『英語屋さん』の宝箱

『英語屋さん』『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書/電子書籍版)、『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)の著者のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

maglev train (リニアモーターカー)

2006-09-25 00:12:43 | 英語・翻訳

 9月22日にドイツで起きたリニアモーターカーの衝突事故では多数の死傷者が出たそうです。列車自体の技術的な問題ではないようですが、日本でも列車の衝突・脱線事故は後を絶たず、この種の事故を完全に防ぐのはどこでも難しいことなのかもしれません。


 その事故を伝える記事を見て思い出したのですが、日本語でリニアモーターカーと呼ばれているこの種の列車は、英語ではmaglev train(マグレブ、磁気浮上列車)というのが普通です。"maglev"はmagnetic levitation(磁気浮上)を短くしてできた言葉。


 この事故を伝えている記事の見出しを比べると、日本の新聞やウェブサイトでは「独リニア衝突」とあるのに対し、英語メディアの見出しでは"German train smashes into maintenance vehicle"(ドイツの列車が保守作業車に衝突=CNN)とか"Monorail disaster shakes Germany"(モノレール事故、ドイツに衝撃=BBC)のように、trainやmonorailというわかりやすい単語を使っていることに気付きました。その代わり、記事本文で改めてmaglev trainまたはmagnetic levitation trainという言葉を使って、その技術を簡単に説明していました。


 考えてみれば、「リニア」(linear)だけなら単に「線形」「直線」という意味ですから、「リニア」という省略語は、リニアモーターカーがどういうものかを知らない人にはわかりにくいと思います。もちろん、技術大国日本では誰でもリニアモーターカーを知っていて、「リニア」といえばそれとわかるという前提で記事を書いているのでしょう。


(メルマガ「英語屋さんの作りかた」第62号掲載)


この記事についてブログを書く
« curbside checkin (カーブサ... | トップ | 映画『フラガール』を見て »