秘途裏ごと---バイク奮闘記

出会いを大切に気ままなバイク旅を思い出しながら、のんびりプログを広げていきます。

セロー225レギュレータその2

2011-08-25 | Weblog

レギュレータの故障か否か新品の台湾製レギュレータを購入し、抵抗値の測定、電圧降下の測定を行う。

既存の新電元社製レギュレータ 30分ほど走行で熱くて触れない内部コンデンサのパンクかも知れない

バッテリー回路への抵抗値測定パンク状態で抵抗値なし。台湾製AX47レギュレータへ交換する。

フィン付きではないが初期状態は良好で早速、取替え行う。取り付け後、バッテリー間の電圧上昇、降下測定を行う。

 バッテリー元電圧12.5V 取り付け後、12.3V アイドリング時12.24Vで回転を徐々に上げていくと12.7V 更に高回転にすると12.9Vまで上昇 バッテリーへの補充電圧もレギュレータの交換で電圧降下なくOK 但し台湾製なのでどこまで持つか YSPで新電元社のものが13860円 AX47A2の台湾製が2800円価格的には1/5程度だがフィン付きでないためフィンへの改造が必要かも知れない

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« セロー225WEレギュレータ破損 | トップ | 鏡山林道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事