湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

棚田の上段の田に、雨除け栽培用のトンネルを常設することに・・・

2017年04月20日 |  2.育苗用ハウス

妻の実家の棚田の上段の田に、育苗用ハウスをつくっていますが、もうひとつ、キュウリ支柱のトンネルがあります。2014年に設置したままのトンネルですが、2015~2017年の積雪にも一切変形はしませんでした。19mm径のキュウリ支柱のトンネルでも、組み立て方によっては、けっこう耐雪性があるものです。

それで、今年は、そのトンネルを解体して、トンネルの間口を40cm広げて、長さ20mのトンネルをつくることにしました。栽培するのは、トマト・ミニトマト類・・・。2014年・2015年・2016年と、3年連続で、育苗用ハウスの中でトマトを栽培してきましたので、今年は、連作障害を防ぐために、トマトの栽培は中止、他の野菜を栽培することにしました。そのかわり、長さ20mの雨避けトンネルで、トマトの栽培・・・。

KUBOTAの湖南営業所に修理に出している超小型乗用トラクターB6001が帰ってきたら、一番最初に、棚田の上段の田を耕耘する予定です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 育苗用ハウスに防草シートを... | トップ | 明日から4日間は、春の農繁期... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 2.育苗用ハウス」カテゴリの最新記事