湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

レンコンは、免疫ビタミン食品・・・

2018年09月18日 |  2.老化と老化対策

レンコンにふくまれている、LPSは、レンコンのきんぴら30gあたり52μgとか・・・。LPSは、英語の<Lipopoli saccharide>の略だそうで、<免疫ビタミン>と呼ばれているそうです。

この<免疫ビタミン>の効能は、

老化
認知症・アルツハイマー
糖尿病・高血圧・脂質異常症・骨粗しょう症・ガン
うつ病
花粉症・感染症

の予防対策に効果的であるとか・・・。2013年4月1日に、妻のふるさと・湖南に帰郷して、次の年、2014年5月にレンコンの栽培をはじめましたが、それ以来、備中レンコンは、我が家のなくてはならない有機・無農薬野菜になっています。そのためでしょうか、日本基督教団西中国教区で牧師をしていたころ、筆者、花粉アレルギーや気管支炎、インフルエンザに悩まされていましたが、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農してからは、それらから解放されたのは、もしかして、備中レンコンに含まれている<免疫ビタミン>が大きく影響しているようです。 

妻が農園主をしている吉田農園は、湖南でたった1軒のレンコン栽培農家・・・。 

 

 

コメント

郡山市特定健康診査を受けることに・・・

2018年09月08日 |  2.老化と老化対策

筆者と妻、2013年4月1日に、妻のふるさと・郡山市湖南町に帰郷・帰農して5年6か月、はじめて、<郡山市特定健康診査>を受けることにしました。その検査項目は、

問診
診察
③身体計測(身長・体重・BMI・胸囲)
血圧測定
⑤血液検査(脂質、血糖、肝機能、貧血)
尿検査(尿糖・蛋白)
⑦腎機能検査
⑧心電図
⑨眼底検査

青色の太字は、 筆者が<自己検診>として実施しているものですが、筆者、1983年、日本基督教団西中国教区の山口の小さな教会の牧師になって以来、<健康診断>を受けたことは、これまで、一度もありません。筆者、よく病気していましたので、その都度、いろいろ検査してもらっていたので、その必要はありませんでした。しかし、2013年4月1日に帰郷・帰農してからというもの、ほとんど病気をしなくなりました。自分で栽培した有機栽培・無農薬栽培の米や野菜を食べるようになって、アレルギー症状もほとんどなくなり、右手の関節障害も、Out Stretch で痛みをとることができるようになって、ほとんどの農作業に不便さを感じなくなりました。筆者、今年70歳、古希を迎えて、前期高齢者の仲間入りをしたので、記念に、<郡山市特定健康診査>を受けることにしました。妻も一緒に・・・。

コメント

<いやらしく老いる>のではなく、<美しく老いる>ことを目指して・・・

2018年09月08日 |  2.老化と老化対策

今日、BOOKOFF ONLINE NEDICAL から、『標準呼吸器病学』・『標準循環器病学』・『腎臓病学』・『麻酔科学』・『老年期うつ病』・『老年期のうつ』・『老年期の精神科外来治療』の7冊、インターネットの日本の古本屋経由で『標準リハビリテーション医学』が届きました。

内科学については、竹内重五郎『内科学』・『内科診断学』・『内科鑑別診断学』を核にすることにしているのですが、医学書院の Standard Textbook シリーズの内科学関連のテキストも、2005年に出版された分まで全部入手することにしました。未着の医学書院の Standard Textbook シリーズはあと1冊『標準法医学・医事法』のみ・・・。

70歳になり、<前期高齢者>に名を連ねるようになった筆者、70~74歳の前期高齢期をよりよく生きるための書籍はすべて入手したことになります。

基礎医学・臨床医学・看護学・薬学、老年医学
農学・農業気象学・農業政策・農業史、有機無農薬農法・自然農法・高寒冷地農法、植物生理学・植物病理学
聖書学・仏教学・神道学・民俗学
環境学・気象学、地震・火山・河川・土壌・風水害・防雪
法学・憲法学・法制史・法哲学
家政学、繊維・被服縫製・栄養学・臨床栄養学・建築学
歴史学・歴史研究法・古文書学、昭和戦前史・昭和戦後史、地方史研究・郷土史研究、被差別部落史、地誌
情報処理学・記号論理学

約3,000冊の蔵書、筆者と妻を、<美しく老いる>生き方へと導いてくれるかどうか・・・。多くの場合、自分の老いを自覚することなく、またそれを否定して生きていこうとするので、<いやらしく老いる>生き方に落ち着いてしまうようです。団塊世代がよく耳にした言葉に、<美しい十代>というのがあります。同名の雑誌も発刊されていました。<美しい十代>を生きてきた団塊世代も今や七十代に突入・・・。<美しい十代>ならぬ<美しい七十代>を生きることができるやらどうやら・・・。できなければ、前期高齢期・後記高齢期の<いやらしく老いる>生き方に転落してしまいます。

無学歴・無資格、どこの馬の骨かわからないと揶揄されてきた筆者、約3,000冊の本を読んで、その内容について話あうことができるのは、福島県立安積女子高校を出た8歳年下の妻だけ・・・。最近は、妻のほかに、娘と、福島県立高校の教師をしている娘のご主人が増えましたが・・・。医学・農学・宗教学・環境学・法学・家政学・歴史学・情報処理学・・・、それらを一体化しますと、<総合人間学>・・・。

<総合人間学>の最初の成果は、2013年4月1日に、日本基督教団の隠退牧師になり、妻のふるさと・福島県郡山市湖南町に帰郷・帰農してから、標高550mの湖南高原の棚田・だんだん畑で、有機栽培・無農薬栽培で米と野菜を栽培して、少しでも、野菜直売所に野菜を出展していること・・・。栽培不能と、地元の農家の方々がいうコシヒカリを栽培して、今年で5年目、今年も、コシヒカリ・はえぬき・ひめのもちを収穫できそうです。




コメント

1週間に1度は、娘がやってくる・・・

2018年09月06日 |  2.老化と老化対策

今日、結婚して、郡山に住んでいる娘がやってきました。

娘がやってくると、妻が飼っている黒猫黒兵衛は、大喜び・・・。黒猫黒兵衛の祖母のまこ、母のみやこ、兄の文太を短期間に相次いで失い、ひとりぼっちになった黒猫黒兵衛は、いつのまにか、あまえっこになってしまいました。

筆者と妻が、農作業でいそがしくしているときは、娘が、郡山のスーパーで、黒猫黒兵衛のために鮮魚を買ってきてくれます。

もちろん、娘が1週間に1度、郡山から湖南にやってくるのは、70歳の父、63歳の母、92歳の祖母の暮らしを心配して・・・。我が家はいわゆる<老々介護>家庭なので、娘も少しく心配しているようですが、人生なにが起こるか、わからない。主イエスさまのことばにあるように、<明日のことは思いわずらうな。明日は明日みずからが思いわずらう。>というのがありますが、筆者と妻は、こころとからだの健康だけでなくたましいの健康も大切にしていますので、1日を過ぎ越し、1週間を過ぎ越し、1か月を過ぎ越し、1年を過ぎ越し、いろいろな試練と苦難を、主なる神さまを信じて過ぎ越していく日々・・・。1年を過ぎ越し、3年を過ぎ越し、7年を過ぎ越し、10年を過ぎ越し、20年・30年を過ぎ越し、そして、いつか、あるいはその途上で、自分の人生を過ぎ越していくことになります。


コメント

あらたに、医学書院の Standard Textbook シリーズ、4冊注文・・・

2018年09月06日 |  2.老化と老化対策

今日、BOOKOFF ONLINE で、医学書院の Standard Textbook シリーズの『標準呼吸器病学』・『標準循環器病学』・『腎臓病学』・『麻酔科学』の4冊を注文しました。

2005年までに出版されたStandard Textbook シリーズは、全巻、入手したことになります。2006年以降に出版された本は、入手の予定なし・・・。『標準呼吸器病学』・『標準循環器病学』は、古書価格としては、かなり高価・・・。購入するかどうか、迷っていたのですが、『標準消化器病学』はすでに入手していますので、 『標準消化器病学』とあわせて『標準呼吸器病学』・『標準循環器病学』・『腎臓病学』で、<標準内科学>を入手したことになります。

これで、いよいよ、筆者の医学書集めは終了・・・。 

妻のふるさと・湖南の赤津村は、無医村・・・。生前、妻の実家のおとうさんからその話を聞かされてから、本格的に、医学書・看護学書を集めはじめました。筆者と妻の老年期を健康で過ごすための健康管理・病気予防・早期発見・早期治療に関する知識・技術を入手するためですが、Standard Textbook シリーズなどの医学部の教科書だけでなく、 医学専門書も多数集めています。国立金沢大学医学部の蔵書、金沢大学図書館の廃棄本が主ですが、あくまで、筆者と妻の健康管理のための情報源として・・・。筆者と妻の病歴、それぞれの父母の病歴を前提に、これらの医学書・看護学書を読んでいきますので、人生の晩年において<無駄>な時間を費やすことにはなりません。極めて実務的・実際的な学習になります。

コメント

2012年と2018年の同期の筆者の血圧の比較・・・

2018年09月01日 |  2.老化と老化対策

今朝、血圧を測定したあと、2012年8月23日~9月1日の10日間平均と、今年2018年8月23日~9月1日の10日間平均の、筆者の最高血圧と最低血圧を比較してみました。

2012年8月23日~9月1日の10日間平均:最高血圧110、最低血圧66
2018年8月23日~9月1日の10日間平均:最高血圧110、最低血圧65

なんとほぼ同じ・・・。健康診断は、2013年4月1日に、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農する前に、受けたことがありますが、そのときはなにの異常もなし・・・。それから、6年が経過しましたが、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農してからは、一度も健康診断を受けたことがありませんので、今、現在、どのような健康状態なのか、ほんとうのところはわかりません。ただ、月1回、自己検診している限りでは、これといった自覚症状はなし、血圧は至適状態、体重も普通、心臓・肺の聴診器診断も異常音なし、一般尿検査(塘・蛋白・ウロビリ)に異常なし、日々の農作業の疲れ・関節の痛みは Out Strech で問題解決しているので運動機能に変化なし、視力・聴力・嗅覚・味覚も変化なし、排尿・便通良好、睡眠障害なし、読書しても眼精疲労に陥ることはありません。

70歳にして、これまで病気がちであった筆者の健康状態は、筆者と妻で有機・無農薬栽培で栽培した米・野菜を摂取するようになって、筆者のいろいろなアレルギー症状も改善され、老後の健康を享受しています。 

来年度の概算要求では、年金・医療は、31.8兆円にのぼるとか・・・。 

認知症の、妻の実家のおかあさんを例にとると、おかあさんのために国が支出した医療・介護費=おかんさの年金×3倍・・・。筆者と妻、できるかぎり、健康維持につとめれば、国の赤字を少しく改善することができるかもしれません。所得税なし、市県民税免除なのですから、高齢化時代を生きる筆者と妻ができることといえば、医療費節約で、少しく国に奉仕することぐらい・・・。下のグラフはインターネットで拾ったもの・・・。

 

コメント

老年学・老年病学に関する専門書は、68冊・・・

2018年08月26日 |  2.老化と老化対策

60~70歳までの間、筆者が集めた、老年学・老年病学に関する専門書は、全部で68冊・・・。

ほとんどすべてが、インターネットの日本の古本屋経由で全国の古書店から集めた古書と、BOOKOFF ONLINE MEDICAL で集めた古本ばかりです。

人生の晩年においては、3つの健康が必要です。<からだ>の健康はもちろんですが、そのほかに、<こころ>の健康と<たましい>の健康が必要です。それも、その3つの健康が、調和して相互に深く結びついていなければなりまません。 上記の68冊は、<からだ>と<こころ>に関するものばかりですが、日本基督教団の隠退牧師である筆者は、当然、<たましい>の健康に関する資料も収集しています。

身体的・精神的・霊的に健康であることが大切です。 

コメント

Memory Scale、老年者の知能測定・・・

2018年08月19日 |  2.老化と老化対策

今朝、金子仁郎著『老年の心理と精神医学』に目を通していました。

この本を入手したのは、2009年12月3日・・・。インターネットの日本の古本屋経由で入手した本ですが、最初通読したときに、重要項目に関する文章には、マーカーをつけています。筆者は、入手した本は読みつぶすつもりで、マーカーをつけたり、メモを書き込んだり、ページの端を折ったりするのが常ですが、その目印をたどりました。

そのとき、<メモリースケールの研究 -老年期の知能測定について->が目にとまりました。<われわれは、Wechsler Memory Scale をもとに、老年者に短時間に簡便に実施しうる知能テストを作成し、老年者を中心とした500人に実施し、標準化を試みた。判別函数を用いて、このテストにより、対象を正常、境界、痴呆の3群に判別し得るようにした。因子分析を行い各対象の基本的評点を求め、痴呆の重篤度を表示し得るようにした>とする、新たなMemory Scaleについてこんな論文が掲載されていました。

序論
 テスト内容
 対象および方
  1.対象
  2.標準化
  3.検証
考察
総括
文献

そのほかに、<老年期における犯罪>について目を通しましたが、 『老年の心理と精神医学』の巻末にその出版社の広告が掲載されていました。それを見て、インターネットの日本の古本屋で検索、ヒットしたものの中から、次の3冊を注文しました。室伏君士編『痴呆老人の理解とケア』、同『老年期の精神科臨床』・・・。これらの本は、著者等が、<老人のぼけ(痴呆)は、ケアによって進行を遅らせ、場合によってはある程度の回復すらも可能である>と主張したもの・・・。もう1冊は、D.J.ウエスト他著『性的攻撃』、強姦の病理をとりあげたものであるようです。テレビの番組で放映される犯罪捜査、推理小説のドラマには、よく強姦されて殺された女性の姿が放映されますが、あれは、なにのために放映しているのでしょうか・・・?マスコミも、加害者の側に身を置いている・・・?

コメント

筆者と妻の年齢差に喜ぶ妻・・・

2018年08月18日 |  2.老化と老化対策

筆者と妻の年齢差は、7年7ケ月・7日・・・。

いわゆる、セブン・セブン・セブン・・・。

今朝、妻の、<昨日はじめて、おれとA子さんの年齢差を精密に計算してみたら、7年7ケ月7日だった。7・7・7・・・>と話をしますと、<妻は、ほんとうに? 一度聞いたら二度と忘れられない数字ね。あなたとわたしの年齢差は、ラッキーセブンなのね!>と、満面の笑みを浮かべて話してしました。

まるで、自動販売機で清涼飲料水を買って、同じ数字が並び、おまけにもう1本、清涼飲料水が出てきたときのような喜び・・・!

それで、筆者、筆者の生年月日と妻の青年月日を表にして、その年齢差が、7年7ケ月・7日であることを証明しました。妻も納得・・・。

筆者と妻、こんなことでも喜ぶ性格・・・。日本基督教団神奈川教区の教会で2年、西中国教区の教会で30年、旧約聖書の神の民が40年間バビロン捕囚の憂き目にあったような日々を過ごしてきましたが、それに耐えれたのは、筆者と妻、こんなささいなことにも喜び合う希有な性格をもっていたため・・・。すべてのことに、主なる神様に感謝・・・。

湖南の救急車の車番は、666・・・。妻は、<わたしは、絶対に、666番の湖南の救急車には乗りません。あなた、もしわたしになにかあっても、666番の救急車には乗せないで!> と、666番の湖南の救急車に出会うたびに、筆者にそう語りかけてきます。

 

コメント

高齢者の農作業の指標、metabolic equivalent・・・

2018年08月16日 |  2.老化と老化対策

認知症予防対策のための医学専門書に、metabolic equivalent に関する表がありました。

metabolic equivalent とは、<運動強度を示す指標で、運動時の全エネルギー消費量が、安静時における消費量の何倍にあたるかを示す。METS=運動時の酸素消費量/安静時の酸素消費量の式で示す。1 METS は安静座位における酸素消費量で3.5ml/kg/min または 1.okcal/kg/hrに相当するといわれ、容易にエネルギーに換算できる。>・・・。

高齢者の農作業におけるMETSは、

METS1.5~2.0 軽トラの運転・トラクターなどの農機具の操作・農業簿記の記帳など。
METS2.0~3.0 田畑や畔を歩く(3.0km/時)、自転車で農道を走る(8.0km/時)
METS3.0~4.0 農業用ビニールハウスの組み立て、ビニール張、トレーラーの運転、田畑や畔を歩く(5.0km/時)
METS4.0~5.0 農業土木、水田での歩行、自転車で農道を疾走(13.0km/時)
METS5.0~6.0 スコップで土を掘る、鍬で土を耕す、歩行(7.0km/時)
METS6.0~7.0 4.5kg/分の速度で土を掘る、畔塗り、歩行(8.0km/時)
METS7.0~8.0 36kgの荷物の運搬、バインダーで刈った稲の運搬、30kg入米袋の運搬、肥料・堆肥の運搬、農業用資材の運搬、籾摺りをした米の玄米保冷庫への格納、放射能検査のための米袋の運搬・・・

この前、農道の整備作業をしていたとき、プロの農家の方が、こんな話をしていました。<農家が農業をやめるときは、スコップで土を掘ったり鍬で耕したりできなくなったとき・・・。軽トラやトラクターにのって運転するだけなら、80歳になっても90歳になってもできる!しかし、鍬で畑の土を耕すことができなくなったときは、農業を続けることができなくなる!>と話しておられましたが、METS1.5~2.0 の農作業なら80歳になっても90歳になってもできるが、METS5.0~6.0の農作業ができなくなると、農業を続けることができなくなるということなのでしょうか・・・?

筆者と妻、METS6.0~8.0の農作業は、ガソリン駆動の超小型農業機械・運搬車を導入しましたので、どんなに歳をとっても、 METS5.0~6.0の農作業ができる力を温存させることが課題になりそうです。高齢化とともに予備力が低下してきますが、予備力の低下を、<あたま>でカバーして、80歳になっても、90歳になっても、自給自足のための百姓暮らしを続けていきたい・・・。目標を掲げたら、もしかしたら、それを達成することができるかもしれません。最初からあきらめていたら、目標達成は不可能でしょうが・・・。

コメント

おとうさん、頭の髪、まっくろね・・・

2018年08月15日 |  2.老化と老化対策

猪苗代湖畔をドライブしていたとき、後部座席で、ご主人と一緒にのっていた娘が、運転席の筆者に語りかけてきました。

娘:おとうさん、70歳になったのに、あたまの髪の毛、まっくろね・・・。
筆者:鏡でみていると、まっしろだけど・・・。
娘:前からみると白髪交じりだけれど、うしろからみるとまっくろよ。

今朝、妻にその話をしますと、妻も、<そうよ!あなたは、鏡に映った自分の頭の髪の毛しか見えないけれど、後ろからみると、前期高齢者になったひとの頭とは思えないほど、黒々してるわよ!>と話していました。<あなた、ほかの70歳になった農家の方と比べると、ほんとうに若々しいんだから・・・>。妻の夫に対するひいきめからの言葉であると思われますが、猪苗代湖畔で、ツーリングを楽しんだり、オープンカーをのりまわしているのは、筆者と同じ団塊世代・・・。70歳になった高齢者・・・。彼らと比べますと、毎日、鍬や鎌をもって農作業をして百姓暮らしをしている筆者、やはり歳をとっているように見えます。暦年齢と実年齢の違いは、ひとそれぞれ・・・。

高齢化時代の高齢者は、ある日、ある時、突然と老化の波にのむ込まれ、長い廃用症候群の苦しみをあじわいつつ世を去っていくことになります。筆者の頭髪が黒いのは、若さのしるしではなく、老いのしるしのひとつ・・・。妻は、昔、<あなた、どうしてそんなに髪の毛が黒いの?>と問いかけてきたことがありますが、筆者の母から、<あなたは、白髪の家系だから、いつもこれを食べなさい。そうしたら、歳をとっても白髪になりにくいから・・・>といわれて、毎朝、同じものを食べてきましたが、妻と結婚してからは、それを妻が引き継いでくれましたので、毎朝摂る食材によって、筆者の頭髪、少しく白髪になることを免れているのかもしれません。その食習慣をやめたら、突然、白髪になってしまうでしょうから、やはり老化現象・・・。 

白髪を免れる食材とは、筆者の母のふるさと・徳島の鳴門のわかめ・・・。 

コメント

70歳でメガネなしで遠くも近くも見えるのも老化現象のひとつ・・・

2018年08月14日 |  2.老化と老化対策

昨日、夜、筆者の書斎の片づけをしました。

インターネットの日本の古本屋、あるいは、BOOKOFF ONLINE MEDICAL で入手した医学書・看護学書、筆者の父祖・吉田永學の先祖の歴史を調べるために集めた信濃・栗田村・真言宗観聖寺・修験道・伊勢御師に関する文献、高冷地寒冷地農法に関する技術専門書・学術書などが適当に積み重ねられていましたので、分類しながら整理・・・。

今朝、目が覚めて、それらの本を眺めたとき、ふとあることに気づきました。70歳の筆者の目、今では遠くも近くもメガネなしで見ることができます。遠くにいる稲穂にとまったトンボも、すぐ近くの稲穂にいるトンボも、なにをしているのか、はっきりと認識できるほど見えます。もちろん、部屋の整理された本の背表紙の文字も・・・。右目も左目も・・・。

日本基督教団西中国教区の山口県下松市のちいさな教会の牧師をしていたとき、梶原眼科の先生が、<あなたはいい目をしている。歳をとると、メガネをかけないで遠くも近くも見えるようになる>と話しておられましたが、70歳になった筆者、その梶原先生のい見立ての正しいことを確認・・・!

ただ、なぜ、歳をとるにつれて、メガネなしで遠くも近くも見えるようになったのか、医学書をひもときながら考えていますと、やはり、歳をとるにつれて、メガネなしで遠くも近くも見えるようになるのも、老化現象のひとつであると思うようになりました。老化現象が、そのひとにとって、このましいものになるか、それともいまわしいものになるかの違いであって、老化現象であることに違いはなさそうです。

くるまを運転するときは、軽度の近視のメガネをかけていますが、遠近両用ではありませんので、このメガネをかけますと、本を読むことはできなくなります。メガネをはずすと、普通に読むことができます。やはり、老化現象・・・。老化現象、悪いことばかりではありません。ときには、いいことも・・・。 

コメント

今朝、とても疲れる夢を見る・・・

2018年08月13日 |  2.老化と老化対策

今朝、とても疲れる夢をみました。

<新幹線徳山駅の構内で駅弁を食べながらあなたがくるのを待っている!>と電話があったので、筆者、神奈川の横浜から走って平塚まで行き、そこから普通電車で小田原へ、小田原から新幹線にのって新大阪へ、そこからなぜか阪急電車にのって大阪駅へ、大阪駅からまたまた走って新神戸へ、新神戸から新幹線にのって新岩国へ、新岩国からまたまた走って新幹線徳山駅の見える高台へ・・・。そこまでで力尽きた筆者、徳山駅にたどり着くことを断念・・・。

長い長~い夢・・・。神奈川県の横浜市から山口県の徳山市までの長旅でしたから・・・。

新幹線徳山駅でだれが待っていたかって・・・? それは、あなたです。 

コメント

昨夜は疲れて熟睡・・・

2018年08月12日 |  2.老化と老化対策

昨夜は、風呂からあがって、ふとんの上で、Out Stretch をしていたとき、一連の Out Stretch の最後にする両手の指の自己整体に入ったとき、筆者、眠りに落ちてしまったようです。妻の話しでは、夜7:30ころ・・・。

妻が、窓を閉め、寝室の明かりを消してくれたようですが、筆者は、上ぶとんの上に横たわったまま・・・。そして、目が覚めたのが、6:30ころ・・・。

なんと、11時間も熟睡していたのでした。筆者、いつのまにか、ふとんの中でする Out Stretch・・・、催眠剤の役割を担うようになっているのでしょう。昨日は、農作業につかれたので、Out Stretchを2回するつもりで、ふろあがりにはじめたのですが、すぐ寝てしまいました。

不眠にさいなまれる高齢者も少なくないようですが、筆者は、不眠の経験はほとんどありません。認知症の、妻の実家のおかあさんは、よく、<眠れねえ!眠れねえ!くすり飲んだのに眠れねえ!やぶ医者の出す薬はきかねんだべえ!>と夜、騒ぎますが、朝食をとると<朝寝>、昼食をとると<昼寝>、夕食の前には、<夜寝>の準備・・・。あれだけ昼寝をすれば、夜眠れなくなるはずなのですが、認知症のおかあさんは、昼寝をするごとに、そのことを忘れてしまいますので、昼寝をしたという記憶がありません。それで、 <眠れねえ!眠れねえ!くすり飲んだのに眠れねえ!>と騒ぐことになります。

筆者の妻、<あなた、明日のことが心配ではないの?わたしたち、いつまで今の暮らしを続けていけるのかしら?経済的に老後破綻しないの?>と問いかけてきますが、筆者、<大丈夫!主なる神さまはわたしたちの財布の中身をご存じだから・・・。年金暮らし+百姓暮らしができる間は、20~30年、今の暮らしを続けていくことができるよ。明日のことで思いわずらう必要はありません・・・>と答えるのが常ですが・・・。

コメント

あなた、あのひとと同じ歳よ・・・!

2018年08月10日 |  2.老化と老化対策

妻の寝室で、妻と一緒にテレビをみているとき、最近、妻がしみじみと筆者に語りかける言葉があります。

<ねえ、見てみて!あのひと、あなたと同じ70歳ですって!70歳になっているのに、4.6反の田畑で米と野菜を栽培しているのよ。あなた、あのひとよりずっと若いわ。でも、いつか、あなたもあのひととおなじように老化していくのよね・・・>。

ひとの老化は、ある日、ある時、突然とやってくる、となにかの本に書いてありましたが、筆者も、ある日ある時、突然と、あたまがこわれ、こころを失い、からだが自由に動かせなくなるのでしょう。そのとき、妻は、筆者をどう介護したらいいのか、心配をはじめたようです。認知症の、妻の実家のおかあさんの介護だけでも大変なのに・・・。

昨日読んだ『聖書』(The New English Bible)にこんな言葉がありました。

<Stand by your contract and give your mind to it ;
grow old at your work.
Do envy a rogue his success ;
trust the Lord and stick to your job.
It is no difficult thing for the Lord
to make a poor man rich in a moment.
The Lord's blessing is reward of piety,
which blossoms in one short hour.
Do not say, ' What use am I?
What good can the future hold for me? '
And do not say,' I am indepedent ;
nothing can ever go wrong for me.
Hardship is forgotten in time of success,
and success in time hardship.
Even on the day a man dies it is easy the Lord
to give him his deserts.
One hour's misery wipes out all memory of delight,
and a man's end reveals his true character.
Call no man happy before he dies,
for not untill death is a man known for what he is.>

筆者の人生の晩年における<work>と<job>、それを筆者に相応しく与えてくださるのは、主なる神さまのみ・・・。
 

コメント