英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

2018棋聖戦第5局 ~豊島八段、初タイトル!~

2018-07-18 00:29:08 | 将棋
【“産経ニュース”より引用】
 羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖(47)=竜王=に豊島将之(とよしま・まさゆき)八段(28)が挑戦した産経新聞社主催の将棋のタイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第5局が17日午前9時から、東京都千代田区の都市センターホテルで指され、午後6時25分、108手で後手の豊島八段が勝ち、対戦成績3勝2敗で初タイトルの棋聖位を獲得した。持ち時間各4時間で、残りは羽生棋聖23分、豊島八段15分。

 豊島新棋聖は5度目の挑戦で初めてタイトルを獲得。注目の今シリーズは、豊島新棋聖が第3局を終えて2勝1敗に。第4局は惜しくも敗れたが、最終第5局の熱戦を制し念願の初戴冠を成し遂げた。
 羽生前棋聖の11連覇、前人未到のタイトル獲得通算100期はならなかった。羽生前棋聖が竜王のみに後退したことで、将棋界は八大タイトルを8人が分け合う。1人1タイトルずつは31年ぶり。

豊島新棋聖の話
 「終わったばかりで実感はありませんが、タイトルはずっと目標にしていたので良かったです」



 今回の棋聖戦、羽生竜王は≪積極的に指す≫ことを心がけていたようだ。
 しかし、それは、≪どこか急かされて前のめりになっていた≫ように感じた。

 ここ数年、羽生竜王は苦戦を強いられているが、その要因の一つが対局相手の綿密な研究。この綿密な研究は、将棋ソフトの研究への活用に因るところが大きい。将棋ソフトが100%正しいという訳ではなく、棋士の研究もすべて将棋ソフトに頼っているわけではないが、研究手順の検証や新手の発見、局面の形勢の確認に活用されている。
 これによって、研究が効率的に行われ、より詳細に系統立った研究が可能になってきている。これが棋士個人の棋力・実力と言えるかどうか、疑問の余地があるが、こういった研究に因って、羽生竜王が苦戦に陥ってしまうことが多々あるように思われる。

 もちろん、上記は私の想像の域を超えていないが、羽生竜王が、≪まだ駒組み段階≫と考えている局面で仕掛けられ守勢を強いられ、相手に主導権を握られてしまうことが多い気がする。


 例えば、今期王位戦の挑戦者決定リーグの対木村九段戦

 図は羽生竜王が△2三銀と2二の銀を上がり壁銀を解消し銀冠に陣形を整えたところで、意識としては序盤だったと考えられる。
 しかし、ここで木村九段は▲4五桂と跳ね、△4四角▲2二歩△同角▲6五桂(参考図2)

 “いきなり跳び蹴り”のような仕掛けで、少し前なら“無理攻め”ぽいので深く考えないところだが、ソフトによる可否の確認が容易なので、掘り下げて≪充分成立していそう≫という見込みが立っていたのかもしれない。
 以下△4四歩▲5三桂右成△同銀▲同桂成△同玉▲8四歩(参考図3)まで進むと、充分仕掛けが成立、先手が主導権を握っていると言って良いようだ。

 ▲6五桂(参考図2)と歩頭に跳ねた桂を取れないのは悔しいし、そもそも、△2三銀と上がった手が先手の角の利きを1一まで利かせてしまい逆用された感もある。
 その後、局面を複雑にさせた羽生竜王が、一旦、逆転したが、将棋の方向を誤り、再逆転負け。
 このように、先に仕掛けられ守勢を強いられてしまう将棋がよく見られる。
 そういう経験を踏まえたのかどうかは不明だが、最近の羽生将棋は“積極果敢さ”が感じられる。

 しかし、第1局の前のめり過ぎ名人戦第6局の“7四歩取らせ戦法”、名人戦第6局を改良した棋聖戦第4局の“袖飛車戦法”など、積極果敢さがうまくいっているとは思えない

 棋聖戦最終局の本局は角換わり腰掛け銀から▲4七角(第1図)の新手を放った。

 ▲4七角は次に▲7五歩と突き、△6三銀なら▲7四歩△同銀▲4五銀が狙い。
 ▲4七角に対し、豊島八段は△4一飛と引き、▲7五歩△6三金▲7四歩△同金▲4五桂△4四銀(第2図)と迎え撃つ。


 図より羽生竜王は▲2四歩△同歩▲5五銀と過激な順を選ぶ。しかし、本来の羽生将棋は第2図では善悪はともかく、▲4六歩と一旦、溜めを作るのではないだろうか?最近の羽生竜王は余裕がなく、泰然としたところが感じられない。
 実戦の順は▲5五銀に△6五歩▲4四銀△同飛▲4六歩(第3図)と進む。(▲4四銀では▲5四銀の方が良かったらしい)


 期待した4七の角の利きによる桂頭攻めも△6五歩と遮られると効果は薄く、結局▲4六歩と手を戻すこととなってしまった。
 局後の感想戦で羽生棋聖も「(第2図での▲2四歩に)代えて▲4六歩とゆっくりする順もあったか」と述べている。


 手は進み形勢はよく分からないが、後手から有効な手が多そう。先手は▲3五歩~▲3四歩と手掛かりを作ったが、▲6五歩と6筋から動いた方が▲4七角の意図を継承できたように思う。

 ▲3三銀で後手玉に迫っているように見えるが、実はそれほど脅威となっておらず、2一の桂を持駒の銀に昇格させた罪の方が大きい。


 △8八銀(第5図)以降は、難しいところはあったようだが、後手の持ち駒は豊富なので、後手の攻めを振りほどくのは至難の業で、寄せられるまでの手数を稼いで、後手玉に迫るのも難しかったようだ。

 第6図では▲7八金や▲8七金の方が難しかったかもしれないが、やはり、先手を持って勝つ気はしない。
 投了図の3三のと金が悲しい…


 読みの精度や研究云々より、将棋そのものを立て直した方がいいような気がする。将棋の泰然さを取り戻してほしい。
ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 刑事7人 第4シリーズ  第... | トップ | 絶対零度 Season3 〜未然犯罪... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (銀色の手紙)
2018-07-19 08:27:19
 おじゃましてしまいました、英さんおはようございます
 いきなりですが羽生さんは間違いなく大スランプだと思います、近年はかなりの強さの若手が急激に台頭してくるなかで、自分を見失いかけているんではないかと感じられます。あるいは自分の手にたいする自信の揺らぎ。
 もともと羽生さんは特定の相手に対する対策などはあまりしないのではないかとおもいます。森内さん、渡辺さんのときを考えますと明らかに分が良くなるまでにはかなりの日数を要しました、私はこれを対策を練ったというのではなく消化吸収あるいは昇華のたぐいではないかと思っています。
 あれほどの才能の羽生さんでも異質のスタイルと出会ったときは戸惑いをみせますが、最後には克服してきているので今回も立ち直ってくれるものと信じています。
 ただ相手が佐藤名人だけではなく、コンピューターが主体になりつつありますから、強敵です。なにしろコンピューターの内部には羽生さんの血もながれていますから。
 これまでも英さんが何度か指摘されている攻め急ぎ、気になります。まったく違う次元のことですが、攻め急ぐのは攻められるのがいやだから、先に攻めようというあまり成算のないやりかたで、昔、差し将棋をしていたころの自分のやりかたです。失礼しました。
 もう一つ気になるのが耐えた後、ひとすじの光明が射したかと思えた瞬間、疑問手をさしてふいにしてしまうことが多いような気がします。これは、身体の不調ではないかと心配です。
 泰然さを取り戻してほしい、本当にそのとおりですね。
 
同感です ()
2018-07-20 16:34:43
銀色の手紙さん、こんにちは。

 銀色の手紙さんの羽生竜王の現状や対森内九段、対渡辺棋王に関する考察、まさに仰る通りで、私も同じように考えていました。中断(頓挫?)している「タイトル失冠に思う」で論述していくつもりでした。

 今後ですが、将棋の軸を立て直せば、まだまだタイトル戦で互角以上に戦えると思います。
 私が思うに、研究にはPCをあまり使わない方が良いと思います。PCソフトを駆使すれば目先の将棋には役立ちますが、自身で考え、そして読んで、判断しないと、棋力そのものが低下していくと考えます。

>耐えた後、ひとすじの光明が射したかと思えた瞬間、疑問手をさしてふいにしてしまうことが多いような気がします

 「耐えて形勢を持ち直す、あるいは逆転した後に、こける」というパターンが多いです。
 これは、苦戦の時間が長いと、実際の形勢より悪く考えてしまう傾向があり、さらに、苦しい分だけ思考の消耗も多いです。
 体調に起因する場合もありますが、私は上記が原因のような気がします。
返信ありがとうございます (銀色の手紙)
2018-07-26 10:23:19
 返信くださりありがとうございました。
心理状態の綾での指し手、思考の消耗のこと私はあまり気が付いていなかったのでとても参考になりました。
 名人戦の第6局をその後、英さんの解説や観戦記を参考に何度も並べてみました、こうしていればの分岐点がいくつもでてきて、私はみれんたらたらで困ったものです。あれだけ苦しく難解な将棋に勝ち筋がなんどか表れたのはやはり名局で今後に良い影響をもたらしてほしいです。
 昨日の王位戦をみて羽生竜王の姿がないことに寂しさを感じ、気になっていたコメントへの返信をしました。
 いつも吟味した記事をありがとうございます。毎日がたたかいのような暑さが続いています。どうかお身体ご自愛ください。
ぼちぼちと ()
2018-07-26 23:59:11
銀色の手紙さん、コメントありがとうございます。

>心理状態の綾での指し手、思考の消耗のこと私はあまり気が付いていなかったのでとても参考になりました。

 上記は拙(つたな)い私の経験則ですが、それだけでなく、確か渡辺棋王だったと思うのですが(他の方かもしれません)、同様な事を仰って(記されて)いたように記憶しています。

>名人戦の第6局をその後、英さんの解説や観戦記を参考に何度も並べてみました、こうしていればの分岐点がいくつもでてきて、私はみれんたらたらで困ったものです。あれだけ苦しく難解な将棋に勝ち筋がなんどか表れたのはやはり名局で今後に良い影響をもたらしてほしいです。

 お気持ちわかります。あの記事で取り上げたポイント以外にも、《こう指したほうが良かった》というところがありました。
 名局だとは思いましたが、やはり残念な敗局でした。
 2年前は第2局の痛い逆転負けのダメージを考慮しないといけませんが、あのシリーズより内容が良く、単純に羽生竜王の棋力が衰えたとは思えません。
 前コメントで、銀色の手紙さんが仰ったように、天彦将棋への対応が出来つつあると考えたいです。
 しかし、これも銀色の手紙さんが危惧したように、PCソフトを駆使した棋士を含めて、手強い相手が多数いるので、そのすべての棋士に対応するのは難しいです。

 なので、まず、羽生将棋そのものを立て直すのが先決で、そうすれば、そのうち復活するのではないでしょうか?
 年齢的な衰えもあるかもしれませんが、老け込むにはまだまだ早いです。

 残念なことに、今日の順位戦の初戦の糸谷戦は敗れてしまいました。
 非常に難解な将棋でしたが、中盤から終盤にかけての将棋の方向がずれていた気がします。
 この際、鍛えるつもりで順位戦をじっくり、ぼちぼちと戦っていただきたいです。

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事