英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

日本各地で大雨 ~広島・岡山・鳥取・福岡・佐賀・長崎県には『大雨特別警報』も~

2018-07-06 20:33:59 | 気象
日本各地で大雨。
特に、広島・岡山・鳥取・福岡・佐賀・長崎県は大量の降水があり、『大雨特別警報』が出されました。


 私の地域でも、昨日の午後は1時間に20ミリの雨が7時間ほど降りました。昨日一日の降水量は183ミリ、降り始めからの雨量は240ミリに達しました。
 こんな雨はあまり記憶にないなあと思ったのですが、昨年の10月下旬に160ミリ(1日の降水量)、2日で210ミリの降雨があったようです。
 それはともかく、1日の降水量が100ミリを超えたのは、ここ12年で8回。150ミリを超えたのは3回あったようです。

 全国ニュース規模では「降り始めからの雨量が500ミリを超える」とか、「1時間雨量が60ミリ」とか、耳にしますが、とんでもない降り方ですね。時には1000ミリ越え(今回も)や1時間に100ミリの雨とか、尋常じゃない豪雨です。


 各地で大変な目に遭われている方が多数いるのに、こんな不平を言うのは、顰蹙を買うかもしれませんが……


 ………これ、日本海側のデータが分かりません!
 この主旨の記事、以前も書きました。でも、この図が出る度に、いつも不満を感じます。


 ついでに言わせていただくと、昨日のニュースで大雨のニュースに重ねて
「一方、東京では6月下旬から真夏日が10日連続続いています」と連日の報道(一昨日は“9日連続”と)
 この時期としては、異例の状況ですが、調べてみたら(県庁所在地のみ)、大阪、名古屋、福井などで10日連続真夏日、関東甲信越でもさいたま市、宇都宮、甲府で10日連続で、前橋では11日連続真夏日でした(他の県庁所在地でも6月下旬から10日連続記録した年があるかもしれません)。
ジャンル:
災害
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« これは“謝罪”になるのか? | トップ | 情報についてぼんやりと思っ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (銀色の手紙)
2018-07-11 09:35:43
 このグラフ誰のために作ったんだろうという疑問がすぐにわきました。一見綺麗かもしれないけれども、英さんのおっしゃるとおり山陰地方は全く見えません。放送局に問題があるのか、気象庁に問題があるのか、いまだにこれを使い続けていたとは。傍観者の眼で見ているとしか思えない。
 何年も前に一度見たきりでしたが、英さんの記事で鮮明におもいだしました。
イメージ化の点では優れていますが ()
2018-07-11 19:40:54
 銀色の手紙さん、こんばんは。

 このグラフは、数値を具象化するという点では非常に優れていますが、グラフの奥の地点が、手前の地点の柱に遮られてしまう大きな欠点があります。
 状況によっては、1視点からで良いこともありますが、そうでない場合は、回転させて視点を変える必要があります。
 操作一つで可能なので、きちんと情報を示すという姿勢を欠いていると言えます。単に丁寧な報道を欠いたとも言えますが、根底には日本海側(地方軽視)、東京本意という思想(思考)があるとしか思えません。(放送局、気象庁共に)
 私の思い込みという可能性もありますが、長年、感じています。
 今回の報道について言うと、今回の豪雨の初期の頃、かなり深刻な状況になっているにも拘らず、NHKニュース7で、7分弱の時間を割いただけでした。
 確かに、冒頭7分の報道は最優先しているという意識は感じますが、もしこれが関東も豪雨になっていれば、もっと、時間を割き、30分の放送枠も延長していたかもしれないと思います。

 ちなみに、私、このグラフを500回は観ていると思いますが、回転して日本海側視点になったのは1回きりです。(2回あったかもしれません) 
Unknown (銀色の手紙)
2018-07-12 06:47:12
 英さん、おはようございます。

 線香花火のような私のコメントにまで返信してくださり恐縮してしまいます。丁寧なせつめいで知らなかったことが手に取るようにわかりました。実は6年前からテレビのない生活になってしまいまして、その後のことを全く知らずにいました、ありがとうございました。
 
蛇の足 ()
2018-07-13 22:01:58
銀色の手紙さん、こんばんは。
レスが遅くなってしまいました。ごめんなさい。

>線香花火のような私のコメントにまで返信してくださり恐縮してしまいます。丁寧なせつめいで知らなかったことが手に取るようにわかりました。

 いえいえ、コメントをいただくのは嬉しいことなので、レスをするのは当然の行為となります。
 その上、簡潔にまとめる能力が欠如しているので、結果的に“丁寧な説明”となるだけなのです。
 しかも、的確な説明ならいいのですが、尋ねられてもいないことまで嬉しそうに書くので、蛇の足(蛇足)的なものになってしまいます。我慢してください。

 テレビと隔絶した生活……健全そうですね。

コメントを投稿

気象」カテゴリの最新記事