ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

グレタ GRETA

2019-11-09 23:32:21 | か行

予想以上にイヤ〜な怖さが持続する・・・・・・!

 

「グレタ GRETA」70点★★★★

 

************************************

 

NYの高級レストランで

ウェイトレスをするフランシス(クロエ・グレース・モレッツ)は

帰宅中の地下鉄で、誰かが置き忘れたバッグを見つける。

中には落とし主のIDカードも入っていた。

 

遺失物センターが閉まっていたため

しかたなくバッグを持ち帰ったフランシスは

親切心からIDカードを頼りに

持ち主であるグレタ(イザベル・ユペール)の自宅に

バッグを届けに行く。

 

出迎えたグレタはフランシスに感謝し、

お茶に誘う。  

 

母子ほど年の離れた二人は

どんどん親密になっていくのだが――?!

 

************************************

 

イザベル・ユペール大好きだけど

正直あまり期待してなかったんです(すみません。笑)

 

でも、これが意外に、最後の最後までかなり怖かった。

 

地下鉄で拾ったバッグを

持ち主に届けたヒロイン(クロエ・グレース・モレッツ)が

思わぬ自体に巻き込まれる――というスリラー。

 

親切心が仇になる現代の病理が

なかなかリアルに描かれていて

 

ストーカー心理や執着の描写、

ホラー要素にサイコな心理要素が絡み、

ゾクッ、ゾゾゾ、うわぁ(いやだ~)・・・・・・の三段ステップで

ラストまでイヤ〜な感じが続くんです。

 

 

バッグひとつで善人な女性を釣る――ってアイデアがおもしろいし

若くて屈強そうなクロエを

華奢で年配のユペールが翻弄する構造も

実際にある「この手の人々」のずる賢さを強調していて、

うへぇ~~と思いました。

 

深みはそこそこですが、まず構築がうまいなあと。

それに

グレタの友人役のエリカがえらい!

 

ファンとしては

ユペール様の「すごみ」や「怖さ」を

あまりこういう方向に使ってほしくないのだけど(笑)

どうにも最近、怖キャラが多いよね・・・・・・。

 

怖っ――!の切っ先が一番鋭かったのは

やっぱりミヒャエル・ハネケ監督の「ハッピーエンド」(18年)

そして「エル ELLE」(17年)ですかねえ。

 

★11/8(金)から公開中。

「グレタ GRETA」公式サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« 永遠の門 ゴッホの見た未来 | トップ | i ー新聞記者ドキュメントー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

か行」カテゴリの最新記事