ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

心と体と

2018-04-12 23:14:05 | か行

 

いい映画。見るべし。

 「心と体と」77点★★★★

 

************************************

 

ハンガリー・ブダペストの食肉処理場に

代理の職員としてやってきた

若く美しい女性マーリア(アレクサンドラ・ボルベーイ)。

 

だが彼女はコミュニケーションが苦手で

周囲と決して交わらない。

 

上司のエンドレ(ゲーザ・モルチャーニ)は

彼女を気にかけ、会話を試みるが、どうもちぐはぐでうまくいかない。

 

だが、あるとき

エンドレは自分と彼女の、驚くべき共通点を知ることに――。

 

************************************

 

本年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作。

 

なんというか、観たあとに

いたわりの気持ちのような、ほの温かい何かが、身体中に染み渡る。

不思議だけど、いい映画です。

 

まず冒頭、しんしんとした雪景色のなかにたたずむ

二頭の鹿のシーンで、グッと心を掴まれる。

 

その静謐な美しさに、息を止めると同時に

いまにも銃声がとどろきそうな不安にドキドキしますが

しかし、全編通じて、鹿には危険は起こらないので、ご安心を。

 

舞台となるのは食肉加工場で、

そこで運命を待つ牛たちの目や様子は悲しいけれど

なぜ、この場が舞台になっているかにも、ちゃんと意味がある。

 

鹿のいる清らかな風景と、血の流れる現実。

生々しい生の手触りと、目に見えない、人と人の隔たり。

すべてが対をなし、物語を織り上げているんですねえ。

 

 

ヒロインのマーリアは

「あいまいさ」が苦手で、予定の変更に対応できない。

異様に片づいた自宅に一人で暮らし、

明日するかもしれない会話をシミュレーションして、練習する。

見ている観客は

すぐに彼女がアスペルガー症候群かな、と感じ取れるんですが

 しかし、彼女を気にかける上司エンドレは、そのことになかなか気づけない。

 

そんななか、ある出来事から

彼らの思いがけない共通点が明らかになる。

 

それは「同じ夢を見ている」こと。

そう、冒頭から繰り返し挟まれる「雪の中の二頭の鹿」は

二人の見ている夢なのです。

 

なんだかファンタジー方面にいきそうですが

この映画は、その不思議もしっかり「現実」に巻き込んでいく。

 

そこがおもしろい。

 

で、夢のことを知った二人は、お互いをいっそう意識し始める。

同じ波長や、想いを感じとりつつも、

しかしエンドレはまだマーリアの「特徴」に気づけないので、

その展開は異様なほどもどかしい(苦笑)。

 

そんな不器用な二人に、周囲の人々が、ものすごーくささやかに、

小さなエールを送ったりしてるのも、なにげにいいんですけどね。

 

描かれているのは

人と人が本当の意味でコミュニケーションを取ることの難しさ。

映画の二人だって、これからどうなるか、別にすごく明るいわけじゃない。

 

でも

パーッと明るい光が刺すことはないけれど

ここには、たしかにかすかな、ぬくもりがある。

 

それは薄い陽の光をいとおしむ、

東欧の人の想いに、触れたような感覚でもありました。

 

★4/14(土)から新宿シネマカリテ、池袋シネ・ロサほか全国順次公開。

「心と体と」公式サイト

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 女は二度決断する | トップ | さよなら、僕のマンハッタン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マーリア=鹿の化身? (鹿追町)
2018-04-18 21:09:44
心と体と/謎めいた恋物語 静かな興奮/シネマ万華鏡。 (日経紙の映画評)曰く、昨年のベルリン映画祭で最高賞を獲得したハンガリーの作品。・・・ラブロマンスだが、中身の恋愛はかなり風変わりなもので、そこはかとなく滲みだすユーモアが捨てがたい。秀作である。舞台はブタペストの食肉処理場。・・・エンドレとマーリアが別々に行なった夢の告白・・・二人は牡鹿と牝鹿として同じ夢を見ていたのだ・・・設定はまるでファンタジーだが、その突飛な設定に徐々に確かなリアリティをあたえていく演出が見事である。この謎めいた設定が・・・最後までサスペンスを持続させ、恋物語という以上の静かな興奮を映画にあたえつづけるのだ。物語は・・・最終的にヒロインの心の不思議さに焦点を絞りこんでいく。・・・ラストには(恋愛の)困難を乗りこえる強い感動が待っている。 イルディコー・エニェディ監督。

→→→ちょっと待った。「ラストの強い感動」って、何? マーリア(アレクサンドラ・ボルベーイ)の自殺が未遂に終わったこと? それとも、マーリアとエンドレ(ゲーザ・モルチャーニ)の不器用な恋愛が成就し、一緒に暮らし始めたこと? それは「静かな感動」ではあっても、「強い感動」とは思えませんでした。 「サスペンス」と「ヒロインの心の不思議さ」には、同感です。マーリアは狂女ではありませんが、心の病(発達障害? 人格障害?)を抱えていることは確かだからです。 私自身は、マーリアの奇怪な行動を見るにつけ、「彼女は、外観=成人女性でも、心=童女のままの病人なのではないか」と勘繰ってしまいました。 或いは、「彼女の正体=牝鹿の化身であって、人間の姿を借りているだけなのではないか」とも考えたりして。 多分、無意識のうちに 本作を東洋風の伝奇(ホラー)と解釈してしまったのかもしれません。
たしかにw (ぽつお番長)
2018-04-24 10:00:47

お互いの想いは通じたと思いますが
エンドレさんは
まだまだマーリアのこと
ぜーんぜん、わかってないですよね(苦笑)

めでたし、めでたし、でなく
この先、多くの困難があるだろうなあと
予感させるところが、またリアルでワシは好きです。

コメントを投稿

か行」カテゴリの最新記事