ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

夜明け

2019-01-16 23:53:51 | や行


是枝裕和×西川美和氏の愛弟子の初監督作。

力作と思う。



「夜明け」71点★★★★



******************************

 

とある、郊外の田舎町。

朝、釣りをしにきた哲郎(小林薫)は

水際に倒れている青年(柳楽優弥)を見つける。

 

哲郎は青年を助け、自宅に連れ帰り、介抱する。

そして行く当てのなさそうな彼を、

哲郎は自身の経営する木工所で雇おうとする。

 

何しに来たのか、どこから来たのか
何もかもハッキリとしない青年をなぜ、そこまで?

そして青年には、何があったのか?


そこには、お互いの、ある過ちの過去があった――。



******************************


是枝裕和×西川美和氏が立ち上げた

制作者集団「分福」の新人、広瀬奈々子監督のデビュー作。


全てにおいて、もそもそ、モゾモゾ、はっきりしない青年(柳楽優弥)の
会話にならない遠慮や恐縮、
ときどき爆発する不安定さ。

観ていてかなりイラッとするんですけど(苦笑)

その「居かた」は
若者らしく、かなりリアル。



手持ちカメラの手ぶれ、
日暮れ、夜明け前など「暗さ」を生かした映像も

ドキュメンタリーとリリカルのはざまを切り取るようで、印象に残りました。

 


見ず知らずの青年の面倒を見るおっさん(小林薫)も

青年が働くことになる木工所の従業員たちも

優しすぎるほどにやさしく

青年は
やさしさ、にくるまれてはいる。

なのに、どうしても、それをそのままに受け入れられない。

 

そのモゾモゾ。

 

なぜ、おっさんがそこまで彼にやさしいのか。

そこには自身が息子を亡くした経験をしている、という背景があり

彼は青年に、亡き息子を投影するわけですね。

 

父と子のぶきっちょな関係、青年が犯した過ち……

核となるもの自体には微妙に既視感があり、話の甘さも気になりはする。

 

ただ、その描写の「空気」に「いま」があり、
目を離せずに見入ったのはたしかです。

 

そして、たまたまなのですが

昨日、試写で観た

スティーブ・カレル×ティモシー・シャラメ主演の「ビューティフル・ボーイ」(4月公開)

この映画にすごく通じるものを感じたのです。

やさしさに包まれているのに、そこに居られない青年。

なぜ、何が苦しいのか。

もがく若者をそのままに、なところが「いま」の叫びなのかもしれない。

 

★1/18(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開。

「夜明け」公式サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« ヒューマン・フロー 大地漂流 | トップ | バハールの涙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

や行」カテゴリの最新記事