたら…

明日納品の案件が最後まで終わっていないのに次の案件の原稿を先に読んで内容をアタマに入れとこっと横になって読み始めたら寝てしまいました。イタコ案件(=座談会テープ起こし案件)なので発言者のつもりで小声で音読していたからか夢の中にもスクリプトが出てきて英語喋ってました。

イタコ案件は文書の種類としては自分の得意分野の1つで、訳していて楽しいのですが、内容、発言者によりけりです。受注するたびに中味をちゃんと見るまでは今でもドキドキします。今回のはなんとか楽しく(*)お料理できそうなので一安心。

(*)原稿中に唐突にでてくる代名詞だとか聞き取れなかった単語の抜けだとか、全くの聞き取り間違いと思われる面白単語とか、そういうさまざまな厄介なモノを1つ1つ解明していくプロセスが「楽しい」のです。

さて、冷凍庫の中のとっておき目覚ましデザート「ハーゲンダッツ・パルフェ」(最新フレーバーのピーチシャルドネ)を食したのでこれから本気出して働きます。


コメント

棚田の晩夏'06(9)

2006年08月22日 | 生活(動く)
ツユクサ。

この草の栽培変種はオオボウシバナ(アオバナ)といい、その青い色素が京友禅の下絵書きに使われています。
コメント

棚田の晩夏'06(8)

2006年08月22日 | 生活(動く)
田植えから3ヵ月足らずでこんなに育ちました。
コメント

棚田の晩夏'06(7)

2006年08月22日 | 生活(動く)
対岸から見た棚田。緑の層が美しい。
コメント

棚田の晩夏'06(6)

2006年08月22日 | 生活(動く)
(5)とは違う場所から対岸を望む。
コメント