湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

毎日3~4時間、『部落学序説』の再構成・・・

2019年01月14日 |  5.部落学序説

最近は、毎日数時間、『部落学序説』とその関連ブログ群を再構成しています。

筆者は、『部落学序説』を、インターネット上のブログで、書下ろしで公開執筆をはじめるのに先立って、『部落学序説』の章立てとその概要を文章化して、筆者が仕事をしていた、山口県立高校数校で、同和教育を担当されている高校教師はもちろん、ほかの国語や社会の教師の方々、新聞記者の方々にその概要を見ていただきました。

その内容は、被差別部落とその人々を直接とりあげるのではなく、部落史を研究されている学者・研究者・教育者の批判検証なので問題はないだろうということで、執筆に踏み切りました。筆者は、執筆の概要に沿って文章化するつもりだったのですが、読者の方々から、何度も、先取りして言及することを求められ、章・節・項に沿った執筆を中断して、求められる論題について言及することになりました。あらためて、『部落学序説』とその関連ブログ群を1冊にまとめるべく再構成しながら、<脱線>の多いことに驚かされます。

山口の部落解放同盟新南陽支部の方々に、<パソコンで処理すれば、あとでいくらでもまとめることができるのだから、先取りして、問いかけに答えてほしい>と要望され、しばしば、『部落学序説』の執筆を中断することになりました。

他の読者の方々からは、『部落学序説』とその関連ブログ群の内容は、誤字・脱字・余字の訂正をのぞいて、書き換えないでほしいとしばしば要望されていましたので、当初計画していた執筆の概要に従った章・節・項の文章と、<付論>としてその間に挿入した先取りした文章との間に安易に脈絡をつけることもできず、混沌とした構成になってしまいました。

それを、今、パソコンの Editor を使って、当初の執筆計画通りに再編成・再構成しようとしているのですが、山口の部落解放同盟新南陽支部の方々がいわれるほど、簡単な作業ではなさそうです。何か月かかることやら・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『部落学序説』は、部落史研... | トップ | 今日は、6時間『部落学序説』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 5.部落学序説」カテゴリの最新記事