gooブログはじめました!

[ことわざ] 食生活について語ろう

・諺Maxim/Saying/Proverb ことわざ
 たべもの、食に関係することが、諺の文中に含まれる、コトワザを集めてみました。たいした数ではないと思っていたところが、ネット検索すると、次々にヒットしました。
その中から、聞きなれた、現代にも通用するようなものを掲載することと致しました。以前に書かれてあったものをまとめました。

灰汁(あく)が強い
 植物に含む渋味で「あく」。転じて、ものの考え方や性格に独特のしつこさや癖のある人をいう。


朝茶は七里(三里)帰っても飲め
朝茶はその日の難逃れ
朝茶は福が増す
 古くからなじみのある、お茶の健康効果が、経験的に伝えられている。


羹(あつもの)にこりて膾(なます)を吹く
 熱いもので口の中をやけどした人はそれに懲りて冷たい膾でも吹いてから食べる。


油に水
  油と水は一緒にしてかきまぜてなかなか混ざらない。互いに性質が違い合わなくて、なじまない人の間柄をいう。


甘いものに蟻がつく
 アリが甘いものに列をなして寄り集まって来ることを、たとえて人は、利益のあるところやうまい話のあるところに集まる。

 

網にかかった魚
 一旦網にかかった魚が逃げられないことから、ある状況、境遇に置かれたれた人が逃げられない、どうしようもない、絶対絶命の状態のこと。

 

 あんこうの待ち食い
 あんこうは、動かないでじっと他の魚の近づくのを待って、それを餌とする。待ち食いであることから、何も自分で行動することなくご馳走に成ることのたとえをいう。

 

生簀(いけす)の鯉
 生簀で飼われて、自由にならず、いずれ料理され処分される身のうえの鯉で、たとえて拘束されて自由にならない身のたとえ。

 

医者と味噌は古いほどよい
  医者は経験を多く積んだ人ほど診断が的確でよく、味噌は時間がたって味がよくなじんで熟成したものがよい。

 

秋ナスは嫁に食わすな
 茄子は体を冷やすので、食べ過ぎるのは体に良くないという嫁をいたわる言葉とか。
 秋茄子はとっても美味しいので嫁には食べさせるのはもったいない。
の2説ある。
 秋サバは嫁に食わすな
  秋に脂ののったサバは美味なり。これを嫁に食わせるのはもったいないという嫁いびりの根性をあらわしたものといわれ、死語になってほしい諺のひとつですね。


命は食にあり
  命、つまりひとの体は食べることによって維持されるのであり、「食」をないがしろにしてはいけない。暴飲暴食をしてはいけない。食べものによって性格や習慣、人相から人生観まで変わる。


イワシ七度洗えばタイの味
 鰯は、油が多く傷みやすく生臭いがよく洗って不要な油を落とせば、鯛のような勝るとも劣らなく美味な魚になるという意味。


うどの大木
  若いうちのものを食用としているので大きくなった「うどの大木」は役に立たないこと。うどの茎は高さ2mにもなると食用にならず、芯がなく、柱、薪(まき)にもならず軟らかくて何の役にもたたない。大きくても弱くて役立たないもののたとえに使われる。


うなぎ昇り
  うなぎは、急流、水の少ない湿地のところでも元気よく登っていく。人の立身出世、物価、景気、人口、気温などか急激に上昇するときに使う。


うまいまずいは塩かげん
 塩あじは、微妙な違いで味を左右させる調味料という。味のきめては塩かげん。


うまいものは宵(よい)に食え
 料理には食べて美味しいと感じる適温や食べごろがあり、そのタイミングを逃すとどんなご馳走でも味が落ちてしまう。宵(日暮れ)に食えというのは、「いまのうち」「早いめに」ということでおいしいタイミングを逃すなという意味に使う。 

 

海老で鯛を釣る
 海老のような小さな餌で、鯛のような立派で大きな魚を釣ること。少しの投資で元手で大きな利益を得るたとえ。


沖のハマチ
 ハマチはブリの幼名で、神経質な魚で捕獲が難しく、必ず捕れるとは限らない。あてにならないことのたとえ。


鬼も十八、番茶もでばな
 鬼のように器量の悪い人でも18歳位になると、気品がでてくる。あまり品質の良くない番茶でも、熱湯を注ぎ手早く煎じて熱いうちにタイミングを良くして飲めば美味しい。ものごとにはタイミングがあり、タイミングを良くすればうまく行くということを意味する。


尾ひれをつける
 魚の尾とひれは、最初からあるが、さらに尾とひれをつけてしまうということ。実際にはないことなどを、話を大きくして大げさに話すこと。噂話などに使われる。


腐っても鯛
 鯛は、内蔵が多少傷んでも外観からは分からず、身の鮮度は落ちにくい。質のよいものは、少しぐらいよくなくてもその本質を残し有能な優れた人やものは、多少衰えても十分に役に立つということのたとえ。


飢えは食を選ばず
  空腹の時はどんな食べ物でも美味しく感じられ、食べられる。


食わず嫌い
 実際に食べてみればおいしいのに、食べないうちから嫌いだという。物事を実行に移さず試してみないで、手を出さず嫌がってやろうとしないこと。


食わず貧楽高枕くわずび(ひ)んらくたかまくら  
    一定の生活水準を維持しつつ貧乏で貧しく、食うや食わずの不自由な生活でも、心は豊かで穏やかなこと。また貧楽で貧乏すれば気楽なこと、自由な生活をおくること。


乞食の断食
  乞食が食べるものが無く断食の状態になっている様子で、やもうえず、 しかたなく、断食の事態になっているのに、さも断食しているがごとく、見せかけること。転じて、自発的にしているように表面上みせること。


秋刀魚がでるとあんまが引っ込む
  さんまの出回る時期は秋、栄養のあるサンマなどの食材が豊富な季節で、健康になり、按摩さんの出番がなくなっている状況をあらわしている。よって秋は、体調が良好で健康になり痛みを訴える病人が少ないことをいう。
同様に
トマトが赤くなると医者が青くなる
  ヨーロッパでの言い伝えです。 
柿が赤くなれば医者は青くなる ・りんごが赤くなると医者が青くなる・1日1個のりんごは医者を遠ざける・柚子が黄色くなると医者が青くなる
もあります。


塩を踏む
 塩は、直接なめると塩辛く、辛(つら)いこと、いやな事として、踏むは、経験する。よって世間でつらい目にあい苦労すること。世の中の苦しい思いを経験することをいう。


こんにゃくは体の砂払い
 こんにゃくを食べると、身体の中に溜まっている砂、すなわち不要なものを取り除いてくれる。実際に食物繊維を含み胃腸の働きをよくする。


魚は殿様に餅は乞食に焼かせろ
 魚は何度も裏返すと、身がくずれ見た目も悪く、殿様のようにあまり触らすに焼くほうが良い。もちは焦げやすいので、乞食のようにせっかちで何度も裏返しをして焼く方が良いということ。


砂糖食いの若死 さとうぐいのわかじに
  砂糖のように甘いものは、万人が好んで摂取されて美味しい物のたとえとしている。甘いものつまり美味しいものばかり、片寄った食べ方をしていると、体に良くなく早死にする。


山椒は小粒でもぴりりと辛い
 読んで字のごとく山椒の実は、小粒で、ぴりりとすごく辛い。転じて見かけが劣っていたり、身体は小さくても気性がよく能力、才能に優れている人のこと、または侮(あなど)れないことをいう。


三里四方の野菜を食べろ
 三里四方(半径約12km四方)でとれた野菜を食べなさいということ。交通の不便な遠方から運ばれてきた食物では、鮮度、栄養の低下がみられるが、近場の食材を取ることで健康で長生きができる。現代版では、フードマイレージ、温暖化対策で地産地消といったところ。


頭寒足熱腹八分
  頭部は冷やし足を暖めること、腹八分の食事を守れば健康を保つための秘訣のひとつとなることを示している。


大根役者 
   大根は白いで素人、古くなっても食中毒に当たらないで人気が出ない。転じて演技の下手な当たり芸のない役者のことをいう。


鯛も一人はうまからず
 鯛のように美味しい魚でもひとりで食べているので美味くはないこと。よってどんなに豪華な食事でも1人で食べるのは味気ないことで食事する時の雰囲気は食欲にとって大事であることをいい当てている。

 

竹の子生活:竹の子の皮をはぐように衣類、家財道具などを売ってその日をようやく暮らす生活

竹の子医者:技術が未熟でヤブ医者(真相がわからない)ともいえないほどの医者

雨後の竹の子:雨上がりにはたけのこが次々とたくさん芽を出すことから同じものがつぎつぎに出てくること、起こることのたとえとして用いる

竹馬の友:幼い時にいっしょに竹馬に乗って遊んだ友達という意味より幼なじみの友達のこと


棚からぼたもち
  落ちてくるはずのない棚から美味しいぼた餅が落ちてくる様子。
何もすることナシに思いがけない幸運がめぐってくること。


食べてすぐ寝ると牛になる
 食べて寝てばかりいると牛のように体がぶよぶよと太って牛のようになることをいう。
食後は、お茶を飲んで少し団らんをしてから30分ぐらい横になったのち身体を動かすようにするのがよい。


鱈腹食う 
 タラは大変な大食漢で、たらの腹が常に膨らんでいる。そんな鱈の腹と同じ状態になるぐらい腹いっぱいに大食い、飲み食いの食事をすることをいう。 


強火の遠火で炎を立てず
焼き物は強火で旨みを逃さないように表面に早く火を通し、遠火で焦がさないように肉の内部までよく火を通し、炎を立てないのは必要以上に焦がさない。
焼き物の火加減のコツとしていわれる。


冬至かぼちゃに年とらせるな
 南瓜は保存ができ、栄養価が高く冬至にかぼちゃを食べると、中風、風邪、しもやけにもならないといわれる。しかし年越しまでさせると味、栄養が急激に落ちる。年内に食べきったほうがよいということ。


夏は熱いものが腹の薬
 夏の暑い時期は冷たいものが欲しくなるが、冷たいものばかりをとり過ぎると、胃が弱って夏痩せしやすい。肝心のバランスの取れた食事が取れなくなってしまう。暑くても積極的に温かいものをしっかり食べ、体調管理をすることが大切だという。


煮え湯に水を差す
 煮えた熱い湯に水を差すこと。水をさされた、ぬるま湯は、お湯としても水としても使えない。どっちつかずで中途半端で役に立たない物のたとえとして用いる。


煮え湯を飲まされる
 煮え湯は、煮えたぎった熱湯で、飲まされることはつらい目に合わされる、不当に扱われること。身内に気を許して信じて、たよりにしていた人に裏切られ、まるで熱湯を飲まされるかのような辛(つら)い目にあうこと。


糠に釘
 やわらかい糠に釘を打つことで、意味がなく、効き目がないこと。無駄なことのたとえでもあり「豆腐に鎹(かすがい)」と同じ意味に使われる。


初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな
  釜でご飯を炊くときの火加減のことで初めは、強火にするが釜の中はちょろちょろ(まだ煮えていなく)で中ぱっぱ(だんだんと、ぐつぐつと吹いてきたら火を引き弱火にする)赤子泣いてもふた取るな(どのようなことがあっても、ふたをとってはいけない)。30分ぐらいで火を止め20分ぐらいふたをしたままそのままにして蒸らしてご飯が炊き上がる。


花見過ぎたら牡蠣食うな
麦の穂が出たら浅蜊食うな
夏の蛤は犬も食わない
夏場の貝類カキ、あさり、はまぐりなどは産卵期で毒化しやすく、春過ぎの貝類で食中毒を起こしやすい。


腹八分に医者いらず
  腹八分目にして食べ過ぎに気をつけておけば、健康でいられるという。過ぎず不足なく食事をすることがよい。

 

火に油を注ぐ
 燃えている火の中に油を注(そそ)ぐと、さらに勢いがついて激しく燃えさかる。勢いのあるとこにさらに勢いを付け、あおり立てることで、多くは、本意でないことに使われている。


ふぐは食いたし命は惜しし
  美味しいふぐを食べたいが、毒が怖く、当たって死にたくはない。食べたい気持ちと、もしものことを気に掛け迷いがあり実行になかなか移せないときの心境を表している。


二日酔いに迎え酒
  二日酔いで気持ちが悪い時にさらに酒を飲むことで、お酒で感覚が麻痺し一時的に不快感がなくなる。後になってさらに悪化する場合がある。


へそで茶を沸かす
  臍で茶を沸かすことはできないでしょう。よって馬鹿馬鹿しく、大笑いをするようす。または、冷たい態度であしらうようす。


名物に美味いものなし
  名物といわれるものでも口に合わないと美味しくない。美味しいと評判のものでも、期待し過ぎると感動するほど美味しく感じられない。個人差があり評判と実物がつり合わないこと。


桃栗三年柿八年
  種を撒(ま)いて桃と栗は芽がでて実をつけるのに三年、柿は八年で実をならせるということ。ある時期がこないと実は得られない、何事も、成就(じょうじゅ)するまでに相応の年月が掛かること。


餅は餅屋
  餅は、餅屋のついた餅がおいしいことが多い。その道のことは、その専門の人の意見を聞き取り入れることも必要だということ。


病は口より入る
  病気は、口からの細菌、食べ物が原因で起こりやすい。口腔内の衛生を保ち、食生活を大切に扱いなさいということ。
口呼吸は雑菌やウィルスを喉(のど)の粘膜に付着させ体内に取り込みやすいので、鼻で息をする。


宵越しの茶は飲むな
  前夜、いれたお茶は飲んではいけない。お茶が濃くなりすぎでまずくなり、また雑菌の増殖が考えられる。


猫と栄螺
 猫は栄螺(さざえ)が大好物であるが殻が硬くてどうしても食べられないことから、あきらめざるを得ないという意。ところが、イシダイは栄螺の殻を砕いて中身を食べてしまう。
夏の栄螺は口ばかり・・・・・旬を過ぎた栄螺は殻と口ばかりが目立ち、身も内臓も痩せてしまっている。そこで、口先だけの人をいう意で使われる。
栄螺に金平糖 ・・・・・・・金平糖は砂糖で作ったツノのある菓子。サザエもツノがあるから、互いにツノを突き合せて理屈を並べ、自説を譲らない者同士を皮肉っていう。
栄螺の拳、白魚の手・・・・・男の握り拳(こぶし)の逞(たくま)しさをサザエに、女の手の優しさを白魚の手にたとえていう。

 


  昔から言い伝えられていたことで、現代には、ちょっと外れているのではないかなというものもありました。現代版に私なりにアレンジさせていただいた部分もあります。
 

 

 

 ご愛読戴きましてありがとうございます。よりよい情報をお届けしてまいります。

 

 

(初版2020,7,13 更新2020,7,20)


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「美容ダイエット」カテゴリーもっと見る