スパイクバスターズな生活

てんかん外科医として発作と戦う日々...
でも、ちょっとリラックスして脳の話をしよう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

てんかんの脳波モニタリング

2006-02-19 | Weblog
モニタリング? てんかんをひき起こす脳の部分を焦点といいますが、焦点を探す事がてんかん外科の最も大事な作業なのです。いうまでもありません。 関係ないところを切除したらそれこそ大変ですからね。 われわれはこの作業に一心に取り組みます。 特に切除をする直前には、一旦手術で切除すると思われるところに脳波の電極を埋め込んで、病室で脳波をとり、発作を起こすまで待ち続け、発作が起こると同時に果たして狙った部分 . . . 本文を読む
コメント (3)

手遅れ医者

2006-02-01 | Weblog
何でも手遅れだ手遅れだといってればとりあえずなんとかなる..こういうのを手遅れ医者といって落語によく出てまいります。 でも、しくじる場合もあるようで、 「先生、お願いします」 「なんでもっとはよ連れてこんのじゃ、こりゃあ・・・・手遅れやなァ」 「先生、これ、いま二階から落ちたとこです、これ。すぐ連れて来たんですけど、これで手遅れやったら、いつ連れて来たらよろしィんです」 「落ちる前なら・・・・」 . . . 本文を読む
コメント (1)