ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

30年後の同窓会

2018-06-07 23:28:24 | さ行

 

リチャード・リンクレイター監督の新作です。


「30年後の同窓会」68点★★★★

 

*******************************

 

2003年12月。バージニア州ノーフォーク。

“サル”ことサルバトーレ(ブライアン・クランストン)が経営するバーに

見知らぬ男がフラリとやってくる。

 

が、見知らぬと思った彼はなんと

サルとベトナム戦争で一緒だった旧友“ドク”(スティーヴ・カレル)だった。

 

30年ぶりの再会を喜び合う二人は

同じくベトナム仲間のミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)に会いに行く。

 

再会に盛り上がる3人だが

ドクが現れたのには、ある理由があった――。

 

*******************************


「6才のボクが、大人になるまで。」(14年)
リチャード・リンクレイター監督。



かつてベトナム戦争に従事した男“ドク”が30年ぶりに仲間を訪ねる。

それにはある理由があった、という話で

何も知らずに観たい方はここまで!ですが

 

 

 

その理由までは言ってもいいと思うので言ってしまいますが

“ドク”は息子をイラク戦争で亡くしてしまったんですね。

 

で、息子の遺体を引き取りに行くのに

2人に同行してほしい、と頼む。

 

すったもんだのあげく、一緒に行くことになった2人は

車で引き取り場所に向かう道中、

昔話&バカ話をし、あのころを振り返りながら

それぞれの歩んだ道、歩まなかった道、そして、現在の問題などに直面していく――という。

かなりガチに中年男3人のロード・ムービー×会話劇です。


彼らのバカ話に

「神を信じるか否か」「戦争について」など問題提起が入ってるのがミソ。

ひいては

「アメリカという国」について考えさせられる。

なかなか深い、と感じました。



ただね



まあ、この男たちのよくしゃべること(笑)

(まあ主に“サル”がしゃべってるんだけどね。笑)

 

それに、リンクレイター監督って

「スクール・オブ・ロック」も「6才の~」も好きなんですが

ときどきワシには、笑いも説明もいろいろに「くどい」と感じる部分があって

それが今回、出汁に出過ぎちゃったかな、と。

 

ま、これも相性だと思いますけどね。

 

★6/8(金)から公開。

「30年後の同窓会」公式サイト

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vision | トップ | ザ・ビッグハウス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

さ行」カテゴリの最新記事