ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

グリーンブック

2019-02-27 23:30:33 | か行

これは満足度高し!

アカデミー賞作品賞は納得、だと思います。

 

「グリーンブック」80点★★★★

 

************************************

 

1962年のニューヨーク。

ナイトクラブの用心棒トニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は

ハッタリと腕っぷしで重宝されている。

 

が、ナイトクラブの閉店で、

トニーは別の仕事を探さねばならばならなくなった。

 

そんな彼が面接に行ったのは

黒人ピアニスト、ドクター・ドナルド・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が住む高級マンション。

ドクターは南部をまわるコンサートツアーの運転手兼用心棒として

トニーを雇おうとする。

 

黒人に偏見を持つトニーは一度は仕事を断るが

偏見のない良妻(ドロレス・バレロンガ)の後押しもあり

しぶしぶ仕事を引き受けることに。

 

こうしてツアーがはじまるが

英才教育を受け、上流社会で生きてきたドクターと

ガサツで無学なトニー。

凸凹コンビの道中は、想像以上にトラブルだらけで――?!

 

************************************

 

これはおもしろい映画ですぞ。

先のアカデミー賞で作品賞含む3部門受賞。

もし観客賞あったら、たぶんこれが獲ってると思うし

納得でした

 

1962年。黒人差別がいまだ根強い米社会で

天才黒人ピアニストが、

雑〜なイタリア男と演奏旅行に行くが――⁈という話で

しかも実話が基。

 

お金持ちだけど孤独なピアニストと

ガサツで無学な用心棒。

 

出自も、教養も、品性も違えば、

モラリストかハッタリ屋か、も違う

何もかもが正反対な彼らの、凸凹っぷりがおもしろい“バディムービー”だとは想像できますが

 

これが

予想以上にコクがあり、幾重にも重なったうまみと深みがあり

さらにたっぷりの笑いがあって最高でした。

 

なにより、ヴィゴ・モーテンセンが

こんなに笑いと味ある出っ腹のおっさんになりきるなんて!

 

品格あるピアニストに扮したマハーシャラ・アリも素晴らしいし

(祝・助演男優賞!)

ケンタッキー・フライドチキンのエピソードや

ドクターがトニーの気持ちを代弁して書かせる奥さんへの手紙、など

 

実話がまれに陥りがちな、ある種の“かせ”にも収まらず、

笑ってグッとくるエピソードと、それをなすキャラを

ちゃんと映画的に輝かせている点が

とてもよいと思いました。

 

受賞ホヤホヤのタイミングでの公開も

ベストになってよかった!

 

★3/1(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか、全国で公開。

「グリーンブック」公式サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« 翔んで埼玉 | トップ | 天国でまた会おう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

か行」カテゴリの最新記事