湖南村尻百姓記

65歳で、妻の実家のある湖南町に帰郷・帰農して山里暮らし・百姓暮らしをはじめた隠退牧師の日記

昨夜の花粉症の症状は、軽微・・・

2018年04月07日 |  3.花粉症

昨夜の花粉症の症状は、5段階評価、-、±、+、++、+++の±・・・。

今朝、3月26日~4月6日までの、筆者の主観的花粉症の症状の5段階評価と、公的機関の花粉飛散情報をグラフ化して比較してみました。その結果、両者は完全に一致していることがわかりました。

花粉の飛散量が多いときに、筆者の花粉症の症状は、++、+++になり、飛散量が少ないときは、±、+になっているようです。まるっきり、環境に左右されているだけ・・・。筆者の花粉症予防対策と治療、 効果があったのやらなかったのやら・・・? たぶん、気休めにおわったのでしょう。

ひとは、歳をとればとるほど、花粉症の症状がでなくなると、なにかの本に書いてあったような気がしますが、筆者の場合、歳をとっても、花粉症の症状にさほど変化はなさそうです。山口の工場地帯と福島の山村地帯の花粉飛散量と花粉の質に違いはあるのでしょうが・・・。 

コメント

昨夜は、花粉症の症状は軽減・・・

2018年04月06日 |  3.花粉症

このところ、花粉症が酷く、就寝中に鼻が詰まったり、鼻水がでてせきこんだりして目が覚めていたのですが、昨夜は、途中目が覚めたのは、1回だけ・・・。ひさしぶりにぐっすり眠ることができました。

筆者の勝手な5段階評価、-、±、+、++、+++では、± のレベル・・・。

昨夜は、『標準耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 第2版』・『ナースのための耳鼻咽喉科学 第3版』・『症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け』・『カッシング・薬理学 原書第9版』の4冊を読みながら、筆者の花粉症の症状と履歴を検証、筆者が服用している家庭用常備薬の成分の効能と副作用、服用の時期と容量を調べました。それで、今、一番効きそうな鼻炎薬を服用しました。

その結果かどうかはわかりませんが、昨夜は、花粉症の症状が和らぎました。

それと、昨日1日は、これまで使用していた花粉対策用のマスク、してもしなくてもあまり変わらなかったのですが、妻が、筆者のために買ってきた少しく高めの花粉対策用のマスクを1日して、棚田で作業をしていましたので、それも影響したのかもしれません。

今朝の福島民報の花粉情報、郡山市は、<非常に多い>。今日の日中と夜、どうなることやら・・・。
 

コメント

昨日の夜も、花粉症が悪化・・・

2018年04月05日 |  3.花粉症

昨夜も、花粉症が悪化・・・。

睡眠障害と疲労感が強まり、体力消耗・・・。日中、棚田で農作業をしているときは、ほとんど花粉症の症状を気にすることはなかったのですが、就寝してから、花粉症が悪化・・・。水鼻と鼻詰りで、しばしば睡眠を妨げられて、その対策を迫られます。

昨夜、寝る前に、黒沢元博他編『アレルギー炎症性疾患 新たなアプローチ』(1994年、10,000円)の第4章花アレルギー(141ページ分)を読んだのですが、やはり難解・・・。1994年当時では、まだまだ花粉症に対する予防・治療の決めては確立されていない模様・・・。ただ、はっきりしたのは、花粉症の原因は、<大気汚染>が明確に関与しているということ・・・。農村における花粉症増加の原因は、やはり、農地にまかれた農薬・除草剤などの残留農薬が風で大気中に吹き上げられ、スギ・ヒノキの花粉と混じり合って、より複雑な抗原を形成しているところにあるようです。

妻は、<それで、なにか解決策みつかったの?>と、朝、筆者に質問してきましたが、<あらたな解決策はなさそう・・・。今、とっている予防と治療が一番あっているみたい・・・。>と、なかばあきらめていると返事をしました。今年は、鼻だけでなく、手・腕・首まわりにもアレルギー症状が発生しているような気がします。見かけはなにもないのに、掻痒感が強い・・・。 

早く花粉のシーズンが終わってくれたら・・・、とそれだけを願う毎日です。 

コメント

昨夜は、花粉症の症状+++

2018年04月04日 |  3.花粉症

昨夜は、今年最悪の花粉症の症状でした。

筆者の主観的、花粉症の程度は、-、±、+、++、+++の5段階に分けていますが、昨夜は、最悪の+++・・・。何度も鼻づまりと呼吸困難で目を覚まされ、その度に花粉症を抑えるための対策におおわらわ・・・。睡眠不足になりました。

湖南は、風の強い地域ですが、風が吹くと、農薬や除草剤に汚染され、残留農薬のついた土ホコリがまき上げられ、スギの花粉と相まって、都市部の煤煙に汚染されたスギの花粉と同じ程度のアレルギー症状を引き起こしてしまいます。程度の差こそあれ、年も農村も、環境汚染が原因の花粉アレルギーです。

どうやら、花粉症の鼻アレルギーについて、本格的に勉強して、より有効な対策をとる必要がありそうです。しかし、インターネットの日本の古本屋経由で、あるいは、BOOKOFF ONLINE で集めた花粉症の鼻アレルギーに関する本、すごく難解・・・。

山口に棲息していた30年間、ある耳鼻咽喉科で花粉症の治療を受けるのが常でしたが、その耳鼻咽喉科の先生、花粉症の鼻アレルギーにかかっていました。医師は自分を治療することはできないと言われますが、自分の花粉症の鼻アレルギーを治すことができない耳鼻咽喉科の医師、患者の鼻アレルギーを治すことができるのかどうか、何度も不思議に思ったことがありますが、わらにもすがる思いで、治療を受けていました。

花粉症、発症のメカニズム、理解することができれば、自分なりに花粉症対策法を確立する可能性があるのでしょうか・・・? 

コメント

昨夜も花粉症の症状・・・

2018年04月03日 |  3.花粉症

昨夜も花粉症の症状が出て大変・・・。

日中は、花粉症の症状を抑えることができても、夜の睡眠中は不可能・・・。花粉症になると、体力がかなり消耗します。若いときは、花粉症で体力が消耗するとは考えられないのですが、70歳の前期高齢者になった筆者、花粉症は体力の消耗につながり、農作業に影響が出てきます。

今している農作業は、今年の米つくり、野菜つくりの準備作業ですが、野菜つくりの準備は、4月下旬に、米つくりの準備は、田植のある5月下旬あるいは6月上旬までに済ませておかなければなりませんが、まだまだ時間的ゆとりがありそうなものの、70歳の筆者、62歳の妻にとっては、計画的に着実に準備していかないと、適期に間に合わなくなる可能性があります。

認知症の、妻の実家のおかあさんの介護をしなければならない妻にとっては、まとまった農作業をする時間を自由にとることは困難ですから・・・。無理をしないで農作業をするというのは、時間をかけて計画的に農作業をするということと同義です。短時間×重労働=長時間×軽作業・・・。 プロの農家と百姓の違いです。

コメント

杉の花粉が飛散するなかで・・・

2018年04月01日 |  3.花粉症

今日は、午前8:30~12:00、午後1:30~3:30の5時間、妻の実家の棚田の田で、農作業をしました。中段の、田畑転換した畑の排水溝の整備・・・。

今日も、杉の花粉が飛散しているのが何度も目にとまりましたが、今日は、午前も午後もマスクをして作業しました。精神を集中していますと、マスクなしでも花粉症の症状は出ないのですが、夜、寝ているときに花粉症の症状が出てきます。それを防ぐために、やはり、日中農作業をしているときは、花粉症対策用のマスクをすることにしました。

妻は、<これまでで、一番、田畑転換した畑の土が乾いているわ。いつもは、ぬかるんで、あちらこちらに水が溜まっていたでしょう。やはり、田んぼをいい畑にするには、10年位かかりそう・・・>と話していました。スコップと平鍬だけでする排水溝つくり・・・、70歳の、素人百姓の筆者には、負担がかかり過ぎのような気がします。 

コメント

昨夜は、花粉症が酷くて・・・

2018年04月01日 |  3.花粉症

昨夜は、花粉症が酷くて、午前1:00過ぎても眠れませんでした。寝たあとも何度も目が覚めて、疲労困憊・・・。

筆者の主観的判断では、-、±、+、++、+++の5段階の++・・・。

昨日は、筆者の寝室の窓を開けっぱなしにしていたので、部屋の中に花粉症が充満したようです。寝る前に、2時間、空気清浄機を作動させたのですが、完全には、花粉を除去することができなかったようです。筆者の今回の実験では、頭を活性化しているときは、花粉症の症状を抑えることができますが、睡眠中は、たとえ夢を見ることがあっても、頭を活性化しているとはいえませんので、花粉症の症状を抑えることはできないようです。 

<精神一到何事か成らざらん>の<何事か>の中に、花粉症対策も含まれているようです。 

コメント

読書に集中していると、花粉症がおさまる・・・?

2018年03月30日 |  3.花粉症

読書に集中していると、花粉症が収まる・・・?

今日の夜、それを確認するために、1冊の本を読み始めました。諏訪三郎著『大地の朝』・・・。諏訪三郎は、妻のふるさと・湖南の赤津村出身の小説家ですが、 2013年4月1日に、妻のふるさと・湖南に帰郷・帰農してから、小説家・諏訪三郎の作品について、湖南のひとと話しをしたことは一度もありません。

この『大地の朝』は、まだ山口にいるときに、妻のふるさと・湖南の赤津村を知るために、集めた本のひとつです。諏訪三郎の小説は、『家』・『大地の朝』・『鬼怒十里』の3冊しか入手していませんが、湖南のひとは、もう諏訪三郎の小説を読むことはないのでしょう。古書でしか入手できませんし、古書で購入しようとすると、とても高価で、余程覚悟しないと入手は不可能だからでしょうか・・・。

筆者が入手したときは、とても安価でしたが・・・。

最近、筆者、諏訪三郎の文体が好きになりました。『家』・『大地の朝』・『鬼怒十里』はどれも<農村小説>です。小説の舞台は、福島の田舎・・・。『家』・『大地の朝』・『鬼怒十里』を読んでいると、妻のふるさと・湖南の赤津村のイメージがわいてきますが、そのイメージは、現在の湖南の赤津村のイメージとは大きく異なっています。

筆者、妻のふるさと・湖南の赤津村に身を置くようになって、6年目に入りますが、まだ、ほんとうの湖南の農家に出会っていないのかもしれません。広い湖南のどこかに、筆者がまだであっていない、湖南の自然と歴史を生き抜いてきた農民の方がおられるのかもしれません。

土に生きるものには、毎日、忙しい日が続いた。田の草取り、畑のさくり、いくら働いても、仕事は絶えなかった・・・>、小説の主人公は、<代々の水呑百姓で、貧しい暮らしだった>。しかし、彼は、<百姓は金を儲ける為めに働くのではない>と考えていた・・・。湖南には、もう、この小説の主人公のような考え方をしたり、生きていたりするひとはいないのかもしれません。<金を儲ける為めに働く>農家はいても・・・。

 

コメント

春は樹木、夏はイネ科、秋はキク科・・・

2018年03月30日 |  3.花粉症

筆者の花粉アレルギー・・・は

スギ・ヒノキの花粉だけではありません。

春:樹木の花粉
夏:イネ科植物の花粉
秋:キク科植物の花粉

しかし、一番ひどいのは、やはりスギの花粉でしょうか。イネ科植物の花粉のなかには、コシヒカリ、はえぬき、ひめのもちの花の花粉にはアレルギーはありません。有機栽培・無農薬栽培ですから、コシヒカリ、はえぬき、ひめのもちを食べると、アレルギー体質の改善につながります。山口で、市販の米を食べていたときと比べて、妻の実家の棚田の田で有機栽培・無農薬栽培でコメを栽培してそれを食べるようになってから、アレルギー体質は徐々に改善されつつあります。

コメつくりは、楽しくてやめられない・・・。

コメント

夜、花粉症のパニック症状・・・

2018年03月30日 |  3.花粉症

夜、花粉症のパニック症状に陥りました。

といっても、程度は、-、±、+、++、+++の + 程度・・・。次第に、花粉症の症状が強くなってきているので、今日、眠れるかどうか・・・。

からだ全体に疲労感が襲ってきているようです。今日の農作業は、4.5時間、昨日は、6.0時間・・・。70歳の筆者にとっては、少しく、hard・・・? 認知症の、妻の実家のおかあさん、<ここらの男衆は、1日働いたって、疲れたりしねえ! ここらのもんでねえ、おめえは、やわで、ろくでなしなんだわ!>と、<ここらのもん>の代弁をするのが常ですが、こどものころからのたたきあげの農家と、人生、retire して、65歳になってから、百姓になった筆者とを比較しても、結論は最初から決まっています。素人百姓と比べて満足するのは、<ここらのもん>のプロの農家だけ・・・。

しかし、筆者、まかり間違っても、<ここらのもん>である専業農家や、プロの農家の方々と、<営農力>で競うことはありません。量よりも質重視の、自給自足のための、有機栽培・無農薬栽培でしかありませんから・・・。しかも、湖南で一番小さな農家にふさわしく、田4.0反、畑0.6反、山林8.0反で<ここらのもん>のいう趣味程度の農業しかしていませんから・・・。

湖南の農家の方々は、花粉症にはならないようです。

コメント

今日も、花粉症対策用のマスクをつけないで農作業・・・

2018年03月30日 |  3.花粉症

今日も、花粉症対策用のマスクをつけないで農作業をしました。

風が強く、山の杉の木の花粉が空中高く舞い上がっていました。そんな中、花粉症アレルギーの筆者、昨日から、マスクをつけないで農作業をしているのですが、作業をしている間、花粉症の症状に悩まされることはありませんでした。

筆者の主観的判断では、-、±、+、++、+++の5段階のうち ± ・・・。

花粉対策用のマスクをしているときは、花粉症の症状で大変なのに、マスクを外していると、花粉症の症状を感じないで済む・・・。その原因はなになのか・・・? マスクをはずすきっかけは、昨々日の夜、読書に没頭しているときは花粉症の症状を忘れ、字面を追って漫然と本を読んでいるときは花粉症の症状が出る・・・、その経験から、頭を活性化していれば、花粉症に悩まされることがなくなるのでは・・・、と思いついた筆者、自分の体で実験してみることにしました。

それが、正解・・・。効果的であったのかもしれませんし、ただ、他の要因が重なって偶然、花粉症にわずらわされなかっただけなのかもしれません。

しかし、山の杉の花から吹き出すまっしろな杉の花粉・・・、それを見ていると、筆者に花粉症の症状がでないはずがない・・・。それなのに、なぜ、花粉症が±程度の軽い症状ですんでいるのか・・・?今日、その要因をいろいろ分析して考えながら排水路の堰あげをしていましたが、ひとつの可能性を発見・・・!

それは、風・・・!  受難週に吹く風は、棚田の田で作業をする筆者のまわりから、杉の花粉を吹き払ってくれたのかもしれません。風は、花粉を運んでくると同時に、花粉を運び去ってくれる・・・。新約聖書的にいえば、<風>は、<主なる神さまの息>・・・。

コメント

棚田の中段の田畑転換した畑の片付け・・・

2018年03月29日 |  3.花粉症

今日の午後、1:30~3:30まで、妻の実家の棚田の田の、中段の田畑転換した畑の片付けをしました。

1.黒マルチはがし、
2.マルチがわりの稲わらの片付け、
3.排水路のの整備と拡張

午後は、妻とふたりで作業しました。3:50、水戸黄門がおわると、妻の実家のおかあさん、認知症のたそがれ症候群で、いつ、風呂のガスのスイッチをいれるかわかりませんし、とりあえず、台所のガスコンロに火をつけて、それから、次のことを考えだします。認知症のおかあさんができるのは、とりあえず、火をつけるだけ・・・。

妻も、少しく疲れたといいますので、3:30で作業を終了して家に戻りました。

午後の作業も、筆者、花粉対策用のマスクをしませんでしたが、なぜか一度もくしゃみをしませんでした。昨日、会津若松へでかけたときは、最初から最後まで、花粉症の症状で悩まされたのですが、今日は、午前中3時間、午後2時間と計5時間、棚田で作業をしたのに、作業中は花粉症の症状はでませんでした。ただ、筆者の目は、花粉症の影響で充血し、鼻はむずむずするのですが、今日の花粉症の症状は、± ・・・。

今日の夜、どうなることやら・・・? 

コメント

杉の花粉がまっ白に飛んでいるのに、大丈夫・・・?

2018年03月29日 |  3.花粉症

今日、午前9:00~12:00まで、妻の実家の棚田の田の上段の田の片付けをしていました。花粉対策用のマスクをつけないで・・・。

マルチがわりに使った稲わらや、枯れた草、糸や紐などの農業用資材、棒切れや石ころを片付けて、トラクターや管理機で耕耘することができる状態にしましたが、すべての作業中に、いろいろ考えていました。何のために、どのように処理しているのか、そのあとどのような作業をするのか、出来る限り、考えて、頭を使いながらの作業をしました。そのためかどうかは分かりませんが、花粉症の症状はでませんでした。

12:00に作業を終えて家に戻りますと、妻が、<杉の花粉がまっ白に飛んでいるのに、大丈夫だったの・・・?>と心配そうに語りかけてきました。杉の花粉が飛んでいるまっさかりに、花粉症対策用のマスクもしないで農作業をするなんて、とても信じられないと、妻は思っていたようです。<今日の夜、いっぺんに花粉症の症状がでるのではないの・・・?>と心配していましたが、どうなることやら・・・? 

午後も、棚田の田で作業を継続しますので、夜をまたないで、午後、どうなることやら・・・? 棚田の田の東側の雑木林から、いろいろな小鳥の鳴き声が聞こえてきます。 異なる鳴き声が入り混じっていますので、小鳥たちが春の会議をしているのかもしれません。筆者の耳には、とても楽しそうな会話に聞こえてきます。

コメント

気のゆるみが花粉症を招く・・・?

2018年03月29日 |  3.花粉症

気のゆるみが花粉症を招く・・・?

筆者、そんな気がしはじめました。真剣に本を読んでいるときは、花粉症状がでなくて、目で字面を追っているだけのときは、花粉症状が酷くなります。

農作業をするとき、頭で、状況を分析しながら、適切な方法を判断して、実践、常に改良していく姿勢の時は、花粉症の症状を抑制でき、これまでの方法をただ踏襲するだけのときは、花粉症に襲われる・・・?脳の働きが活性化しているときは、花粉症の症状を抑制でき、脳の働きが低下しているときは、花粉症の症状がひどくなる・・・?花粉症の原因となる体内生産のヒスタミンを抑制するために、一番効果的なのは、脳の活性化・・・?

今日も、今年の米つくりのため、妻の実家の棚田の田の手入れをしますが、 手と足だけでなく、頭もフル活用することに・・・。花粉症のマスクは、着用しないで・・・。

自分のからだを使ってする人体実験・・・。その結果は、今日中に判明します。 

コメント

花粉症が一時的に収まる・・・

2018年03月28日 |  3.花粉症

今日の夜、風呂からあがって、自分の寝室で本を読んでいました。

科学と神学に関する本・・・。科学的なアプローチと神学的なアプローチの違いについて読んでいますと、またたくまに1時間が過ぎてしまいました。そして、ふと気がついたのは、その1時間、筆者、花粉症の症状に一度も悩まされなかったこと・・・。精神を集中して読書し、いろいろ考えていると、花粉症の症状を忘れることができるのでしょうか・・・?

花粉症は、アレルギー源を吸収するようになって、数分後から数時間後には症状がでます。体内にヒスタミンという物質が放出されることで花粉症の症状が出るようですが、精神を集中して読書していると、ヒスタミンの放出を抑制することができるようになるのでしょうか・・・? 

寝室に入る前、2時間ほど、空気清浄機をかけていましたので、アレルギー源が減少したため、花粉症がおさまったのかもしれませんが・・・。なにはともあれ、花粉症の症状が軽くなって、現在の状態は、-、±、+、++、+++の5段階の±・・・。 

コメント