ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ヘイトフル・エイト

2016-02-23 23:46:11 | は行

映画から受け取ったものは、間違ってなかった!(自信)
でもそれがハマるかは、別の話……(笑)


「ヘイトフル・エイト」55点★★★


***********************************


カウボーイの時代。

賞金稼ぎのウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)は
雪の中を走ってきた駅馬車をヒッチハイクした。

馬車には同じ賞金稼ぎのルース(カート・ラッセル)と
その獲物であるデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)がいた。

途中で新任保安官(ウォルトン・ゴギンズ)を乗せ、
とりあえず猛吹雪から逃れ
ロッジに到着した彼らだったが
そこには先客がいた。

しかも、全員どこかワケありな様子で――?!


***********************************


クエンティン・タランティーノ監督の新作。

開始20秒、
ワイド画面で雪景色が延々と写され、
点のような馬車が、だんだんこちらに近づいてくる・・・というシーンで

どうにも、やたらと尺が長いなあ
(しかも「ニーチェの馬」とかの長さとは違うなあ)
カメラを回すのが楽しくて
写ったものを見るのが楽しくてしかたない!という感じだなあ・・・・・・
と思ったんですが

後で資料を見たら
わずかな映画でしか使われていない
70ミリフィルムで撮影をし、
さらにワイドスクリーン用のアナモルフィック・レンズを使い
2.76:1の比率で撮った類い希なる映像、だそうで
(学校で習った気がするけど忘れたよー。笑)

うわお!映画から受けた印象は間違いなかった!と思いました。
そんだけですが(笑)

ただ、そのへんのことは
観る前に知っておいたほうがいいのかもしれません。
そこに「垂涎」できないと、
延々と映像を見せられる感じは否めないかも。


で、中身はと言いますと
クセモノたちが、豪雪のロッジに閉じ込められ
そこで殺人が起きて――?!というもの。

これも予想はしていましたが
あまりミステリーの味はなく
血が飛び散る殺し合いで。

裏切りやかけひきが多少あっても
飛び散って終わってしまうので、物足りない。

ただ
エンリオ・モリコーネが担当した音楽は
さすがに迫力があってぴったり。
(この二人にも、いろいろ因縁?があったようですが

映画単体よりも、いろいろほじることを要求されるのが
タランティーノ作品らしいとも言えるけど

結論としては
やっぱり監督が一番、楽しそうでした(笑)


★2/27(土)から全国で公開。

「ヘイトフル・エイト」公式サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« クーパー家の晩餐会 | トップ | 偉大なるマルグリット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

は行」カテゴリの最新記事