部落学序説

<常・民>の視点・視角・視座から見た<非常・民>である<穢多・非人>の歴史的真実の探求

文責と著作権について

2005年09月01日 | まえがき

【文責と著作権について】

●文責について

『部落学序説-「非常民」の学としての部落学構築を目指して』の文責については、すべて、筆者である吉田向学個人にあります。

●著作権について


この論文作成のための費用については、すべて筆者個人の負担です。いかなる団体や組織からの援助・支援を受けていないことを明記しておきます。当然、この論文の著作権は、筆者個人に帰属します。

●「吉田向学」とは

吉田向学は、OCNのブログ人(有料サイト)で、ID・パスワード・メールアドレス等で特定された契約者(吉田向学の実名)と同一視されます。 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 対象読者 | トップ | ある聞き取り調査 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 小著(『至高の人西光万吉』)への深いコメント... (宮橋國臣)
2009-05-24 11:58:48
 小著(『至高の人西光万吉』)への深いコメントありがとうございました。本日、友人から「記載」のあることを知らされました。もはや、時節が過ぎ、古老からの聞き取りは不可能な時代です。なお、貴兄が言及されている諸問題には同感しています。
 小著に関連して最後になると思いますが、創立前夜の西光万吉の実存的生(自殺願望の真因)について、明らかにしておくのが小生の使命かと思い、小論をしたためているところです。
『至高の人西光万吉・水平社の源流わがふるさと』... (吉田向学)
2009-05-24 13:38:11
『至高の人西光万吉・水平社の源流わがふるさと』の著者・宮橋國臣さんからメールをいただくなんて、筆者光栄に存じます。その上、『部落学序説』について「同感」していただき、感謝の言葉もありません。これからも『部落学序説』とその関連ブログ群の執筆を続けていきますので、よろしくご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

まえがき」カテゴリの最新記事