湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

稲の倒伏の原因は、人為的・・・?

2017年09月20日 |  2.猪苗代湖南



今回の台風18号による稲の倒伏被害・・・。湖南だけでなく、湖北・湖西・湖東、猪苗代、会津地方全体に見られます。

上の写真は、今朝、妻の実家の2階の窓から撮った写真です。ほとんどの田は、湖南の銘柄・あきたこまちの田です。写真の中央も、多分あきたこまちですが、この田のあきたこまちは倒伏しています。その姿を見ていますと、稲の倒伏の原因は、台風18号による自然的原因ではなく、稲を栽培している農家の人為的原因であると思われてきます。自然的原因で、四方の畔で囲まれた田1枚がきちんと倒伏させられるということは、想定不可能だからです。両脇の田のあきたこまちは倒伏していないのに、その間の田のあきたこまちが倒伏しているというのは、明らかに人為的原因・・・。肥料の多寡による茎葉の軟弱化、除草剤の撒きすぎよる稲の根の弱体化、中干しの失敗・・・などの一般的な理由が考えられますが、この田の持ち主の農家・・・、筆者と妻に、<ここらでは、素人に米や野菜は作れねえ!カネさ寄こせ、そうすればなんでも作ってやっから!>といっていた農家・・・。筆者と妻が、その農家に何の依頼もすることがないと分かると、あることないこと言いふらして詐害行為をした農家・・・。

関係をもたなくなって久しくなります。

湖南の赤津村の田、1枚1枚に、その歴史と物語があります。その歴史と物語、真実を伝えている場合もあればそうでない場合もあります。

妻の実家の棚田の田、妻の実家のおかあさんや、結いをむすんでいた専業農家のSuzukiさんに言わせますと、<バカ田でヤセ田で、いまだかって美味えコメが採れたことがねえ田。よく採れて、反あたり7俵が最高の、地力のない田>・・・。しかし、雑誌『現代農業 土肥特集2017』の稲作農家の記事を読む限りでは、妻の実家の棚田の田は、美味しい米が採れる条件を満たしています。自分の土地を十分知って愛し育てることをしないで、<収奪農業>を繰り返していますと、倒れるはずのないあきたこまちを倒す田になってしまいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米つくり、野菜つくりという... | トップ | 湖南の赤津村のあきたこまち... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 2.猪苗代湖南」カテゴリの最新記事