湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

2018年、妻の実家の棚田の田の風景・・・

2018年06月09日 |  4.棚田

今日の夕方、妻の愛用の一眼レフで撮影した、妻の実家の棚田の田の風景です。写真の中央にあるのが、育苗用ハウスです。現在、大玉トマトの苗を移植しています。その右側のブルーの防風ネットを周囲にはりめぐらしているのが、ミニトマトの雨除け栽培用トンネルです。長さ24m。手前の稲ははえぬきです。





下の写真は、棚田の上から撮った写真です。手前の水田は、湖南史談会会員のKoyamaさんの田です。今年は、あきたこまちを栽培されています。
 



下の写真は、中央が温水田です。右側は、温水田の一部ですが、備中レンコンを栽培しています。下の4枚の写真の右から2つめは、下段のコシヒカリの田の強湿田部分を切り離してつくったビオトープです。右から1つめは、中段の田を田畑転換してつくった畑です。温水田のむこうにあるのがコシヒカリの田です。
 



下の写真は、妻の実家の段々畑の一番下の畑です。ジャガイモを3種類作付しています。自給自足用ですので、作付面積は、0.1反程度です。もちろん、有機栽培・無農薬栽培です。


妻の実家は、湖南で一番小さな農家・・・。田・畑合わせて4.6反しかなく、農家になるための条件、田畑5.0反以上を所有していませんので、農家になることはできず、JA湖南からも正組合員・準組合員になることを拒否され、今年で6年目・・・。筆者と妻は、<農家>ではなく<百姓>として、自給自足用に、多品種少量生産に徹し、有機栽培・無農薬栽培で米と野菜を栽培していますが、毎年、天候が異なりますので、毎年、思い新たにして、専業<百姓>になるべく努力を積み重ねています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は、なにか一仕事をした... | トップ | 台風第5号がやってくる前に・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 4.棚田」カテゴリの最新記事