『英語屋さん』の宝箱

『英語屋さん』『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書/電子書籍版)、『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)の著者のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゴミも吸殻も道徳心も捨てた人々

2006-10-19 11:05:58 | 随想

 この国の道徳心は比較的高いと思っていた私も、最近はそうも思わなくなってきました。かつて都内の別の区の賃貸マンションに住んでいた当時はほとんど気にならなかったのですが、一軒家に引っ越して、門前に落ちているタバコの吸殻や菓子パンの空袋に気付くようになってからは、いちいち嫌な思いをしながら拾っては捨てています。


 私が現在住んでいる新宿区では路上禁煙条例がすでに施行されているので、この家の近くで歩きながらタバコを吸っている人を見かけては「すみませんが、新宿区では道路でタバコを吸えませんよ」とやんわりと注意することにしました。しかし、私の注意などどこ吹く風。「すみません」といってどこかに行ってしまう人はまだいいほうで、半数くらいは無視してそのままタバコを吸い続けています。さらにひどいのになると、私が見ている目の前でタバコを投げ捨ててしまう人も…。さすがに立腹した私が、「道路はあなたの灰皿じゃないでしょう。迷惑だから、拾ってください!」と強く言うと、オロオロしながら逃げてしまったので、結局は私が拾う羽目になります。


 そのような迷惑行為をはたらく通行人の大多数は、30代から50代以上のサラリーマン風の男性。新宿区の外から通勤している人もいるのでしょうから、区の条例を知らないのはまだ仕方がありませんが、人が注意しているのに無視することはないでしょう。こういう人々に道徳や法の遵守を説くのがまったく無駄だとしたら、この国の民度もたかが知れています。


 業を煮やした私は、路上禁煙を呼びかけるステッカーを新宿区役所からもらって門の外に貼りました。そのステッカーをもらうとき、区の職員に「地下鉄の駅から出てくる人が、そこでもうタバコに火をつけている」と話したところ、しばらくしたら地下鉄の駅前にも同じステッカーを貼ってくれました。その効果があったのか、ひところに比べると、捨ててあるタバコの吸殻が以前より少なくなりました。しかし、門前から吸殻が完全になくなることはなく、不逞の輩との闘いはまだまだ続きそうです。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« magistrate [judge] (下級判... | トップ | green package (環境に優し... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (わし)
2006-10-19 14:16:09
こういう輩が街じゅうに溢れかえっているのを見ると、自分だけが他に気遣いしながら暮らしてるのが、馬鹿馬鹿しくなります。

だからといって同類に成り下がるつもりもありませんけど...。
Unknown (eigoyasan)
2006-10-19 18:47:13
これも一軒家に住んで気がついたのですが、道路に吸殻が落ちていないのは、捨てる人がいないからではなく、それぞれ家の人(マンションの場合は清掃の係の人)が我慢して拾って捨てているからなんですね。ポイ捨てする人たちは、自分の家の前で他人にそういうことをされても平気なのでしょうか?
日本はまだ安全? (J)
2007-03-11 13:00:08
先日、地下鉄のホームでタバコに火をつけた人がいました。生憎その人が私と同じ車両に乗り込んできたのです。タバコを口にくわえてですよ!!!
車内禁煙です!って注意をしようと思ったのですが、速攻、気がついて止めました。
禁煙なのは誰もが知ってるはず。でも、誰も注意をしない・・・
というのは、注意をしたら、逆に仕返しをされる可能性があるからさと気がついたんです。
家に帰り、実は・・・と話をしたら、さみしいけど、後で何があるか分からないから、寂しい話だが、無視をするに限ると。
あ~、なんてことでしょうね・・