湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

福島県の梅毒患者数63人、インフルエンザの患者数843人・・・

2018年01月06日 |  1.ニュース

今朝の福島民報に、福島県の梅毒とインフルエンザの患者数が掲載されていました。

<梅毒患者、初の5000人超
2017年・全国 若い女性らに拡大

性行為などで感染する梅毒が若い女性らに広がり、国立感染症研究所の集計によると2017年の患者数派、現行の集計方式となった1999年以降で初めて全国で5000人を超えたことが分かった。うち3割を占め、患者数が最多の東京都は感染拡大に歯止めをかけるため、18年度から検査体勢拡充などの対策を本格化させる方針だ。・・・県内の2017年の患者報告数は63人・・・>。

<県内インフルエンザ流行 注意報レベルに

県は5日、県内のインフルエンザの流行が注意レベルに達したと発表した。4週間以内に流行が広がる恐れがあるとして、日頃の体調管理や小まめな手洗い、マスクの着用など予防策の徹底を呼び掛けている。昨年第52週の患者数は843人・・・>。

下左のグラフは梅毒の患者数、下右の表はインフルエンザの患者数・・・。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 豪快に落ちる長福寺の屋根の... | トップ | 昨夜、感染症に関する本を読... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 1.ニュース」カテゴリの最新記事