ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

よこがお

2019-07-31 23:53:59 | や行

筒井真理子氏の横顔、市川実日子氏の目の奥に

ギリギリの「淵」をたしかに見ました。

 

こわ。

 

 

「よこがお」75点★★★★

 

 

************************************

 

訪問看護師の市子(筒井真理子)は、

献身的で面倒見のよい女性。

 

周囲からの信頼も厚く

訪問先の娘でひきこもりがちな基子(市川実日子)の勉強も見てやるほどで

基子は市子をとても慕っていた。

 

市子には恋人(吹越満)がおり、

彼女は彼と彼の幼い連れ子と

つつましくも平和な家庭を築こうとしていた。

 

――が、そんな矢先、

ある事件が起こる。

 

そして市子は

すべてを失うほどに追い詰められていき――?!

 

************************************

 

 

深田晃司監督の新作。

 

期待どおり、見応えありました!

 

善き訪問看護師の人生が

ある出来事で一変するお話で

 

 

日常と地続きに起こる事件の

じわじわとくるイヤ〜な感じ。

不穏や緊迫感が

静かにノンストップに首をしめてくるような

 

「淵に立つ」(16年)に繋がる、深田ワールドの真骨頂!だと思います。

 

 

ヒロイン市子を演じる筒井真理子氏が

とにかく出ずっぱりで、迫真。

人の良さそうなその横顔が、一瞬で雑で下卑た感じになる

冒頭シーンの、豹変の見事さといったら!

 

あそこからタイトルをとったのだろうか?

と思うほど、印象が強かった。

まあ、すべては監督の計算のうち、と思いますが

 

筒井氏は

日本映画ではなかなか行かない場所に行かん、としている監督の要求に

きっとそれ以上をもって応えたのだろうなと思います。

 

 

明るい陽射しのなか、穏やかに、しかしズブズブと

人の内面をこれでもかとえぐっていくさまといい

なんだかフランス映画みたいなんですよね。

イザベル・ユペールがヒロインでもおかしくない感じ。

 

また、基子役・市川実日子氏の存在が

きっついんですわ(笑)。

 

基子は市子を慕っていながら、だんだんと攻撃性を見せていく。

 

一瞬、「市子が結婚して、一人だけ幸せになることが単にいやなのか?」とも思うんですが

その底に彼女への恋愛感情があるとわかる。

 

 

愛情が執着になり、愛憎になっていくさまが

実に自然でリアルで

 

このへんの描写には

かなりゾッとした。

 

さまざまなラストが予感でき、

しかし、そのどれにも当てはまらないエンディングを

もぐもぐと反芻するのでした。

 

AERAdot.に監督インタビューが掲載されています。

映画と併せてぜひ、もぐもぐと。

 

★7/26(金)から角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国で公開。

 

「よこがお」公式サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« 存在のない子供たち | トップ | 北の果ての小さな村で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

や行」カテゴリの最新記事