猫と旅のアルバム

マンチカンの圭佑との日々
ヨーロッパをひとり旅

それらの写真を
ここに残していきたいと思います

エディンバラ「国立スコットランド美術館!」

2015-06-07 12:12:12 | スコットランド観光(エジンバラ他)




「国立スコットランド美術館」には
初期ルネサンスから19 世紀末までの数世紀に渡る
スコットランドの美術品コレクションが収蔵されているそうです!



これらの収蔵品は一般に無料で毎日公開されています。

美術品に興味のない方も
旅の疲れを癒すのによさそうな空間ですね!



赤や青などはっきりとした色の壁紙によって各展示室を区分けしてあります!

こちらは2階へ続く階段↓





1859年に開館した歴史ある美術館には
マネ、ゴッホ、ゴーギャン、エル・グレコ、レンブラント、ボッティチェリ、
そしてフェルメールなどの作品が揃っているそう・・・











無料の美術館にも関わらず
日本の美術館と違って人だかりが皆無であることにも素晴らしいですね
(日本では有名な絵画が展示されると人の波に揉まれながら見なくてはならにことも多いです)

しかも撮影がOK!

スコットランド絵画のコレクションは世界随一を誇っているそうです!








地下はウェストンリンク (The Weston Link)の設置が2004年に完成!
「ロイヤル・スコティッシュ・アカデミー」と繋がったそうです。


「国立スコットランド美術館」の裏手の眺め↓



エディンバラの街の喧騒とちょっと違います↓





そして表側は
プリンシズ・ストリート・ガーデンズという大きな公園に面して建っているので開けています!



すでに夕方!
バグパイプの演奏が聞こえて来ました!



美術館の前の広場に座ってバグパイプの演奏を聴きながら
遠くまで開けたエディンバラの街を暫く眺めていました。



やがてバグパイプの演奏はドヴォルザーク作曲の交響曲第9番「新世界から」
「遠き山に日は落ちて・・・♪」

明日はエディンバラを離れるので、この景色から離れられなくなりました!



「スカウスハウス」さんのメルマガでリヴァプール・マンチェスターの旅が配信されています
個人旅行でサッカー観戦したいけれど自信のない方はどうぞ
「クリスマスはリヴァプールで!」21回目NLWライブラリーNo.614で読んで頂けます

第38話《試合当日! まずはオフィシャルショップへ》
第39話《シティ戦前半》

初めて経験するBoxing Day
首位リヴァプールと3位のシティの試合観戦です
写真はこちら


バグパイプの音色が響くエディンバラの夕暮れにポチッと






『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 桃ちゃんはドイツのお土産を... | トップ | 暑くなると食べたくなります... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あめぶら)
2015-06-07 13:04:49
これだけの規模で、無料・・・
しかも人だかりがない・・・
な、なんだか、それだけで、スゴイ!
Unknown (点々子)
2015-06-07 15:18:55
すばらしいなあ!
常設の質が良いんですね。無料というのが嬉しいです。

一度、本物のバクパイプの音を聞いてみたいし、
キルトを着た男性もみてみたい!
今突然、思い出したんですけど、キャンディキャンディの丘の上の王子様もこの恰好でしたよね?
あのコミックの舞台はスコットランドだったのかな?

どれも (sora)
2015-06-07 20:11:11
美術館の展示品、調度品、どちらも素晴らしいですね。
そして、美術館裏の家々も写真を撮りたくなるような素敵な作りですね。

バグパイプの音色を聴きながら景色を楽しむって、なんて贅沢なんでしょう。
Unknown (CAT.)
2015-06-08 00:08:27
こんな素敵な美術館が無料とか、やっぱり文化が育つ下地が違いますね!
Unknown (ちか)
2015-06-08 04:34:36
おはようです。ここが無料だなんて驚き。
しかもカメラ撮影までオッケーなんて。
じっくり芸術を味わえる場でいいですよね。

美術館のある場所も素敵ですね。
なんとも静かな雰囲気と建物。
バグパイプの演奏を聴きながらいい景色を眺めてゆったりするのも最高だろうな
Unknown (やらいちょう)
2015-06-08 07:26:53
無料だし撮影可能。
美術を身近に感じられるからいいですね。
日本ではなかなか難しいでしょうねぇ~。
Unknown (nonokikichai)
2015-06-08 08:38:34
街並みや建物
全てが芸術。o@(^-^)@o。
どの写真も絵はがきみたいで
素敵ですヽ(^◇^)ノ
Unknown (あんずミャミャ)
2015-06-08 09:02:54
夕暮れ時の景色も
絵になりますね。

無料で公開ってこれもまた
日本ではないですよね。
日本だと美術館の常設展も
有料ですもんね。
Unknown (amesyo)
2015-06-08 10:13:07
美術館が無料で鑑賞するのに
ソファ-が有るのはいいですね
日本でも毎年一度京都でも無料の日があるのですが混んで・・・
Unknown (ひろりん)
2015-06-08 15:22:53
Anneさんこんにちは。
わぁ有名な作家さんの作品がそろってるんですね。
知らなかったです。
フェルメールの作品は日本でも海外でも見たことが無いので見てみたい。
そしてそして人だかりが無くて、疲れたら休めそうなソファーがいいですね。
日本の美術館にも真似して頂きたい!

コメントを投稿

スコットランド観光(エジンバラ他)」カテゴリの最新記事