NPOえひめセラピードッグの会

人と動物が共生できる社会の実現、犬猫の殺処分0を目指して。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小学校訪問しました

2014年10月30日 | 施設・学校訪問の様子

10月某日 北条小学校へ訪問させていただきました。

子供達はものすごく静かに 真剣にお話を聞いてくれました。

セラピードッグって何だろう?

国際セラピードッグ協会の犬達は捨て犬達だった事。

日本にはそんな捨て犬がたくさんいる現実

そして その捨て犬の将来の事…。

そんな人の勝手で捨てられた犬達が

人を怨むことなく 人の救いになっていきます。

「生きているものには、幸せになる権利がある」

 

子供たちの心に届いているといいな…と思います。

コメント

施設訪問 笑歩会 岩ぜき様へ

2014年10月25日 | 施設・学校訪問の様子

溝辺にある 笑歩会 岩ぜき様へ訪問させていただきました

準備中… ドキドキ

自己紹介してもらいます

みかちゃん アイコンタクト中

みんな 元気になってくれたかなみんなに 会えてうれしかったよ~

コメント

実習生 日記

2013年12月16日 | 施設・学校訪問の様子
閲覧下さっている皆様、こんにちは!!
平素よりNPOえひめセラピードッグの会を応援していただき、本当にありがとうございます!

本日の記事は
国際セラピードッグ協会へ通学させていただいております会員 兼 スタッフ(本田)が担当させていただきます!!


私事ではありますが・・・
毎月の東京通学も1年を過ぎ、すべての訓練カリキュラムを終了致しました。
現在、終了試験にチャレンジしており、
来年度には 本格的に 実習/研修に入る見込みとなっております。
この実習 / 研修を無事に終了し、国際セラピードッグ協会認定ハンドラーと成る事が出来ます。

1日も早く、認定取得の報告が出来るよう頑張りますので、今後ともご支援を宜しく御願い致します。


さて、
11月の施設訪問活動、私にとっては忘れられない活動となりました。
というのは、
特別に許可を頂き、愛媛出身の「ミカ」と共に初めての活動実習をさせていただけたからです。
(黄色ポロシャツが私です。)


デモンストレーションでは たくさんの拍手で迎えていただき、


触れ合いタイムではたくさんの笑顔とお声をいただきました。


最初は緊張で硬かった私自身も、
皆さんの笑顔と ミカの堂々とした姿に後押しされ、
反対に勇気と元気をたくさんいただきました!





セラピードッグ達の素晴らしい活躍と、笑顔あふれる施設訪問の様子を
是非、多くの方々に間近で感じていただきたいと思います。



当会では 施設訪問活動の見学者も随時 受付けております。

>>詳細はコチラまで お気軽にお問い合わせ下さい!<<




コメント

障害者支援施設 スマイル 訪問

2013年11月25日 | 施設・学校訪問の様子
11月3日(日) 

社会福祉法人 金亀会 障害者支援施設『スマイル』 様を初訪問させて頂きました

今回の訪問活動の為に
国際セラピードッグ協会から来たセラピードッグは

久しぶりの来松「ブギー」(左)、お馴染み「ミッキー」(中央)  そして愛媛出身の「ミカ」(右) の3頭でした。

4度目の訪問となるスマイル様の訪問では、
スタッフさん、入所者の皆さんが心待ちにしてくださっており、
とても和やかな雰囲気の中、活動することが出来ました。



セラピードッグにたくさん触れていただき、


最後は音楽と手拍子に合わせて楽しくウォーキングです


自然と たくさんの笑顔と声がこぼれます


最後には「また来てね!」の声をたくさんいただきました

また皆さまにお会いできる日が来ることを楽しみにしております

今回も ありがとうございました


コメント

愛媛県立盲学校 訪問

2013年02月05日 | 施設・学校訪問の様子

 

2013年2月4日(月)、愛媛県立盲学校をセラピードッグ訪問しました

盲学校では、日本初のセラピードッグ 『 名犬チロリ 』 を教材に使っており

この日を皆さんとても楽しみに待っていてくださったそうです

 

大木トオル代表による講演会

 

セラピードッグによるデモンストレーション

 

車椅子歩行のデモンストレーションにも参加して頂きました

 

心と心がつながっているのを感じます

 

もう一組の生徒さんも ・ ・ ・

 

心と心でアイコンタクト

 

チロリが使っていた毛布や着けていた鈴を、皆さんに触れてもらいました

 

時間が押した関係で、わずかなひとときとなってしまいましたが

最後に現役セラピードッグ達にもふれ合って頂きました

 

 

 

 

 

 

またいつの日か訪問できる日を心待ちにしております。

盲学校の皆さま、本当にありがとうございました

 

 

 テレビ放送のお知らせ 

2月7日(木) 南海放送 『 News チャンネル4 』

18:20~18:55 の放送時間内にて、

今回の活動、初中級訓練会・盲学校訪問の様子が紹介されます

 

  NPOえひめセラピードッグの会ホームページ

 

コメント

寿楽会<馬木>様 訪問

2013年02月04日 | 施設・学校訪問の様子

 

2013年2月3日(日) 『 寿楽会 高齢者福祉施設 馬木 』 様を

セラピードッグ訪問活動しました

 

 

【 団体様のレクレーション 】

まずは、皆さんにご挨拶をかねてデモンストレーションを行います

 

ふれあう会

皆さんの元を、セラピードッグが順番にまわっていきます。

 

 

 

 

 

犬が苦手というご利用者の方もいらっしゃいます

触れずとも、セラピードッグを中心に輪になり皆さんでお話をする、

ただそれだけでも、日常とは違った時間を過ごして頂けるのではないかと思います。

とても穏やかな空間でした。

 

ふれあう会の後には、楽しい音楽に合わせてウォーキングタイムです 

 

車椅子の方とも一緒に!

 

セラピードッグが寄り添い歩くことで、辛いリハビリの心の支えになるのでしょう。

実際にベッドで寝たきりだった方が、毎月のセラピードッグ訪問をとても楽しみに

体を起こすようになり、車椅子に乗るようになり

歩行補助器を使っての歩行練習をするまでに回復された事例もあります。

 

【 個別訪問 】 

セラピードッグと1対1で、ゆっくりと向き合っていただきます

団体様でのふれあう会とはまた違った、ゆったりとした時間が流れていきます。 

 

セラピードッグにふれて、時折涙を流されていました。 

 

愛媛出身の元捨て犬、セラピードッグ見習いの 「みか」 も個別訪問を

「昔、秋田犬を飼ってたんだよ!」と、嬉しそうにお話されていました。

 

温かみにふれることで、愛犬のことや昔の記憶も蘇るのでしょうか。。。 

 

アイコンタクト 

 

 

【 個室訪問 】

レクレーションに参加できなかった方をお一人、お部屋訪問致しました

 

セラピードッグはベッドマナーも身につけています。 

 

また機会がありましたら、ぜひ再訪問をさせて頂けたらと思います。

寿楽会 馬木 』 の皆様、本当にありがとうございました

 

 

【 普段のセラピードッグたち 】

緑のベストを脱いだセラピードッグは、一般の家庭犬と同じ生活に戻ります。 

 

 

 

それぞれ個性たっぷり!

ひとり静かに過ごしていたり、甘えん坊さんだったり、女王様だったり。。。

 

以前、ハンドラーの方に訓練のことについて質問をしたことがあります。

「 犬の集中力というのはとても短いので、その犬の性格に合わせて

一日数回に分けて、一回につき10~15分を積み重ねていくんです。 」 と。

セラピードッグたちは皆、元捨て犬です。

それまでにどんな犬生を過ごしてきたのか、まったく分からない状態です。

唯一分かっている事といえば、

「 保護されなかったら、明日殺処分されていた命 」 という事実だけ。

しかも捨て犬ということもあり、中には健康がギリギリの状態であったり

人に対しての不信感を抱いた状態で保護された犬がほとんどなのです。

まずは心と身体のケアから始める ・ ・ ・ セラピードッグの育成とは

大変地道で根気のいることなのだと感じました。

 

 

  NPOえひめセラピードッグの会ホームページ

 

コメント

寿楽会<ケアハウス来住>様 訪問

2012年11月04日 | 施設・学校訪問の様子

 

11月2日(金)午後 

社会福祉法人寿楽会 『ケアハウス来住』 様を初訪問させて頂きました

 

国際セラピードッグ協会より 

今回愛媛に来たセラピードッグは、リーダー犬の 「ピース」 と 「ミッキー」

 

そして2度目の里帰りをした、セラピードッグ見習い犬 「みか」 の3頭です

 

「みか」 は1年半前、愛媛県動物愛護センターから殺処分寸前でレスキューされ

2ヶ月間当会の会員宅で心身のケアをした後、千葉の国際セラピードッグ協会にて

第2の犬生をセラピードッグとして歩むための訓練を始めました。

愛媛の特産みかんにちなんで、「みか」 ちゃんと名付けられました。

 

訓練を始めてちょうど1年が経ちましたが、立派に成長しています

これも全て、温かくご支援くださっている皆様のおかげです。

ありがとうございます。

 

 

また今回、愛媛では初めて、個室の方のケアもさせて頂きました

レクレーションで皆さんと輪になって楽しい時間を過ごすことも良いことですし

こうしてお一人お一人時間をかけて、ゆっくり静かに向き合うことも

大変有意義なセラピードッグ活動であると感じました

 

セラピードッグ達は 「ベッドマナー」 も修得しています

寝たきりだった方が体を起こし、やがて車椅子に乗るようになり、

ついには補助器を使っての歩行練習ができるようになった事例もあります。

このコと一緒に歩きたい!!という気力が湧いてくるのではないかと思います。

 

また、手足に麻痺がある方が、セラピードッグに触れようと努力することで

麻痺が改善され自ら食事を摂ることができるようになった事例もあります。

もしもセラピードッグがリハビリに寄り添ってくれていたら・・・

心身共に辛く大変なエネルギーを要するリハビリも頑張れるのかもしれません。

要介護度が改善されていく。

現代の進歩した医学や薬でもできないことを、動物の癒す力で改善していく。

今やっと日本でも注目されるようになってきました。

 

 

アイコンタクト、いいですね

自然と笑顔がこぼれる、というのも大切な事なのではないかと感じます。

 

国際セラピードッグ協会では毎月定期的に訪問している施設も多くあります。

きっと皆さんは、その日を心待ちにしておられるのでしょうね。

 

 

「ケアハウス来住」の皆さまにも 「また来てね!」 と大変喜んで下さいました。

ぜひまたセラピードッグ達と共に訪問させて頂けたらと思います。

ありがとうございました

 

     NPOえひめセラピードッグの会 

 

コメント

障害者支援施設スマイル 訪問

2012年06月10日 | 施設・学校訪問の様子

 

6月の活動2日目

午後は、障害者支援施設  『 スマイル 』  様を訪問しました

 

 

先輩犬ピース君&ミッキー君が、活動開始前に一休みしている中・・・

 

愛媛出身のセラピードッグ見習い犬 「 みか 」 ちゃんは、基本動作を復習です。

あらかじめこの場所に慣れることもできるのかもしれませんね。

 

以前、訓練の方法をハンドラーの方にお聞きしたところ、

「 犬の集中力は長くは続かないので、一日の中で訓練できる時間も限られている。

毎日小さなことを積み重ねていくんです。」 と、おっしゃっていたのを思い出しました

 

『 スマイル 』 様は、3度目の訪問です。

セラピードッグ達の名前を覚えている方も多く、

今回の訪問もとても楽しみに待っていて下さったそうです

 

デモンストレーションは短めに済ませ、愛媛に里帰りしたみかちゃんを紹介後

ふれあうお時間をできるだけ長く取りました

 

ミッキー君、アイコンタクトしようとジッと見つめています

 

目線を合わせようと、スクッと立ち上がりました!

 

ミッキー君の瞳 ・ ・ ・ 言葉は要らないですね。

 

こちらの方は、ピース君と男同士無言の会話中 ・ ・ ・ 静かな時間が流れています

 

「 犬を飼っていたんだ。 懐かしい。」   ぽつり、ぽつり、とお話して下さいました。

そのお顔は、まるで昔に思いを馳せているようにも ・ ・ ・

今にも泣き出してしまいそうなお顔にも見えました。

そしてピース君がこの場を離れる時に、力強く一言。

「 また来いよ、ピース! 」

 

こちらの方は、お気に入りのミッキー君との再会に満面の笑みでした

 

みかちゃんも立派にセラピー活動をしました

 

アイコンタクトもバッチリです!

 

車椅子と同速歩行も、しっかりしています!

 

ベッドマナーもお行儀良くできていました

 

みかちゃん気付いてないでしょうけど、先輩からチェックされてますよ~

 

楽しい時間はアッという間に過ぎて行きました。  お別れのハイタッチ

 

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

 

ひとつの活動が終わる度に、まるでお互いを労っているように見えます

 

お疲れ様でした  今日も一日、ありがとう

 

当会の美人2トップに、みかちゃんが加わり3トップになる日が待ち遠しいです

 

利用者の方々が退室された後、簡単にお掃除をして終了です

 

その間に、セラピードッグ達はお散歩へ

 

この日うす曇りだった空も、活動を終えた頃には青空が広がっていました

 

明日は、第3回・4回 『 セラピードッグ初級訓練会 』 の様子をお伝えします

 

 9日(土)午前に訪問した『 日野学園 』 様での模様が

6月10日(日) 夜7時~ ( 翌日まで繰り返し )

愛媛CATV 「たうん広場・愛媛新聞リポート」 番組内にて放送されます

ぜひご覧下さい

 

     NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

コメント

日野学園 訪問

2012年06月09日 | 施設・学校訪問の様子

 

6月活動2日目

午前は、 『 日野学園 』 様をご訪問しました

 

 

まずは、セラピードッグのピース君とミッキー君がデモンストレーション。

 

その後、只今見習い中の愛媛出身「みか」ちゃんが登場!

 

皆さんの目の前にいるセラピードッグ達はみんな、

元は保護された捨て犬だったことや、

愛護センターで殺処分前日に救出された犬であることを伝えます。

 

デモンストレーションと、セラピードッグ達の紹介が終わった後は

施設利用者の方々とふれあう時間です

 

みかちゃん、消極的な方が自ら踏み出すまで、じっと待っています。

 

アイコンタクトを取ろうと静かに試みています。

 

・・・・・鼻先が少しだけ触れました!

 

やったーーー!!!

 

その後、車椅子に寄り添い、一緒に歩くこともできました

 

小柄で愛くるしい容姿のミッキー君

 

今日も女性陣にモテモテでした

 

セラピードッグのリーダー犬として皆をまとめる、ピース君

 

どこを触られてもゆったりと落ち着いています

 

こちらは井戸端会議中・・・? 膝と膝をつきあわせての三者会談

 

みかちゃん、今日もたくさんの方々にお会いできて良かったですね

 

『 日野学園 』 の皆さま、本当にありがとうございました!

また皆さまにお会いできる日が来ることを心から願っております

 

 

活動終了後も、大木代表は愛媛CATVと読売新聞社のインタビュー、

ゲストの方々との会談と、大変お忙しくされていました。

セラピードッグの認知度が、世の中に広まりつつあることを感じます

 

『 日野学園 』 様ご訪問の様子が、

6月10日(日) 夜7時~ ( 翌日まで繰り返し )

愛媛CATV 「たうん広場・愛媛新聞リポート」 番組内にて放送されます

ぜひご覧下さい

 

     NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

 

コメント

みなら特別支援学校 訪問

2012年06月08日 | 施設・学校訪問の様子

 

6月の活動、初日がスタート

本日は 『 愛媛県立みなら特別支援学校 』 様を訪問しました 

 

午前11時、松山空港へ国際セラピードッグ協会の皆さんをお出迎え。

空港から車で訪問先へと向かいます。

 

長旅お疲れさまでした そして、みかちゃん、おかえりなさい

 

『みか』ちゃんは、愛媛の特産みかんから命名されました

ちょうど一年前、愛媛県動物愛護センターより殺処分寸前で救出・保護され

現在は愛媛初、そして四国初のセラピードッグ(治療犬)候補として

国際セラピードッグ協会で訓練中です。

今回初めて愛媛へお里帰りということで、会のメンバー一同感無量です

 

現地到着後、活動前に食事・給水・排泄・お散歩を済ませます。

訪問先では、セラピードッグ達は入場前に体全体をきれいに拭きます。

実際にセラピードッグ達に会うと分かるのですが

皆、惚れ惚れするほど素晴らしく美しい被毛なのです

 

ベスト装着! セラピードッグ達は、「さぁ!お仕事だ!」 と目が輝きます

 

まずはデモンストレーション

セラピードッグ達が、常日頃どんな訓練をしているかを見てもらいます。

ゆっくりと歩いたり、元気良く走ったり、杖をついてのリハビリ歩行、

車椅子に寄り添う・・・様々な歩行に柔軟に合わせる技術には驚かされます。

そして、ここにいるセラピードッグ達は、みんな元は捨て犬だったこと、

動物愛護センターで殺処分寸前だったこともお伝えします。

ただ 「癒す」 だけではない、

「自分達の仲間がたくさん殺処分されている現実を知ってもらう」 という

第二の犬生を歩むセラピードッグの重要な使命に胸を打たれます

  

セラピードッグ達がお仕事を終えた後の、本来の姿も見て頂きます。

お仕事の時以外は、普通の家庭犬とまったく同じ生活をしています。

甘え方にもそれぞれの個性が出ますね

 

いよいよ、見習い犬として、愛媛出身のみかちゃんが初登場!

ベストを着けた瞬間 ( 心の中で拍手喝采 )

 

とても落ち着いた様子で、静かに出待ち中・・・

 

みかちゃん里帰りの初舞台  立派にご挨拶できました!

 

みなさんにとても優しく出迎えて頂きました

 

小学1年生~6年生までの生徒さん、80名。

みなさんに喜んでいただけたことと思います 

 

最後のご挨拶。  生徒さんからプレゼントを頂きました 

 

手作りの器と

 

手作りのメモ帳です

 

なんと当会のメンバー全員の分もご用意下さいました! 感激です!!

 『 愛媛県立みなら特別支援学校 』 の皆さま、本当にありがとうございました

 

また、小児科のお医者様も2名、ご見学に来られ

活動終了後にしばし、大木トオル代表とお話をされていました。

 

帰り支度の際、

大先輩ピース君が、まるでみかちゃんを労っているかのようでした 

 

 

明日もどうぞよろしくお願い致します

 

      お知らせ 

 6月10日(日) 『 第3回・4回 セラピードッグ初級訓練会 』 を行います

講師に国際セラピードッグ協会の大木トオル代表をお迎えします。

家庭犬の基本的なしつけの一環としても、この機会をぜひご活用下さい。

只今、参加者を募集しております。

訓練会詳細につきましてはこちらをどうぞ。  →  ★ ご案内 ★

 

     NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

コメント

支援施設 『スマイル』 再訪問

2012年02月29日 | 施設・学校訪問の様子

 

2月26日(日)、昨年10月に訪問 した

社会福祉法人金亀会 障害者支援施設 『 スマイル 』 を再訪問しました

 

セラピードッグ達は、施設に入る際に必ず玄関で足をきれいにふきます。

 

そして活動開始前に一度ベストを脱ぎ、 

 

もう一度、全身をきれいにふきあげます。

 

健康管理が行き届いているので、被毛も大変美しいです

 

コタロウ君は、今回の遠征前に入浴してきたとのこと。 ツヤツヤですね 

終了後には、セラピードッグ達が活動した会場と控え室を

抜け毛などのお掃除をしてから退場します。

 

今回は30名ほどの方が参加されました

まずはデモンストレーション! 

 

そして 「 ふれあう 」 場、お一人お一人をゆっくりと巡ります。 

 

手をたくさん動かして、ミッキー君とスキンシップ!

「 私はジブリが好きなの。」 と、今回はおしゃべりにも花が咲きました  

 

ベッドに横になっている方に、そっと寄り添うミッキー君

あら、まぁ、アゴを乗せちゃって・・・ 

この方はとても嬉しそうに目を細めていらっしゃいました

 

犬が膝にのると、程良い重さと温かさが伝わってきて

とっても幸せな気分になるんですよね 

 

この方は興味があるけど触るのをとまどっている様子 ・ ・ ・

なかなか距離が縮まりません。

 

なるほど、しっぽが触りたかったのですね! 

 

そっとタッチして、満面の笑み!!

 

この方は以前、犬と一緒に生活されていたそうです。

 

懐かしそうにピース君を優しくなでていた姿が、とても印象的でした

 

最後はセラピードッグ達と一緒に、音楽に合わせて楽しく歩行します

 

皆さんの表情がパッと明るくなり、素敵な笑顔になるのを見ていると

笑顔になるということが、とても大切な事なのだと気付かされます。

またぜひ訪問させて頂きたいと思います。

ありがとうございました

 

     NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

 

コメント

『希望ヶ丘』 を訪問

2012年02月27日 | 施設・学校訪問の様子

 

2月25日(土)午前、伊予郡砥部町の

アトムグループ 知的障害者更生施設 『 希望ヶ丘 』 を訪問しました

 

初回訪問のため、事前にスタッフの皆さまと打ち合わせをさせて頂きました。

 

とても広い会場! 参加は70名様を超えました!

 

セラピードッグ達のデモンストレーションを済ませた後は・・・

 

皆さんお待ちかねの 「 ふれあい 」 の場

 

セラピードッグにふれることを躊躇される方に、スッと背中を向けるピース。

すると、皆さんは安心して手を伸ばし、少しずつ緊張がほぐれていきます。

 膝枕をしてもらって甘えているのは・・・? 

ピース。 

福岡の平和台で保護されたことから、ピースと命名。

保護時は栄養失調で大変厳しい健康状態、そして人間不信だったそうです。

そんな捨て犬だったピース、今ではセラピードッグ達のリーダー犬です

 

小柄で幼さが残る可愛らしいミッキーは、アイドルのような存在 

皆さんにやさしくやさしく接していただいて 

ウットリ顔です。

 

陽気で甘えん坊なコタロウ  ぴったりと寄りそって体をあずけます。 

そして自らお腹をみせて、なでて!なでて!とアピール 

ハンドラーの指示に従ってこのような行動をしているのではなく

それぞれの個性を生かした自然体のコミュニケーションだからこそ

犬が持っている本能、「 人を癒したい 」 という思いが全身に表れ、

それが伝わり、本物の癒しができるのではないかと思いました。

 

ミッキーとコタロウは愛護センターで殺処分される寸前で

大木トオル代表によって一緒にレスキューされた、元捨て犬です

 

終盤にさしかかり、一緒に寄り添い歩く楽しさを体感。

皆さんの犬を見つめる目が優しく穏やか、何より素敵な笑顔!

犬達は歩行者の足元を注意深く見ながら、相手の歩みの速さに合わせます。

そして時折ふと顔を上げて、アイコンタクト。

1時間という限られた時間の中でも、お互いの信頼関係が構築され

会場は終始皆さんの笑顔であふれて、とても楽しいひとときとなりました。

 

ありがとうございました

 

     NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

コメント

表敬訪問・懇談会

2012年02月24日 | 施設・学校訪問の様子

 

2月24日(金)、国際セラピードッグ協会より

大木トオル代表とハンドラーさん2名、セラピードッグ3頭を松山へ向かえました

 

今回愛媛遠征に来てくれたセラピードッグ達は

リーダー格の 『 ピース 』 くん

 

しっぽがチャームポイント! 小柄で愛くるしい 『 ミッキー 』 くん

 

とっても甘えん坊の 『 コタロウ 』 くん

 

今は心と身体を癒す ( セラピー = 治療する ) 立場にある彼らですが

出身はみんな捨て犬、殺処分される寸前に大木代表にレスキューされた犬なのです

 

昼食と休憩を済ませた後、まずは松山市教育委員会をご訪問。

山内 泰 松山市教育長 と1時間の懇談会を開きました。

 

セラピードッグ達の落ち着きと賢さに、皆さま大変驚かれていました。

 

懇談会後、愛媛県庁へ移動。

 

中村時広 愛媛県知事を表敬訪問いたしました。

 

限られた時間の中で、デモンストレーションも行いました。

 

お忙しい中お時間をとっていただき、本当にありがとうございました。

 

また、たくさんのメディアの方々が取材に来られていました。

今、セラピードッグが少しずつ認知され注目され始めていることを感じます。

 

お仕事終了後は、松山城公園周辺をゆっくりお散歩しがてら宿泊先へ

今日は一日、お疲れさまでした。  ありがとうございました!

 

明日は午前中に 『 社会福祉法人和泉蓮華会 希望ヶ丘 』 を訪問、

午後からは愛媛県動物愛護センターにて初級訓練会を開催します

 

     NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

コメント

湯築小・生徒さんの感想文

2011年12月04日 | 施設・学校訪問の様子

 

10月にセラピードッグと共に訪問した 松山市立湯築小学校 の

生徒さん、保護者の皆さまから感想文をいただきました

ありがとうございます

 

ひとつひとつに目を通しましたが、どれも胸をうつものばかり

 

子供さん達の感じた素直な気持ちがストレートに伝わってきます

 

訪問して良かったなぁ~・・・・・という思いとともに

これからも伝えていくことの意義と責任の大きさも改めて感じました

 

 

 

   NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

 

コメント

湯築小学校訪問

2011年11月02日 | 施設・学校訪問の様子

 

10月31日(月)  松山市立 湯築小学校を訪問しました

 

授業 『 人から学ぼう 』

6年生88名を対象に、父兄の皆さま、報道関係者も含め

100名規模の講演会となりました

 

国際セラピードッグ協会 大木トオル代表の講演

 

講演内容は、いつもと同じ内容です。

この写真の中には、訪問した 「ミッキー」 と 「こたろう」 も写っています。

子供達にもしっかりと 「命の大切さ」 に向き合ってもらいます。

 

待ちに待ったセラピードッグの登場に目を輝かせる子供達

 

車椅子を使っての歩行も体験してもらいました

 

子供達のやさしい手

 

セラピードッグたちも熱烈な歓迎を受けて嬉しそうでした

 

終了後に校長先生と対談させていただきました

 

集合写真  

 

本当は大きく載せたいところですがお顔が写っていますので・・・

それでも、子供達から放たれる輝きは伝わるのではないかと思います。

私達もとても貴重な体験をさせていただき、感謝しております。

ありがとうございました

 

      NPOえひめセラピードッグの会 ホームページ

 

 ※ リンクフリーですが、記事・写真の無断転用はご遠慮下さい ※

 

 

コメント