湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

気分転換用に買った『高等学校の基礎解析』は、まだ読んでいない・・・

2016年10月08日 |  4.読書

妻のふるさと・湖南に帰郷する前、帰郷したあかつきには、晴耕雨読・晴耕雪読で読もうと思って、山口県周南市の宮脇書店で購入した、黒田孝郎他著『高等学校の基礎解析』と『高等学校の確率・統計』の2冊、まだ読んでいません。

筆者が、高校数学を復習したことがあるのは、50歳のとき、情報処理技術者試験のシスアドと第二種(COBOLで受験)の受験勉強をしたとき・・・。第二種は、高卒レベルで受験が可能とありましたので、受験に必要な高校の数学を数週間で学び直したのが最後・・・。

気象学者・大後美保氏の農業気象学に関する専門書を読んでいるとき、筆者が見たこともない数式が出てきますので、それを読むためには、数学・物理学・統計学の基礎的知識の習得が必須・・・。山口に棲息していたとき、すでにそのことに気づいていたのですが、優柔不断で決断・実行に時間がかかるのは、筆者の常・・・。無学歴・無資格なので仕方がないといえば、それまでですが、筆者の生まれながらの<しつこさ>、挑戦し続けることはあっても、断念することはありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気分転換用の本を購入・・・ | トップ | 家庭の科学・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.読書」カテゴリの最新記事