湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

『部落史研究ハンドブック』を読み始める・・・

2019年01月13日 |  5.部落学序説

2016年11月に、インターネットの日本の古本屋経由で入手した、小林茂・秋定嘉和編『部落史研究ハンドブック』を読み始めましたが、この本が出版されたのは、1989年・・・。

筆者が『部落学序説』を、インターネットのブログ上で書き下ろしで公開執筆をはじめたのが2005年ですが、筆者がこの『部落史研究ハンドブック』の存在を知ったのは、2016年になって・・・。

数日前から、この『部落史研究ハンドブック』を読み始めていますが、

はしがき
部落史研究にあたって
 1.部落問題とは何か
 2.部落史研究の推移 1.戦前の研究、2.戦後の研究
 3.部落史研究の姿勢
 4.部落史研究の焦点
文献解題
 1.文献目録・辞典・年表
 2.資料集
 3.総論
 4.古代・中世
 5.近世
 6.近代

を精読する限りでは、筆者のブログ『部落学序説』とその関連ブログ群は、『部落史研究ハンドブック』の趣旨に沿った叙述であると確信を持つことができるようになりました。

小林茂他編『部落史研究ハンドブック』と小林茂他編『部落史用語辞典』の2冊を精読、部落史研究の流れのなかで、筆者の『部落学序説』とその関連ブログ群をどのように位置づけることができるか、検証することにしました。

筆者の『部落学序説』とその関連ブログ群は、部落史研究者の研究成果をA説・反A説に分類して、両者を比較検証していずれかを選択、『部落学序説』の枠組みの中に取り込む作業をしてきましたので、当然、『部落学序説』とその関連ブログ群のどの文章にも、A説を論じる部落史研究者と反A説をとる部落史研究者のあいだの学問的葛藤が存在していますので、A説を論じる部落史研究者の支持者からも、反A説を論じる部落史研究者の支持者からも、『部落学序説』とその関連ブログ群の執筆者である筆者とその内容について批判・非難(差別思想・賤民思想の支持者からの)が生じることは最初から分かっていたことです。しかし、同じ程度に、批判・賛同(差別思想・賤民史観に批判的なひとびとからの)も生じることになることも・・・。いずれも<批判>(学問的検証)の装いの下になされますので、ことはやっかいですが・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 吹雪の流れが変わる・・・? | トップ | 部落史研究の基本文献はすで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 5.部落学序説」カテゴリの最新記事