ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ライク・サムワン・イン・ラブ

2012-09-13 23:33:09 | ら行

外国人が日本で映画を撮ると、大抵失敗するけど
これは成功例すね。

「ライク・サムワン・イン・ラブ」73点★★★★


*************************

夜の新宿。

賑やかなバーにいる明子(高梨臨)
電話で呼び出され、タクシーである場所に向かう。

着いた先は、
80歳を超えたタカシ(奥野匡)の部屋。

どうやらこれは彼女の仕事らしい。

タカシは明子を亡妻に似ていると言う。

翌朝、タカシが車で明子を大学に送ってやると、
そこに
明子の婚約者だという男(加瀬亮)が現れて――?!

*************************


「友だちのうちはどこ?」、最近では「トスカーナの贋作」で知られる
イランのアッバス・キアロスタミ監督が、
日本人俳優を使い、日本語で撮った作品。

おそらく、会話や翻訳に
さほど干渉していないのでしょう、
役者の演技もセリフも自然で見やすかったですね。

しかし
登場人物たちの素性や関係性がまったく不明なまま、
会話と物語がどんどん進むので

どこか人物たちが「プレイ」しているような、
まあもともと演技なんだけど、
そのなかでまた嘘っこのプレイをしているような?
不思議なフェイク感覚がある。


そこらへん前作「トスカーナの贋作」に通じてる感じなんですが、

まあ
最初はワケわからず、ちょっと退屈したりして。

しかしこれが
気づくとズブズブとその世界に引きずりこまれており、
「えっ?終わっちゃった?」という、
典型的な麻薬ムービーでした(笑)。

人をくったような終わりかたも、たまりません。


主演の奥田氏の、
一拍置いたリズムが落ち着くし、

彼が住む“昭和の匂いプンプンなインテリの部屋”にもグッとくる。

さらに
そんなゆっくりしたムードを一変させる
加瀬亮がいい。

彼の登場で、場が一気に「芝居」に転換しましたね。
なかなか見事でした。

こういう役もイケるなあ。


★9/15(土)から渋谷ユーロスペースほか全順次公開。

「ライク・サムワン・イン・ラブ」公式サイト
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« わたしたちの宣戦布告 | トップ | ヴァンパイア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ら行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事