gooブログはじめました!

[体温] 食生活について語ろう

・体温Body temperature たいおん

      一般に平熱は、36.5℃~37℃といいます。早朝は低く、夕方に高くなる傾向です。高齢者の場合は気温が高いと高めで、低いと低めとなる傾向です。最近36.2℃代と平熱が低くなっている人が増えているといいます。体温が低くなるとさまざまな体の不調を引き起こしやすいといわれ、注意が必要です。体温が低くなることによる体の影響や、冷えとの関係についてです。

35度でがん細胞が最も増殖しやすい危険な体温といわれます。低体温とは、深部体温が35度以下になることを指します。
36度ぐらいで、体が熱を出すために、筋肉が動こうとしたりする体温としています。低温になるに従い、便秘、自律神経失調症、アレルギー症状などさまざまの病気発症のリスクが高まる傾向です。
現代人の平熱が下がりぎみのようです。夏場の過度な冷房と、冬場でも冷えた食品を取るようになったことの原因といいます。
夏に強い冷房で体が必要以上に冷えてしまう、現代では冬でも冷蔵庫の冷えたジュースやビールなどの飲み物やアイスなどの冷たい食べ物も食べています。このことによって、体が冷えやすく体温が低くなってしまったと考えられます。
女性は、一般に筋肉量が少なく、冷えを誘発する原因にもなっています。エネルギーを熱に変えるための筋肉量が少ないと、熱を生む場所が少なく、体温が上がりきらないのです。さらに、現代は冬でも薄着の人が多く、余計に体を冷えやすくしています。東洋医学では血液の流れが滞っている状態を冷え性としています。
体温が低い人、低体温では、ほぼ冷え症ともいえるでしょう。
冷え性には体全体の体温が低い低体温、体の中心の体温である深部体温は普通で手足などの末端が冷えるということがあげられます。
体温が低いと、体内の体を動かすため酵素の働きが弱まり、食物を消化・吸収する代謝が弱まります。その酵素は脳からの命令により発信します。
酵素は、37度~40度くらいで活発化します。体温が37度よりも下がったりすると、消化酵素の働きが徐々に低下し、体温が低くなると酵素の働きが鈍くなるのです。体温が下がると酵素の働きが弱まり、消化機能が低下、免疫力の低下、思考力が鈍くなるなどの症状が現れ、体全体の機能が下がります。

理想的な体温は、酵素が活発に動く36度台です。免疫力を高めるためには、できるだけ体温を37度に近づけ、そのためには、夏場は冷房で身体を冷やし過ぎない、冬場は暖かいものを摂取し、体を冷やさないようにすることが重要です。
効率よく体を温めるには、首・手首・足首を温める、運動などで筋力をつける、足の裏・おなかや腰をしっかり41度で温め続ける温熱シート、ホットタオルもよいでしょう。

ストレスを感じると、交感神経の働きが亢進します。交感神経の刺激により脂肪を分解して熱を発生する働きがある「褐色脂肪細胞」が、多くの熱を生産します。それにより体温が上がると考えられています。
体内に侵入してきたウイルスの繁殖を抑えたり、体の免疫機能を高めたりするために体温が上がります。大人に比べ、子どもの方がウイルスから身を守る反応が活発なため、高熱が出やすい傾向にあるといえます。感染症法では37.5℃以上を「発熱」、38.0℃以上を「高熱」と分類しています。
熱が下がったら熱による発汗で失った、水分を多めに摂り脱水を防ぎ、良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂り、消耗した体力を補うようにしましょう。
熱を出しにくい人は、日常的に解熱鎮痛剤や市販の風邪薬を内服、膠原病、リウマチなどで、日常的に抗炎症作用のある薬やステロイド剤等を内服、何らかの原因で、体温調節システムの乱れ、ウイルスからの防御力が弱い基礎疾患がある、高齢、筋肉量が少ないことがあげられています。筋肉の70%は下半身に、体温の40%以上は筋肉で作られるといわれます。

体温は、健康な時でも朝は低め、夜は高めというように、1日の中で変化があります。
体温が低いと、よく眠れない、肩こり、腰痛、頭痛を起こしやすくなります。免疫力の低下により、基礎代謝の低下、消化酵素の低下が見られ、栄養を充分に利用できなくなります。ストレス、運動不足、偏食によって引き起こします。
寝起きの脳を動かすのは、朝ごはんともいえます。
人は、ひと晩寝ている間に、茶碗1杯分のエネルギーを消費するとか、朝ごはんを食べて、早く脳に栄養を与えましょう。脳に必要なブドウ糖を送り込むことによって、眠っていた脳を活性化させてくれます。

 

ご愛読戴きましてありがとうございます。よりよい情報をお届けしてまいります。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「美容ダイエット」カテゴリーもっと見る