ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

おらおらでひとりいぐも

2020-11-07 14:21:06 | あ行

まず、冒頭にぶっ飛ぶと思います(笑)

 

「おらおらでひとりいぐも」70点★★★☆

 

*********************************

 

75歳の桃子さん(田中裕子)は

夫に先立たれ、一人暮らし。

 

毎朝、寝床から出て、朝ご飯を食べ、

TVに独り言を言い、病院に行けば長時間待たされ、

図書館で趣味の本を読み、黙々と勉強する。

 

そんな毎日の繰り返しのなかで

桃子さんの「心の声」が

目の前に現れて――?!

 

*********************************

 

「キツツキと雨」(12年。これ名作!)「モリのいる場所」(18年)などで知られる

沖田修一監督が

芥川賞受賞の同名小説を映画化。

 

夫に先立たれた75歳・桃子さんの

日常を描くもの――と思うと

冒頭にぶっ飛ぶと思います。

え?宇宙の神秘?NHKスペシャル?みたいにはじまるから(笑)

 

中身も、基本は桃子さんの毎日なのですが

そこに原作にもある

桃子さんの心の声を、擬人化し(濱田岳×青木崇高×宮藤官九郎の3氏が担当)

さらに回想シーンとして、

蒼井優さん演じる若き日の桃子さんの場面がはさまる、という。

 

かなりファンタジー色がつよく

「モリのいる場所」の、あのラストの不思議さをずっと見ている感じもあり

ワシとしては

たとえフツー過ぎても、桃子さん(=田中裕子さん)の毎日を追うだけでもよかったかな、と思いましたが

そこは好みでしょうね。

 

だって桃子さんのフツーの日々を見ているだけで

十分、満足で楽しいんだもの。

 

沖田映画は、いつもながら美術がしっかりしていて

決してオシャレだったりしない

フツーの郊外の一市民の暮らしぶり、

家の細々した小道具を見ているだけで、なんとも心ほぐれるし

 

飯島奈美さんによるフツーの目玉焼きやお弁当も

めっちゃくちゃおいしそう。

 

そんななかで、一人生きる桃子さんをみていると

一日、一日を

淡々と積み重ねていくことの滋養を

しみじみと感じるのです。

 

自分もこんなふうに、一人でもきちんと生きたい

(部屋も片付けて!)と思うし、

離れて暮らす老親たちのことも考える。

特に、「息子と思ってください!」的に車のセールスをする青年との

やりとりにね

ほのぼのしてるんだけど、

ちょぴっと心がキシッときしんだのでした。

――今日も、親に電話しとくか。

 

★11/6(金)から全国で公開。

「おらおらでひとりいぐも」公式サイト


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« PLAY 25年分のラストシーン | トップ | ホモ・サピエンスの涙 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (大阪マラソン)
2020-11-07 18:02:42
今日観てきましたよ。
本作は妄想というかファンタジーと表現するべきか?

いずれにしても、沖田監督の自由さが強く感じられました。監督が一番脱力してるんじゃないかと勘違いしそうでしたが、中々ち密に計算されたと思われる「間」の取り方は名人芸ですわ(勝手な思い込みかもしれませんが)。

特に、警官役の黒田さんは、キツツキの古舘さん同様存在自体が笑えましたね。

唯一の不安は若年層はスルーだろうな~と思う点ですね。
ホントに (ぽつお番長)
2020-11-08 23:46:54

沖田監督の「らしさ」が
炸裂してると思いましたw

桃子さんのありとあらゆる日常が
遠くない自分の未来でしたねえ。。

病院で延々待たされて
3分診療(それより、短い!)のシーンが
リアルでした。。。

コメントを投稿

あ行」カテゴリの最新記事