湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

麦畑にする場所に石灰とバーク堆肥を散布・・・

2016年10月14日 |  4.棚田

午前中、麦畑にする、妻の実家の棚田の田畑転換した畑の一部に、有機石灰とバーク堆肥を散布しました。

麦の栽培は、今年はじめて・・・。

種籾は、最適な品種がすでに売り切れていましたので、第2候補の品種・・・。畝つくりは、かなり以前に済んでいたのですが、雨の日が続き、なかなか土が乾きませんでしたので、種まきがのびのびになっていました。種をまいたあと、その上を覆う稲わら・・・、この前脱穀して干しているひめのもちのいなわらを使うことができますので、かえってよかったかもしれません(権兵衛が種まきゃカラスがほじくるというふうに、ならないように・・・)。

あとは、KUBOTAの管理機TRS70USで5cm深さで土を粉砕して耕してやれば種まきの準備完了・・・。種まきそのものは、1~2時間でできます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素人百姓の筆者と妻の精神衛... | トップ | 年金が振り込まれているので... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.棚田」カテゴリの最新記事