ぐるめりあ in 愛媛

愛媛、瀬戸内のグルメを紹介。
最近ラーメン率多し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

灯籠シリーズ2011 その2 尾道 灯りまつり

2011年10月09日 | Weblog

灯籠シリーズ2011ですが、第一弾は内子でしたね。

さあ、やって参りました。第二弾は尾道の灯りまつりです。

 

すでに小生4回目 飽きずに行くなーって言われそうですが

いつ行ってもすばらしいのであります。

 

 

過去のブログ

2008年

2009年

2010年

 

 

今年は灯りの数も控えめなような気がしました。

お客さんも昨年より少なかったんじゃないかなあ。。

 

今年から大きな灯籠も登場してましたよん。

 

宮沢賢治が好きな方が彼の小説をモチーフにした灯籠を

数多く飾ってました。

風の又三郎?

 

 

今年は震災があったので応援書きもたくさん飾られてました。

 

 

 

今年もお月見ですな。

 

 

 

てくてくと歩くカポー

 

天寧寺

 

 

商工会議所から  今年は風車かな??

 

 

そう。商店街にすげーかわいらしいパン屋さんがありました。

パン屋航路

後からネットで調べてみたのですが、むちゃくちゃ人気のあるお店なんですね。

パン屋航路。。。   あそっかー。 志賀直哉の「暗夜行路」をもじってる?

 

もう閉店してたんですけどね。  せっせこと店員さん2人がパンをこしらえてました。

パンをずっと休むことなく真剣に作る姿に感心してしまいました。

なんか外から眺めてると、まるで映画のワンシーンを見てるようでした。

 

 

尾道駅前

 

今年はご飯は。。。。

みやちの前にある

 

欧風酒屋 ボラーチョにしました。

スペイン料理がメインかな? 

尾道の商店街沿いあって、赤い看板が目印ですよん。

 

 

相方と友人さんが飲めないってことでダイヤレモンを

飲んでました。 初めて見たよ。

西宮のご当地サイダーなんですね。 知らんかった。

炭酸も薄めでなんか優しいのどごし。

 

そう、ご当地と言えば尾道のサイダー 尾道チャイダー

っていうのもありますよね。

 

小生だけワインを頂きながら、料理を頂くことに

 

 

バーニャカウダ  しっかり濃厚アンチョビでした。

 

チョリソ(カセーロ)がやっぱりおいしいですねー

辛みとワインが合うのであります。

 

ちょっと高価なワインを頂きました。 柄名はひみつ

もちろんカベルネ・ソーヴィニヨン

 

もつのトマト煮込み  トリッパじゃないんです。

でもトマトが濃厚で、非常においしかった

 

アヒージョ

 

 

最後のしめはやっぱりパエージャなのじゃー

ちょっともっちりめのパエリアで、これもなかなかのお味

そう貝が入ってなかったのが残念。。

 

いつ行っても新たな発見のある尾道。

で満足な夜でしたー

 

灯籠シリーズ 大分編へと続く(予定)

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 北の国へ その1 悲別ロマ... | トップ | あづま家 カップラーメン ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sweet)
2011-10-10 20:05:20
私も行ってました。
両親と一緒だったので、西國寺しか行けませんでしたが、こちらはごった返してました。
人が少ないと淋しいし、逆に多いと、これまた雰囲気がイマイチだし、なかなか難しいでね。
しかし、昨年の「5」といい、araoさんの嗅覚、素晴らしいです!
おつかれさまでしたー。 (arao to sweetさん)
2011-10-10 22:01:45
いえいえ とんでもないです
食べログでだらだら調べてるだけですからね^^;
西国寺も行ったんですけど、時間が遅かったんですかねえ。。 昨年に比べて人が少なかったような気がしました。 時間をかけてのんびりと灯籠を眺めるのが一番いい楽しみ方でしょうね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事