英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

畠田理恵(羽生理恵)はよくがんばっていると思います

2010-11-06 15:38:01 | 将棋
 『女性自身』を買いました。
 例の「畠田理恵 夫・羽生善治名人との“子連れ別居”胸中を直撃告白!」という記事を読むためにです。
 購入する時、《今週はなんだかむさ苦しいおじさん買っていくわね》なんて店員さんが思っていないのかななんて考えていました。

 で、内容ですが、あまり詳しく書くと営業妨害になるので、簡単に(2ページほどなので、簡単とかいうほどのものではないです)。
 ごく普通の夫婦にあるようなごく普通の「すれ違い」という程度のものらしいです。子育てに追われて夫が放置状態という見方もありますが、どちらかというと子育てや家事を妻が一手に背負って奮闘しているという印象です。
 ピアノ、バレエ、習字、公文と、とにかく習い事が多く、次女はその上、横浜でフィギュアスケートを習っているとのこと。朝錬まであるので、食事の関係から横浜に拠点を置いて、学校や習い事の送り迎えをしたほうが効率が良いからだそうです。世田谷の自宅でも家事をこなしているようで、確かに大変そうです。
 羽生名人が将棋に専念できずに、羽生将棋が変質するのは困りますが、「羽生君、ちっとは手伝ってやれよ」と言いたくなってしまいます。
 棋界一忙しい羽生名人ですが、移動日などを含めても毎日対局があるわけではありません。もちろん、対局がない日は研究に余念がないでしょうけれど、傍から見る限りボーと座っているだけに見えますからね。
 この点、将棋経験者を妻に持つ渡辺竜王は、恵まれています。『妻の小言』を読む限り、夫(渡辺竜王)をぞんざいに扱っているようですが、棋士の心情を理解してさりげなくフォローしているようです。
 もちろん、理恵夫人もがんばっているはずです。子育てに奮闘しているのはもちろん、羽生名人のすばらしい戦績は理恵夫人の支えがあったからこそでしょう。


 昨日も王将リーグで渡辺竜王に破れ、旗色が悪いのですが、この苦境を打破する特効薬は、理恵夫人と娘たちの笑顔かもしれません

 情報に踊らされて、余計な本を買ってしまいました。確かに、見出しには偽りはありませんね。
 上記の見出しはネット上のもの。
 週刊誌の表紙の見出しは「子連れ別居!畠田理恵“天才妻”の意地告白」
 ページ中の見出しは「夫・羽生名人と別居!愛娘2人と新生活8カ月、妻の胸中告白」
 でした。
 やられました。
ジャンル:
文化
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 11手詰(中田章道七段作)... | トップ | 倉敷藤花戦 BS囲碁・将棋... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
羽生名人!? (勝手新四朗)
2010-11-07 09:03:34
有名人の宿命か、羽生名人も公私に大変ですね。
確かに、王将リーグ連敗は衝撃ですが、それまでが勝ち過ぎという感じもします。
10割 (英)
2010-11-07 10:01:37
勝手さん、こんにちは。

>それまでが勝ち過ぎという感じもします

いえいえ、私は全部勝って欲しいと思っています。
でも、王将位挑戦は次期でいいですから、竜王位を奪取、いえ、とにかく1勝して欲しいなと切に思っています。
家政婦ぎらい (岡本哲)
2014-02-01 05:06:20
 十分なお金があっても家政婦やひとを雇うのを嫌う奥さんがいて、夫側からは勝手に忙しがってる、という思いがある場合もありますから。
 50年前だったら愛人をつくってもスキャンダルでもなんでもなかった(昭和33年ごろの大山無冠時期についでに報道された程度)のが、中原以降は大事件扱いですからねえ。
勝手なイメージとして ()
2014-02-01 09:57:10
岡本さん、こんにちは。

>十分なお金があっても家政婦やひとを雇うのを嫌う奥さんがいて、夫側からは勝手に忙しがってる、という思いがある場合

 なるほど、そういう状況も考えられますね。
 私の勝手なイメージとして、「羽生さん」と「家庭」は関係が薄そう。留守にする日も多いですし、在宅時も将棋のことばかり考えていそうです(傍から見ると暇そう)。
 夫との関わりが薄いので、妻は子供たちに思いが集中しそうです。

>50年前だったら愛人をつくってもスキャンダルでもなんでもなかった

 羽生さんが愛人を作ったら、大騒動になりそうです。
羽生善治の愛人 (かみしろ)
2014-02-01 14:34:47
チェスの女神辺りでしょう。

もし若手の女流に手をつけていたとかあった日にはこの先何を信じて生きたものか。

将棋棋士の家庭事情は殆ど巷間に明らかになることがないので実際問題よくやっている? のかいないのかわかりませんが、一将棋ファン、羽生ファンとしては詮索するようなことでなし、詮索しても面白くもなし。
羽生さんが家庭に大きな時間をかけられる筈もないですが、羽生さん自身手がかかるようにも思えないので、存分に子育てに注力しているのでは。
個人的には夫婦間よりも母子間の過干渉による弊害が心配といえば心配ですが、そんなのはそれこそ外から見ててわかるわけもなし。
家庭円満でプラスになってほしいです ()
2014-02-01 17:10:23
かみしろさん、こんにちは。

 仰る通りですね。
 夫婦円満で、親子関係も良好で、それが羽生さんの将棋にプラスになってほしいです。

 興味本位の記事になってしまい反省しています。
 この記事をアップした時の意図は、「世間が騒ぐほどのことではないよ」というものだったと記憶しています。ネットの見出しが過激でしたから。

 既に3年以上経っているのですが、この記事にずっとある程度のアクセスがあります。アクセス解析で、毎日、アクセス記事ベスト20まで把握できるのですが、ずっと5位~15位くらいをキープし続けています。
 
「このブログの人気記事」でみつけてしまいました (たまも)
2014-02-17 10:50:24
医者の待合室で、女性誌しか置いてない時に読むこと
があるのですが、女性誌の記事は

①難病と闘う(または難病の家族を支える)有名人をほめる。
②有名人の家庭のもめ事を大げさに描く。
(もしくは、後でたたくことを想定してほめる)
③健康豆知識。

の3つで成り立っているような気がします。

羽生さんが7冠の時点で結婚し、のちにタイトルが
減ったことに対して、理恵夫人を「下げマン」と書いた
雑誌がありました。もちろんタイトルは7より増える
訳もありません。
何故か、人気記事です ()
2014-02-17 14:52:58
たまもさん、こんにちは。

>「このブログの人気記事」でみつけてしまいました

 そうなんです。3年以上も前の記事なのですが、未だにコンスタントにアクセスがあります。(アクセス解析によると、日毎のアクセスで、常に3位~8位をキープしています。不本意です)
 この記事以降、羽生夫妻がどういう状況なのか知りませんが、現在どうなのかは知りません。
 Googleで「羽生名人」や「羽生善治」で検索しても、私の記事は上位にきません。「羽生理恵」「畠田理恵」、あるいは「羽生」&「離婚」などのキーワードでないと、上位に来ないので、世間ではそういう興味が強いのでしょうね。

 女性誌の傾向は、勉強になります(笑)

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

いまさらながら書道を習い始めました (nonちゃん始めました)
習い事を始めた記念ブログ