『英語屋さん』の宝箱

『英語屋さん』『英語屋さんの虎ノ巻』(集英社新書/電子書籍版)、『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)の著者のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

magistrate [judge] (下級判事)

2006-10-17 14:54:37 | 英語・翻訳

 magistrate [judge]を手元の英和辞典などで引くと、まず出てくる訳語が「治安判事」。しかし、ちょっと妙な気がしました。荒くれ者をじゃんじゃん縛り首にした西部開拓時代のアメリカならともかく、いまどき「治安判事」などという言葉で呼ばれる役職があるのかな、という疑問が起こります。


 例によってあれこれ検索してmagistrateの定義を調べてみたところ、"A minor official, such as a justice of the peace, having administrative and limited judicial authority"(American Heritage Dictonary) という説明が出てきました。「治安判事のような下級官吏で、執行権限および限定的な司法権限を持つ」とあります。ということは、magistrateの意味は「治安判事」(justice of the peace)よりも広そうです。


 さらにWikipediaで詳しい説明を読んでみたところ、米国でいうmagistrate [judge]は、各州の裁判所と連邦裁判所どちらにもある役職だとか。まず州の司法制度としてのmigrateを見ると、"In many state judicial systems in the United States, magistrate courts are the successor to Justice of the Peace courts"(アメリカ合衆国の多くの州の司法制度で、magistrate courtは治安裁判所を継承した組織である)と説明がありました。つまり、かつての治安裁判所が、今日ではmagistrate courtに代わっている州が多いようです。


 いっぽう、連邦の司法制度においては、magistrate は1968年に初めて設置され、1990年にmagistrate judgeと改称された、という説明が出ていました。刑事裁判では令状の発行や軽い犯罪の審理、社会保険に関する訴訟、民事では当事者双方がmagistrateによる審理を受けることに同意した事案などを扱えるようです。


 そう考えると、結論としては、少なくとも今日の米国の司法制度で使われているmagistrateに関する限り、「治安判事」よりも「下級判事」と訳しておくのが無難な線かもしれません。


 もちろん、司法制度は国によって大きく異なります。英国にもmagistrateと呼ばれる役職が古くからあり、こちらは「治安判事」と訳していいのかもしれません。(今回訳したのは米国に関する記事だったので、そこまでは調べませんでした。いずれにしても、国によって司法制度は違いますので、それぞれ適した訳語を選択したほうがいいと思います。)


 なお、magistrateの起源は、行政官と司法官を兼ねた役職だったそうです。江戸時代の日本でいえば、町奉行のような仕事に該当するのでしょう。


ジャンル:
海外ニュース
この記事についてブログを書く
« quarantine (臨検) | トップ | ゴミも吸殻も道徳心も捨てた人々 »

関連するみんなの記事