ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

サマーフィーリング

2019-07-06 11:17:05 | さ行

「アマンダと僕」監督作品。

ワシ、こっちも好き。

 

「サマーフィーリング」80点★★★★

 

********************************

 

ドイツ・ベルリンの、ある朝。

サシャは目覚めると

シャワーを浴び、コーヒーを飲み、身支度をする。

 

ベッドでは

ボーイフレンドのロレンス(アンデルシュ・ダニエルセン・リ-)が

まだ眠っていた。

 

サシャは緑溢れる公園を横切って

職場に出かけていく。

 

が、平穏な1日を終えて、家へ帰る途中、

サシャは突然、倒れて帰らぬ人となってしまう。

 

病院に集まったサシャの家族とロレンスは呆然とする。

ロレンスは、サシャの面影のある妹ゾエ(ジュディット・シュムラ)の顔を

しっかり見られない。

 

そして1年後。

ロレンスとゾエは、それぞれに喪失と向き合っていた――。

 

********************************

 

 

「アマンダと僕」監督がアマンダ~より前、

2015年に撮った作品です。

 

恋人を亡くした青年の喪失と回復を、穏やかに描き、

テーマも「アマンダ~」に重なる。

 

しっかし、ミカエル・アース監督はガチでうまいなあ。

 

日々のなんでもない世界の輝きを

緑と光いっぱいに描く。

そのなかで、突然の喪失がある。

 

それでも、世界は続き

残された人は、日々を生きていく。

 

喪失から時間がたっても、突然悲しみが「ぶわっ」と込み上げてきたり

突然、どうしようもない寂しさに襲われたり。

 

そんな人の心の動きを、繊細にやさしく描き、

誰の心にもあるだろう悲しみの傷や痛みに

そっと触れてくるんですよね。

 

目にする限り、インタビューなどでは明言していないようだけど

喪失、兄妹、子ども、人と人の距離――

同じテーマを繰り返すことには、

やはり自身の体験に、関係あるのだろうか、と思ってしまう。

 

そして「アマンダ~」の主人公ダヴィッドと同様、

常に手ぶらで、Tシャツにジーンズで

フラッと街を歩くロレンス。

 

スマホもいじらず、人と会話し、風に吹かれる彼は

なんだか「生きている」感じがするなあと、思う。

 

ロレンス役のアンデルシュ・ダニエルセン・リーは

ウトヤ島の事件を描いたNetflixドラマ、「7月22日」の記憶も新しい俳優。

この人、医者でもあるんだって!マジか。

ゾエ役のジュディット・シュムラは

「女の一生」(16年)の印象深いヒロイン。

 

同じ喪失を共有しつつ、別々に時間を進めていく。

この二人の距離感も、好きでした。

 

★7/6(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国で公開。

「サマーフィーリング」公式サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« 田園の守り人たち | トップ | シンク・オア・スイム イチか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

さ行」カテゴリの最新記事