英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

『JIN-仁-』 修正加筆あり

2011-06-30 20:40:00 | ドラマ・映画
 実は、第4話(恵姫のこぶの治療の話)からしか見ていません。前シリーズは最終回の2、3回前の1話しか見ていません。なので、レビューを書くのは、おこがましいのですが……

 面白かったです。1話1話見ごたえがあるのですが、面白いのであっという間に終わってしまうという感覚でした。
 南方仁、坂本竜馬、咲を中心に絡みあう人間模様。仁に感化され、また、仁も影響を受け成長していく。仁と咲はどうなるのか?竜馬暗殺を防げるのか?仁は何故、何のためにタイムスリップしたのか?歴史は変えられるのか?歴史の修正力は?
 竜馬が死に、最終回の見どころは、仁はどうなるのか?……咲くと結ばれるのか?それとも現代に帰れるのか?……さらに、タイムスリップにまつわる謎が解き明かされるのか?そして、キズを負い、緑膿菌に感染した咲を救うことができるのか?

 と、力説してしまいました。たぶん、この記事を読まれる方は、今更私が興奮してまくしたてなくても、状況は充分に承知しており、盛り上がりも最高潮だったのではないでしょうか?
 私をよく知る方は、私が記事に取り上げるのは、「ケチをつけるに違いない」と予想していることと思います。
 ……半分当たりです(笑)。いえ、半分ではなく四分の一当たりです。結末も満足していますし、大いに感動しました。
 じゃあ、四分の一のケチの部分は何なのか。タイムスリップに関する部分に、疑問と言うか、不満が残りました。あ、もちろん、ドラマとしては満足していています。以下は、SF的に不満な点を書いてみたくなったわけです。
 なので、以下はSF的に私が不満と感じたことに、興味がある方だけ、お読みください。それで、「それは違うよ」と、私の疑問を解消してくださるコメント、或いは、「そうだ。確かに変だ」と同意してくれるコメント、などくださるとうれしいです。が、「相変わらず、バカでしょーもないイチャモンを言っている」と笑ってくださってもかまいません。

【疑問・不満点】
①パラレルワールドを使って、事象の説明をつけた。
 パラレルワールドはタイムスリップで起こるパラドックスを解決するのに便利です。今回もパラレルワールドの存在を使って、事象の説明をつけていました。確か、仁もそのタイムパラドックスの説明を受けて、「もともと違う世界にタイムスリップしたのだから、何もしていなかった(歴史を変えていなかった)ことになるのでは」と理解?していました。
 確かに、これを使うと、多少の無理な展開をしても矛盾を起こさず話を収めることができます。
 しかし、このドラマの場合、「歴史の修正力」が肝(キモ)なのではなかったのでしょうか。パラレルワールドが無数に存在するのなら、仁の言うように「歴史を変えていなかったことになる」ので、何をしても良いことになります。
 自分の出生に関与する(彼女が生き続けると現代の仁が生まれなくなる)少女を助けようとして、存在が消えかかってしまったという話は面白かったのですが、仁が実際には別の世界にタイムスリップしたのなら、少女を助けることも有りになります。
 いろいろ歴史の修正力が働きましたが、それも無意味になってしまわないのでしょうか?
 そもそも、「脳腫瘍の手術を受けたのも仁、執刀したのも仁で、仁が二人いるのがおかしい」という法則から、パラレルワールド説を採用したのですが、仁がだぶって存在しても良いと思うのですが、どうなのでしょう?
 製作サイドは多少の歴史の改変と現代の未来(みき)の存在の改変をしたので、パラレルワールドを利用した方が収まりをつけやすいと考えたのかもしれませんが、唯一の世界の中で話を収めるべきだったと思います。パラレルワールドを利用したため、却って、矛盾点を感じました。

【修正加筆部分】
 仁はパラレルワールド説に一応納得していたが、それを確かめるために、文献を調べ、さらに橘家の会った場所に向かい、咲の手紙を読む。
 この手紙は、仁と咲が深い関わりがあったことを示していた。この深い関わり自体は、パラレルワールド説を否定する根拠にはならないが、歴史の修勢力が働き幕末時の仁の痕跡を消し去ったことを示しており、そのことが、唯一世界説、つまり、仁が出会った咲たちは、タイムスリップ以前の世界の直接の過去の人たちであることを示唆していたのではないだろうか。
 パラレルワールド説は偽の結論で、実際は同じ世界だった。歴史の修正力が働き仁の痕跡が消された。しかし、それにも負けない咲の思いが残り、仁も修正力に負けず、仁の行為が歴史に影響を及ぼしたと考えられる。【修正部分ここまで】


②ホスミシンの発見場所の矛盾
 咲の兄の恭太郎が、林の中でガラス瓶に入ったホスミシンを拾い、それを使って咲が回復したが、そのホスミシンは前シリーズで幕末にタイムスリップした仁が偶然持っていたものなのか、最終回で仁を突き飛ばした仁が落としたモノが時空を超えて届いたものだったのか?
 前者だとすると、発見場所がおかしい。小瓶が無事で、中身も変質していないとは考えにくい。後者だとすると、パラレルワールド説の場合、タイムスリップした仁も、ホスミシンも更に別のパラレルワールド(ドラマの説明ではではCの世界)に飛ばされたはずである。第一、無数のパラレルワールドで仁が決まった時にタイムスリップし、決まった過去に到着するという説明はかなり無理がある。やはり、唯一の世界という設定の方がしっくり説明がつくと思う。(唯一世界説を採ったとしても、発見場所がおかしい)

 とにかく、唯一世界説を採り、仁がタイムスリップしたのは「咲を助けるため」という結論(私の願望)に導きたい。

③中途半端な歴史の修正力
 仁の存在した痕跡が消え、仁とかかわった者たちの記憶も消える。それだけ強力な歴史の修正力だが、相当異質な存在の10円硬貨の存在を許し、咲が書いた手紙も消さないのは中途半端。仁と竜馬が一緒に撮った写真から仁の姿だけ消すのは、かなり強力だと思われるが。
 せめて、咲が仁を思い出すきっかけは、その時代に存在する「揚げ出し豆腐」のほうがよかったのではないだろうか?

④仁のナビゲーター役、謎の材料にされてしまった坂本竜馬
 すごく魅力的な竜馬だったが、死後、胎児様奇形腫として存在し、仁に咲を助ける案内役になってしまった。
 また、仁に「あん世界に戻るぜよ」という台詞を言わせ、謎を深める出しに使われてしまったのは、少々残念。

⑤竜馬の延命の意味
 仁の努力により、竜馬の死が多少遅らせることができたのには、何か意味があったのだろうか?


 いろいろ、イチャモンをつけましたが、非常に面白かったです。特に、竜馬が仁に感化され、芯から日本を救おうとした点、東修介が竜馬に斬りつけた真の理由、また、咲の兄、恭太郎の苦悩など、本当に素晴らしかったです。

コメント (18)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 梅雨明け? | トップ | スーパークールビズ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろいろ疑問は残るけど (koumama)
2011-07-01 08:54:38
最後まで圧倒的にひっぱってくれましたね。
現代に戻ったシーンで未来さんがなんで仁友堂の子孫になってるの?って思ったけどあ~野風さんから引き取ったのか~って
ひとつひとつ細部にわたって納得しながら(笑)見ていました。
結ばれることはなかったけど 手紙で想いが伝わって号泣しながら読んでいたシーン。
大沢たかおさんは泣きの演技が上手です。
写真から仁先生がいないっていうのも不思議だったけど なんだか
本当の坂本龍馬のあの写真・・現実にあるでしょ。あのとなりに仁先生がいたんだなって楽しく想像しちゃったよ(笑)
まぁいろいろ疑問もあるけれど
よくあるSFのパラレルワールドのこともちゃんと説明してたし(他の先生と討議してておもしろかったね)
最終回としてはよく出来ていたと思います。

あ~久しぶりに英さんのドラマの分析。この頃なかったからすごぉく楽しかった~(笑)
修正があります (英)
2011-07-01 09:58:06
 koumamaさん、こんにちは。

 ここしばらくは、将棋、写真の方に力が入ってしまい、ドラマレビューまで手が回りませんでした。それに、書くほどのドラマがなかったということもあります。『BOSS』『ハンチョウ』はパワーダウンというか、改悪というか……。
 でも、『JIN-仁-』は避けて通れないです。

 今回のレビュー、肝心な部分で間違えたような気がするので、修正加筆しました。
 それはともかく、素晴らしいドラマだったと思います。
もちろん観ましたよーー (将棋を知らない母)
2011-07-01 20:50:42
前回の放送で、ハマったKと私は、マンガの単行本を借りてきて読み、新作が出るたび読み、原作は、もう終わっていたので原作でも感動し”このドラマはちょっと違うけど、面白いドラマ”と納得させて観てました。仁と坂本龍馬の魅力にハマってました(笑)ドラマとしての素晴らしさは原作がしっかりしていたから…って思いましたが…いかがでしょうか?坂本龍馬さんの役の役者さん…どんどん素敵になってきます。内野聖陽って確か”ふたりっこ”で香子の旦那様役の方ですよね~
手に持った薬が腐らずあったって設定は、かなり無理があるなーーって思いましたが…
ドラマの中で遠心分離機を作ったり注射器まで作っちゃうし…そのためにヤマサの創業者かな?と出会うし…
出来る人はちょっとのヒントでいろんな工夫をしてなんでも吸収して作れるんでしょうね…
そのあたりもこのドラマの面白かった所です。
ううう~熱く書きすぎちゃいました…
よいドラマに出会うとうれしくなっちゃいますね~
内野聖陽さんと言えば (英)
2011-07-01 23:10:34
 将棋を知らない母さん、こんばんは。

 このドラマ、ドラマ全体としても面白いのですが、1話1話テーマがあり、また、人間ドラマをしっかり描いたので、ドラマとしての厚みもあり、素晴らしいドラマでした。
 原作は読んでいないので、何とも言えませんが、きっと素晴らしいのだと思います。村上もとか氏の漫画は『六三四の剣』は面白かったです。
 素晴らしい原作も脚本がダメだと濁ってしまいます。脚本も素晴らしかったのでしょう。

 内野聖陽さんと言えば、私にとっては『ふたりっ子』と言うべきなのかもしれませんが、実は『ふたりっ子』は真剣に観ていませんでした。
 心に残るのは『ゴンゾウ 伝説の刑事』と『臨場』ですね。あと大河ドラマの『風林火山』。

>ううう~熱く書きすぎちゃいました…
>よいドラマに出会うとうれしくなっちゃいますね~

 他の方のレビューも読みましたが、皆さんも熱く語っていましたよ。
よく見てますね (玉です)
2011-07-02 12:14:24
このドラマは、ひきつける所も謎もあるし、役者さんもじょうずで、毎回かかさず見てました。
最後の最後で、パラレルワールドという仮説でうまくまとめたのには、感心しましたが、やはり、辻褄のあわない所や、無理は隠せません。
熱く語れるほど、??も多く突っ込みもできない私ですが、船や戦い場面や、治療の場面など、お金と手がかかってる大作とは思います。
前回の1作目で、もやもやがかなり残ってたので、最終回でうまくカタがつき、なんとかすっきりしました。大沢さん、演技さすがでした。
フェイク (英)
2011-07-02 21:49:00
将棋を知らない母さん、こんばんは。

>最後の最後で、パラレルワールドという仮説でうまくまとめたのには、感心しましたが、やはり、辻褄のあわない所や、無理は隠せません。

 パラレルワールド説はフェイクだと思います。その後の仁の検証で、それを否定しているのですが、きつく否定しなかったのは、氏調査の解釈に任せたかったのだと思います。
 断定してしまうと、矛盾が出てきそうですし、もしかすると、続編やSPの含みもあるのかもしれません。

>熱く語れるほど、??も多く突っ込みもできない私ですが、船や戦い場面や、治療の場面など、お金と手がかかってる大作とは思います。

 いえいえ、なかなかの講評だと思います。
 間違いなく、傑作ですね。
ごめんなさい (将棋を知らない母)
2011-07-03 06:23:55
たぶん↑のコメは玉さま宛てでは、ないかと~
おわあああぁぁぁ (英)
2011-07-03 07:03:01
玉さん、ごめんなさい!ごめんなさい!
何という失礼を。
本当に、ごめんなさい。

将棋を知らない母さん、ごめんなさい!
親しみ (玉です)
2011-07-03 08:34:37
おわあああぁぁぁっていう題に爆笑。。。
私はかなりのおっちょこちょいなので、かえって親しみ沸くし、流れからして勘違いってわかるので、焦らなくても謝らなくても全然OKです
将棋の知らない母さんも、英さんも、早起きですね。私も朝方派でーす
ごめんなさい (英)
2011-07-03 08:57:10
玉さん、おはようございます。
お許しくださり、ありがとうございます。ほっとしました。よかった。

告白しますと、以前もコメントのレスの際、この時はアップ寸前でしたが、お二人を間違えそうになりました。
いい訳になりますが、お二人の文体というか、文章の雰囲気が似ているように思います。

とにかく、間違えるのは誠意が足りないです。ごめんなさい。

実は、私、意外とそそっかしいです。…え?「意外じゃないし、充分知っている」…。
そそっかしい上、自信家なので、推敲もおろそかなので、誤字や変換ミスが多いですし、文章もバタバタで、しょっちゅう、記事アップ後に修正しています。
こんな私ですが、我慢してお付き合いください。

コメントを投稿

ドラマ・映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

「JIN -仁-」最終章 後編 (日々“是”精進! ver.A)
想いは、受け継がれて・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260005/ 日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック posted with amazlet at 11.06.23 ワニブックス 売り上げランキング: 1...
Jin-仁-2  最終話2時間SP (よくばりアンテナ)
しくしく(・_・、)・・・・もう来週から仁が見られないと思うと寂しい・・・ なんって素晴らしいドラマだったんでしょう!! 感動で胸がいっぱいになって、今朝も食パン食べながらふと思い出して涙ぐんで...
JIN~仁~2 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
江戸では、西郷隆盛(藤本隆宏)を中心とする新政府軍と、彰義隊を名乗る 旧政府軍の間で大きな争いが起ころうとしていた。 そんな折、残された時間に限りがあることを意識する仁(大沢たかお)は、 自分の医学知識のすべてを仁友堂の医師たちに伝えようとする。 一方...
JIN-仁- 第十一話(最終回) (レベル999のgoo部屋)
『完結~時空の果て…  150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末 内容 頭痛が酷くなっていく一方の仁(大沢たかお) 咲(綾瀬はるか)は、何も出来ず、、、ただ見守るしかなかった。 それでも仁は、“仁友堂”の面々に自分の“知識”を全て残そうと...
「JIN-仁- 完結編」最終話 (またり、すばるくん。)
最終話「完結~時空の果て… 150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」                              視聴率26.1%                              あらすじ(gooテレビ番組)
あなたに吹く風よ あなたに咲く花よ あなたと追いかけた明日よ(JIN-仁- 完結編#11最終回) (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『JIN-仁- 完結編』この器は生きていたのやも知れませぬ。 日に日に頭痛が悪化し脳の岩が進行していた南方仁@大沢たかおは、橘咲@綾瀬はるかの得意料理・揚げだし豆腐の入った器 ...
JIN-仁- #11 最終回 (ぐ~たらにっき)
『完結~時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末』
「JIN-仁- 完結編」 第11話 最終章 後編 完結~時空の果て・・・150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末 (トリ猫家族)
 『それでも、俺はもう忘れることはないだろう。この日の美しさを。 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を賭し、 勝ちとってきた無数の奇跡で編みあげられてい ...
「JIN -仁-」神に試された医師の奇跡咲瀕死の重傷に龍馬に導かれ現代に戻った仁はそこで未来と再会し咲の想いと歴史を自ら変えた事を... (オールマイティにコメンテート)
26日ドラマ「JIN -仁-」最終話は江戸無血開城後旧政府軍は反旗を翻す機会を伺っていた。そんな中仁は残された命を自ら得ている医療知識を伝える事に極力していた。そんな中上野で ...
ドラマ JIN -仁- 完結編第11話(最終回) (たかいわ勇樹の徒然なる日記)
 いやはや、とうとう「JIN -仁- 完結編」が終わってしまいましたね。  途中から原作とのストーリーの違いが、最初は細かい所だったのが、最終的にはストーリー自体も原作と思い切り違う流れに入って、それでも原作の要素はちゃんと取り入れる匙加減の妙に、原作を見...
TBS「JIN -仁- 完結編」第11話(最終回):最終章 後編 ~完結 時空の果て… 150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結... (伊達でございます!)
  ううむ、よかったと思うけれど、何か引っ掛かる。すっきりしない。ドラマとしてのタイムスリップの辻褄合わせの部分が…。   並行する無数の時間の流れがあり(パラレルワー ...
JIN -仁- 完結編 (Akira's VOICE)
最終回ぜよ! 
JIN-仁- 最終話:完結~時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末 (あるがまま・・・)
終わってしまった・・・放心・・・_| ̄|○ ガクッ 2時間があっちゅーま!途中、CMのたびに時間経過が気になって 永遠に終わらなければいいのにと思いつつ、最後の方はもう一心不乱に 内容に見入ってしまいましたわー。 咲さまを助ける為に、決死の思いで現代への入...
JIN-仁- 最終話~未来のために更なる光を与えよう (平成エンタメ研究所)
 「橘咲は先生をお慕い申しておりました」  せつないですね。  現実では結ばれることのなかった咲(綾瀬はるか)。  その人が「一番美しい夕日を与えてくれた」ことのみを拠り所にして生きていく。  その人が「未来で元気に生きていてくれること」が喜び。  咲自身...
『JIN-仁-完結編』 最終回 (美容師は見た…)
帽子を被って公園のベンチに座っていた男は、謎の包帯男の方ではなく、今回江戸から戻って来た仁だったんですね~。最初から揺るぎないラストは決まってたってことが分かる。「戻るぜよ。あん世界へ」はここへ来て繋がった~。龍馬の声だったのも何でなのかはっきりした~...
「JIN-仁-」第十一話(最終回) タイムスリップの結末は「逝きし世の面影」 (今日も何かあたらしいドラマ)
「JIN-仁-」最終回、2時間のスペシャルもあっという間に終わってしまう密度の濃さ。 レトロだけど「大団円」という言葉が思い浮かんでしまう、壮大な物語の完結でした。 江戸のあの世界では、結局、...
「JIN-仁」最終話 (森の中の一本の木)
終わってしまいましたね。毎週本当に楽しみに見ていたので、来週からこのワクワクしていた時間をどうやって埋めたら良いんだなんて思ってしまいましたよ。 毎週泣いているのですが、今週も泣かせていただきました。 「3月4月を振り返って」の中でも書きましたが、最終回...
JIN -仁-【第11回(最終回)】TBS日9 (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
完結~時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末  「◎◎先生へ     先生、お元気でいらっしゃいますでしょうか。おかしな書き出しでございますこと、深くお詫び申し上げます。実は、感染症から一命を取りとめたあと、どうしても先生の...
『JIN-仁-』(完結編)最終話 (悠雅的生活)
完結~時空の果て・・・150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末
「JIN-仁-完結編」 最終話 (ドラマ de りんりん)
最終回は色んなモヤモヤが解決してスッキリ…。 仁のタイムスリップを、ホワイトボードで詳しく説明してくれた野口先生(山本耕史さん)には感謝(笑) 続編も作れそうな終わり方でしたが、余韻を残すぐらいが...
JIN-仁-完結編 最終回 完結~時空の果て… 150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリッ... (のほほん便り)
後半、現代に戻ってからの仁先生(大沢たかお)によって、序盤、散りばめられた謎も、じつにキレイにまとまりました。オミゴト! ある意味で、物語自体のクライマックスは前回の龍馬(内野聖陽)の死、みたいな気がしましたが、今回は、この壮大なタイムスリップ物語や...
「JIN-仁-」第11話(最終回) (fool's aspirin)
恭太郎を止めに行って傷つく咲。緑膿菌で命が危うくなっていく彼女を、仁は救うことはできるのか?想いが時を越え、また奇跡のタイムスリップが起こる…。私の中で間違いなく今期ナンバー1のJIN、ついに堂々の最終回ですよ~。※録画視聴のため遅くなりました。今さらで...