絵描き家さんのデタラメdiary

自分の趣味や日常生活で感じたことをまったりと書き綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2006年12月31日 22時40分38秒 | その他
一昨日、再び入院していた父が息を引き取りました。
その日見舞ったときは落ち着いて眠っているように見えたので、
家に帰って病院から呼び出されたときはびっくりしました。
末期ガンによる余命宣告は受けていたので、
ある程度覚悟はできていました。
しかし、冷たく動かなくなった父の姿を見るのはつらいものです。

その前日、第九のコンサートを聴いている最中に、
なぜか病床で闘う父の姿が思い浮かびました。
「レクイエムには早すぎる、それにレクイエムはモーツァルトだ」
などと自分の中で問答していました。
翌日父が息を引き取るとは何だか不思議なものです。

大酒飲みで、良い意味でも悪い意味でも豪快だった父ですから、
ときには派手にケンカもしましたがそれも今はいい思い出です。
昨日通夜、今日告別式と急ぎ足で行われ、
火葬場で小さな骨つぼに収まりました。
ガンが大きくなってからは、
アルコールどころか食事もできなくなった父、、、
家に帰り、遺影の前にコップ1杯のビールを置きました。
太く短く生き抜いた父に乾杯!

大みそかにこのような話題となりましが、
みなさんもお体に気をつけてよい新年をお迎えくだい。
今年も当ブログをご覧いただいてありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。
コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花のたどる道

2006年12月27日 22時46分56秒 | その他
庭で咲く花を見ていて、
花の出荷工場でアルバイトしたときのことを思い出しました。
流れ作業で何種類かの切り花を束にして、
それをバケツの入った箱に入れるというものでした。
工場内では花が開かないように室温を低く保つ必要があるようで、
非常に寒かった記憶があります。
当時は冬でしたが、冷房が入っていたのではないでしょうか。
店頭で何気なく売られている花ですが、
様々な過程を経てそこにたどり着いているのだと感じる体験でした。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2006年12月24日 21時42分54秒 | その他
街はクリスマス一色です。
ツリーが光輝きクリスマスソングが流れています。
「クリスチャンでもないのに」なんて野暮なことはいわずに、
ここはひとつ流れにのっておきましょう。
こうして賑やかな街を眺めて歩くことができるのは幸せですね。
人並みのクリスマスを過ごした帰りにケーキを買いにいくと、
売り場には多くの人々が並んでいます。
どこの店もケーキを売ろうと躍起になっています。
とあるコンビニ前でサンタクロースの格好をしたおじさん店員が、
「景気よくケーキはいかがですか~」と売り出しています、、、
ふぅ~、寒さが身に染みます。(汗)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

赤鼻のルドルフ

2006年12月23日 18時43分53秒 | イラスト
今年もお約束のクリスマスイラストです。
昨年はもっと早く描いた気がしますが、今年はギリギリになりました。
みなさま、よいクリスマスをお過ごし下さい。

絵描き家
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やるせない

2006年12月20日 21時50分11秒 | 野球
元プロ野球投手野村貴仁被告が、
覚醒剤取締法違反の罪に問われていたそうです。
使用は認めていないそうですが、
覚醒剤を自宅に所持していたようです。

野球選手だろうが一般の人であろうが覚醒剤はいけません。
しかし当時ジャイアンツの松井秀喜選手を押さえ込み、
オリックスの日本一に貢献した選手の名前を
こうした形で耳にするのは寂しいですね。
嘘か真かわかりませんが、
現役時代に興奮剤を使用していたという報道もなされています。
小柄な体からくり出す切れのあるボールで、
打者の内角を強気に攻めていく投球は好きだったのですが、、、
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クリスマスチャリティーマラソン

2006年12月17日 21時40分58秒 | ジョギング
クリスマスチャリティーマラソンに参加、
皇居の周り3周を走ってきました。

1周目、ゆっくりペースで走っていると、
かわいいサンタ姿の女性がすごい速さで追い抜いていきました。
その格好と速さのギャップにびっくりです。
共に参加した人たちと1周目で別れ、2周目からは一人旅です。

2周目からはペースアップしていきました。
久しぶりに速いペースで走ったので不安もありましたが、
思っていたよりいい感じで走れました。

3周目は少しペースを落としていたのですが、
さすがに2周目の疲れが出たのか足が重たくなりました。
上り坂まではなんとか踏んばってペースを保ち、
上りは歩幅を狭くして超スローペースです。
それでも前に人が見えると、
その人を目標にしてひとりずつ抜かしていきます。
3周目は誰にも抜かれることなく走れました。
というより私は後ろの方を走っていたので、
あまり速い人がいなかっただけですが、、、
上り切ったらあとは桜田門まで下りです。
またペースをアップしていきます。
そして桜田門をくぐってラストスパート。
桜田門をくぐるのが、
マラソンで競技場に返ってくるみたいで楽しかったです。

13時30分スタートだったのですが、
朝にパンとヨーグルトだけというのはさすがにきつかったです。
走る前はもう少しお腹に入れておかないとなぁ、、、
帰りは近くの「客家」というお店で、
チャーシューたっぷりのラーメンと餃子でお腹を満たしました。
心地よい疲れに酔った一日でした。
写真は参加賞のニューバランスロゴ入り手袋です。
それにしても要綱などでは一切触れられてなかったのですが、
何のチャリティーだったのだろう?謎です。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダンゴー

2006年12月16日 20時09分28秒 | その他
「談合」という言葉が新聞などで多く目にとまります。
そういえば中央自動車道に談合坂サービスエリアがありますね。
よく知られたサービスエリアですが、
考えてみると変わった名前です。
気になったので早速調べてみました。

1.近郊の村の寄り合い場所として、この近辺で話し合いが行われた。
2.戦国時代に北条氏と武田氏が和議調停などの交渉ごとをした。
3.武田信玄の娘が北条氏に嫁ぐ際に婚儀の約束事について話し合った。
4.この付近にも桃太郎伝説があり、
 猿、犬、キジが桃太郎の家来になる約束をしてダンゴをもらった。 

諸説あるようですが、
いずれにしても談合の意味からそう離れたものではないようです。
近頃ニュースで談合に関して頻繁に報道されているせいで、
イメージが悪くなってしまいますね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

帰宅

2006年12月15日 20時47分18秒 | その他
1か月弱入院していた父が今日退院しました。
とはいっても具合が良くなったわけではありません。
父のガンは手の施しようがないので、後は自宅で療養するのです。
しかし父は、我が家に帰って来られてホッとした感じです。
これからは週に何度か医師と看護士が来て具合を診ることになります。
どれぐらい続くのかわかりませんが、
残された時間を少しでも楽に過ごせるようにしてあげたいものです。
高齢化社会における在宅介護、ひと事と思う事なかれ、ですね。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夜ラン

2006年12月13日 22時46分24秒 | ジョギング
大会も近いということもあり、
仕事帰りにふと思いつきで走ってみました。
リュックを背負っていたのですが、
体に固定できるタイプのものなので苦にはならなかったです。
軽く20分ぐらい走りました。
雨上がりで湿った空気の中気持ち良く走れましたが、
普段着だったので暑くて大変でした。
仕事の後すぐ走るのは初めてで、
買い物をして家についたらさすがに疲れが出ました。
今日はぐっすり眠れそうです。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二千円札

2006年12月12日 16時49分43秒 | その他
最近すっかりお目にかからなくなった2千円札、
なぜか財布に2枚入っていました。
守礼門と源氏物語の一節が描かれており、
なかなか味わい深いデザインです。

もっと流通すればなぁと思うのですが、
視覚障害の方には判別しにくいという問題があるようです。
現在日本の紙幣は縦が同じ長さなので、横の長さで判別します。
しかし2千円札は5千円札と横の長さがほぼ同じなので、
長さによる判別が難しいそうです。
もちろん識字マークはついていますが、
これは紙幣を上下同じ向きに並べて、
正確なマークの位置を確認しなくてはなりません。
それも机の上など固いところでないと難しいそうです。
視覚障害の方にとっては不親切な仕様です。

一方ヨーロッパのユーロ紙幣は、
金額が上がるにつれて縦横の長さが長くなっており、
判別がしやすくなっているそうです。
また色も各紙幣ともカラフルで、
色覚障害の方にも判別しやすくなっているそうです。

銀行でお金を引き出す際に2千円札を選べるATMもあるので、
2千円を選択して少しでも流通に貢献したいところですが、
こんな話を聞くと迷ってしまいますね。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする