ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

レディ・プレイヤー1

2018-04-16 23:49:54 | ら行

 

たしかに別世界を体験した感はあり。

 

「レディ・プレイヤー1」69点★★★★

 

**********************************

 

いまから遠くない未来の、2045年。

環境は汚染され、貧富格差は広がり、世界は荒廃している。

 

だが、人々はVRゴーグルをつけ、

その内部の仮想世界「オアシス」で、理想の自分になって

人と交流したり、遊んだりすることで

人生をなんとかやりすごしていた。

 

17歳の青年ウェイド(タイ・シェリダン)も、そんな一人だ。

ある日、「オアシス」の創始者が亡くなり、その遺言に世界は騒然とする。

それは

「オアシスに隠された3つの謎を解いた者に、莫大な財産とオアシスの権利を渡す」というもの。

 

ウェイドは「オアシス」で出会った仲間たちと

謎を解くための戦いに挑むのだが――?!

 

**********************************

 

スティーブン・スピルバーグ監督が、

最先端のテクノロジーによるビジュアルで

新たな表現に挑んだ作品。

 

なんですが、まず、ワシ、これ

VRゴーグルつけて見る映画なのかと思ってた(笑)。全然、わかってませんでした。

 

そうではなく、

いま多くの人がやっている(の?知らないけど)

通信型のゲーム世界のなかが、もっとリアルになったような話。

 

ファイナルファンタジーと現実映像のミックスというか、

ゲーム世界はリアルなアニメで描かれ、

実世界は実写で描かれ、そのふたつが混じり合って、話が進んでいく。

 

 

うーん、別世界を体験した感は大きいけど、

ごめんね、おばあちゃんには話がよくわからんのよ(笑)

いや、なんとなくは分かるんだけど、この映画が伝える意味がわからん。

 

結局、「バーチャルよりリアルが大事」ってこと?

いや、いまとっくに起きている事態を、より美しい映像で描いてるだけなのかしらん。

 

ただ映像はすごくきれい。

80年代ヒットソングはじめ、コンピュータ黎明期からのゲームやサブカルネタも満載で

このへんはわかるものもあってオモシロイ。

 

ワシも明らかにターゲット世代……のはずなんだけど、いや、もうちょい上なのかなあ。

宮部みゆきさんとか好きそうだなあと、思うのでありました。

 

★4/20(金)から全国で公開。

「レディ・プレイヤー1」公式サイト

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さよなら、僕のマンハッタン | トップ | ロンドン、人生はじめます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ら行」カテゴリの最新記事