湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

コシヒカリの穂がではじめる・・・!

2017年08月13日 |  4.米つくり

今朝、妻の実家のおとうさんの墓にささげる花を、妻の実家の棚田の田に採りに行きました。

2014年に、コシヒカリと備中レンコンの栽培をはじめて以来、8月のお盆には、おとうさんの墓前に、コシヒカリの穂と備中レンコンのハスの花をささげてきました。しかし、今朝は、コシヒカリ(晩稲)の出穂を確認できず、ヒメノモチ(早稲)の穂にしました。

そして、午後12:30~3:30まで、給水ポンプで、農業用水路の水を温水田に汲み上げ、温水田で温めて、ひめのもち、はえぬき、コシヒカリの田に給水しました。メインの東岐からくる農業用水路に、めずらしく水が流れてきていましたので、それも取水・・・。ついでに、メインの用水路の手入れをしました。U字溝の側面の草取り・・・。

そのあと、コシヒカリの田の草取りをはじめようとしますと、朝、見つけることができなかった、コシヒカリの出穂を発見・・・!しかも、1本、2本ではなく、あちらこちらに・・・。よって、今日は、コシヒカリにはじめて穂が出た日・・・!

はじめて穂が出たのを確認したのは、

2014年(米つくり1年目)・・・はえぬき8・10、コシヒカリ8・14
2015年(米つくり2年目)・・・はえぬき8・7、コシヒカリ8・10
2016年(米つくり3年目)・・・はえぬき8・4、コシヒカリ8・15、ひめのもち8・1
2017年(米つくり4年目)・・・はえぬき8・9、コシヒカリ8・15、ひめのもち8・4

陰暦でいいますと、コシヒカリは、今年4年目が一番早い6・24日の初穂となりました。

筆者、とうとう、コシヒカリの田の4回目の草取りをすることができませんでした。今年の、ひめのもち、はえぬき、コシヒカリの田と温水田・・・、雑草が繁茂しています。コシヒカリの穂が出揃ったら、ヒエなどの雑草を取り除くことにしましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮の花と稲穂、妻が育てたい... | トップ | 関野宏明『脳・神経疾患』を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.米つくり」カテゴリの最新記事