英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

『八重の桜』 第8話 「ままならぬ思い」

2013-02-24 21:29:12 | ドラマ・映画
ままならぬ思い……
……………………八重、官兵衛、大蔵、時尾、そして頼母


 京・本陣では、得体の知れぬ壬生の浪士雇い入れたことを聴き、謹慎中の官兵衛は居ても立ってもいられず京に駆け付けようとするが、頼母に制止される。
 官兵衛の忠義心とままならない思いが、女であるだけで会津(殿・容保)や兄の役に立ちたい思いが成し遂げられぬ八重には痛いほどわかる。
 そして、官兵衛を制した頼母も、京都守護職を退任するよう容保に進言したが、蟄居を命じられてしまう。

容保VS頼母、第2ラウンド
頼母「御家訓のために、会津を潰してもよいと思召されますか。殿はあまりにも囚われておいでだ。御家訓にそうまで拘られるは、殿が他国より養子に入られたお方ゆえにござりましょうか!」
容保「お上は、ただひとりで国を担う重さに耐えておいでだ。一藩を懸けてでもお守りする。それが会津の義だ」

 禁句を口にしてまで諌めようとした頼母だったが、容保の忠義心は揺るがなかった。
 容保が口にした「お上」は、徳川家ではなく帝を思っての言葉であった。

届かぬ大蔵の思い………八重には恋心を受けるアンテナがなかった

八重「男だったらよかった」
大蔵「俺もそう思う。八重が男ならば、子どものころのように、競い合うことも、共に銃を取って戦うこともできた」
八重「はい」(頷く)
大蔵「京で会津を思う時には、きっと真っ先に、八重さんの顔が浮かぶ」
八重「えっ?」
大蔵「あなたは会津そのものだから」
八重「……」

(桜の木の上で)
八重「あれは…なんだったんだべ。おかしなこと言って……」

≪八重が男だったらよかった≫
ふたりの表面上の思いは一致していたが、八重にはおかしなこととしか思われなかった。大蔵の恋心は全く伝わらず。
もっと、わかりやすく言わねえと駄目だべ。せっかく、尚之助が気を利かしたのに。
まあ、八重に思いが伝わらなくて正解だったかもしれない。

会津は京都で何をしていたのか?
勝 「会津は都で何をしようってんだい。食い詰め者を抱え込んで人斬り一味でも仕立てるつもりかい?」
覚馬「治安は守らねばならぬ。ほかにやりようがありやすか?」
勝 「それを考えるのが、お主の役目だ!考えて考えて考え抜いてみろ!」

 容保と頼母が決死の喧嘩をしていたが、会津が上洛してから、都をウロウロしているだけで何もしていないような気がする。
 容保が怒って、厳しく処罰!と命を出したが、実行は壬生浪士に丸投げ。≪勝、もっと言ってやれ!≫

長州派の密談
「一番邪魔なのは、(壬生浪の)後ろにいる会津や。奥州の田舎もんと思っていたが、浪士を手勢に引き込むとは、思いのほか知恵もあるようや」
「会津の武力は侮れん」
 ……長州派の評価は高いようだ。

【疑問】
5月10日、下関で長州藩がアメリカの商船を砲撃
5月20日、姉小路公知卿が刺客に襲われる

事件の関与を疑われた薩摩が退けられ、朝廷では長州派が実権を握った。

とあったが、姉小路公知卿暗殺(朔平門外の変)が薩摩排除につながったのは理解できるとして、下関砲撃事件がどうつながるのかがわからない。


主な新登場
桂小五郎(及川光博)
近藤勇(神尾佑)
土方歳三(村上淳)
斎藤一(降谷建志)
真木和泉(島田久作)



【ストーリー】番組サイトより
 薙刀の稽古にいそしむ八重(綾瀬はるか)と幼なじみの時尾(貫地谷しほり)。そこで、2人は二葉(市川実日子)から弟の大蔵(玉山鉄二)の祝言が決まったことを知らされる。時尾は動揺してしまい、稽古中に足を痛めてしまう。時尾はひそかに大蔵に思いを寄せていたのだった。
 そのころ都では、倒幕を目指す攘夷派の不逞浪士を取り締まるため、剣が立つと評判の壬生浪士組を会津藩のお預かりとした。こうした動きに危機感を持った長州派の公家たちは、容保(綾野剛)たちを都から追い出すため孝明天皇(市川染五郎)の名をかたって偽の勅書を容保へ送る。しかし、その策謀を知った容保は、守護職への責任感をさらに強める。

コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« オリンピックが競技を歪める... | トップ | 『ビブリア古書堂の事件手帖... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ・映画」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

大河ドラマ「八重の桜」信念の人8京の警備強化のために新撰組を雇うも頼母に危惧され退任を説得されるも容保は拒否し頼母を謹慎処分... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第8話は薙刀の稽古に励む八重と時尾だったが、時尾は二葉の弟の大蔵の結婚が決まった事にショックを受けるも八重は鈍感でその気持ちに気づけない。しかし ...
大河ドラマ「八重の桜」 第8話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
想いのすれ違い------------。守護職を拝命したいと言ってきた浪士たち。ついに壬生浪士組登場!!おおお!!なんかこれだけでテンション上がる~♪何か期待めいたものを感じてしまうの...
大河ドラマ「八重の桜」 第8話 あらすじ感想「ままならぬ思い」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
想いのすれ違い------------。 守護職を拝命したいと言ってきた浪士たち。 ついに壬生浪士組登場!! おおお!! なんかこれだけでテンション上がる~♪ 何か期待めいたものを感じてしまうのはもう致し方ないかなぁとか。 新撰組にはやっぱ想いいれが深いから...
八重の桜 第8回 ままならぬ思い (レベル999のgoo部屋)
『ままならぬ思い』 内容 文久3年。将軍家茂が孝明天皇(市川染五郎)に拝謁しているころ、 都の不逞浪士の一掃に容保(綾野剛)らは、壬生浪士組に目をつける。 覚馬(西島秀俊)秋月悌次郎(北村有起哉)は、 近藤勇(神尾佑)土方歳三(村上淳)斎藤一(降谷建志)....
「八重の桜」 第8回、ままならぬ思い (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第8回、ままならぬ思い。 壬生浪士組の発足~天覧の馬ぞろえ。 今回はタイトル通り、各人のままならぬ思いが描かれていましたね。
『八重の桜』第8回 (悠雅的生活)
ままならぬ思い
NHK大河ドラマ「八重の桜」第8回「ままならぬ思い」 (真田のよもやま話)
ままならぬ思い!ままがダメならパパになればいいのだ~~~♪なんて事ではおそらく済まないんでしょうねええ。それにしてもいったいどちらの思い?藩の行く末を案じる方のものか、あるいは八重様に思いを寄せる大蔵様か・・・はたまた京の治安をしょって立つ容保公様の思...
八重の桜 第8回「ままならぬ思い」 (D☆エディション)
会津藩視点での新撰組(壬生浪士組)登場。 紛争地帯で雇った凄腕の傭兵って感じです! 実在の壬生浪士組もこういう狂犬のような印象だったのでしょうね。 桂小五郎も登場し、幕末 ...
八重の桜 第8回「ままならぬ思い」 (昼寝の時間)
公式サイト 叶わぬとは思いつつもずっと秘かに思い続けて大蔵が、京に行く前に祝言を
緋色なる恩賜の御衣の陣羽織、松平容保は会津藩兵千名を率いて建春門前にて天覧馬揃えに臨むのです(綾瀬はるか) (キッドのブログinココログ)
馬揃えは軍事訓練であると同時に示威行為でもある。 日本における先達は源義経であり、木曽義仲追討のための軍勢を浮島原(静岡県・原宿)に集結したことによる。 それを儀式的に洗練したのは織田信長である。信長は正親町天皇に京都御馬揃えを披露した。 圧倒的な軍事力...
大河ドラマ「八重の桜」第8回 (日々“是”精進! ver.F)
頼母、蟄居… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302240004/ 八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-12-20売り上げランキング : 1962Amazonで詳しく見る by G-Tools
八重の桜 第8回「ままならぬ思い」~ままならぬ思いで繋がる人たち (平成エンタメ研究所)
 今回のサブタイトルは『ままならぬ思い』  さまざまな『ままならぬ思い』が描かれる。  まずは八重(綾瀬はるか)。  女性であるがゆえに、鉄砲の腕があっても会津のために働けない。  時尾(貫地谷しほり)は恋愛。  想いを寄せていた人が別な人と結婚してしまっ....
八重の桜 第8回 「ままならぬ思い」 (青いblog)
容保が乗り移ってるような綾野さんの演技がやっぱりいいなぁ~ おじぎをしたり、セリフの切羽詰まった言い方だとか、しみじみと見応えあります。 「望みもせんことを我が名を使って出しよる」 孝明天皇...
「八重の桜」第8回 綾野剛さんの名演技に壊れる (今日も何かあたらしいドラマ)
「八重の桜」、これはもう「会津の桜」にして、会津の悲劇を一年間緻密に描いたらよい。 そう思わせるほど、綾野剛さんの苦悩する若殿ぶりが際立って、もうたまらないのです。 殿様だから、下々のような...
八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか (新ドラマQ)
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...
【八重の桜】第8回感想と視聴率「ままならぬ思い」 (ショコラの日記帳・別館)
「ままならぬ思い」 第8回の視聴率は、前回の17.5%より下がって、15.6%で
【八重の桜】第8回感想と視聴率「ままならぬ... (ショコラの日記帳)
「ままならぬ思い」第8回の視聴率は、前回の17.5%より下がって、15.6%でした。裏のWBCの壮行試合「日本×オーストラリア」に食われてしまったかもしれません。来週は、WBCの本番、1...
ままならぬ思い (西徂庵)
八重の桜 #8