Tommy's Express ブログ

日々変化する日本、世界の出来事を発信します。

中国、初の海底高速鉄道を建設へ 政府が承認

2018年11月30日 16時27分27秒 | 中国



(CNN) 中国政府は29日までに、同国初の海底トンネルを走行する高速鉄道の建設計画を承認した。上海の南に位置する港湾都市、寧波市と、東シナ海に浮かぶ島々からなる舟山市を結ぶ。

総延長距離77キロのルートのうち、海底トンネル部分16.2キロを含む70.92キロの線路を新設する計画だという。

高速鉄道の最高速度は時速250キロで、ルートが完成すれば浙江省の省都杭州から舟山まで80分で移動できるようになる。現在、同行程はバスで4時間半、自家用車で2時間半かかる。

ルート内に設置する7駅は4駅を新設。3駅を改修して使用する。海底トンネルに加え、島嶼(とうしょ)部をつなぐ鉄道橋も建設する予定だ。

総工費は252億人民元(約4080億円)で、来年からの着工を計画している。完成は2025年になる見通し。

上海から南へ車で3時間かかる舟山は、これまで国外からの旅行客にあまり知られることがなかった。高速鉄道の新設でアクセスが改善されれば、観光需要を押し上げる効果が見込めそうだ。


巨匠画家「ゴッホ」の写真…実は弟のテオだった

2018年11月30日 16時26分01秒 | 世界のニュース



「ひまわり」などの作品で知られるオランダの巨匠ビンセント・ファン・ゴッホだと長年、考えられていた写真──明るい目をしたこの少年が、実は弟のテオだったことが判明した。専門家らが29日、明らかにした。

 アムステルダムのゴッホ美術館の発表によると、13歳当時のゴッホとして、これまで多くの書籍に掲載されてきた写真は、ほぼ間違いなく弟のテオが15歳のときの写真だという。

 同美術館のアクセル・ルトガー館長はAFPに「この発見によって、われわれの幻想が一つ減って、テオの写真が1枚増えた」と語った。

 色鮮やかで激情的な自画像の油彩画で有名なゴッホだが、写真を撮られることには意外なほどの嫌悪を示していた。現存する写真はわずか2枚とされてきたが、今回の発見の結果、19歳の時に撮影された1枚だけになってしまった。

「もちろん、少し残念な気持ちもある。ビンセント・ファン・ゴッホの写真はほとんどないのに、これでさらに1枚減ってしまったのだから」と同館長。「だが一方で当然、常に真実を発見できることの方が私にとって喜びだ」


ルノワールの絵画が盗難に、競売の2日前 オーストリア

2018年11月30日 16時23分54秒 | 世界のニュース

盗難に遭ったのは「湾、海、緑の崖(仮訳)」と題された風景画



(CNN)オーストリアでこのほど、フランス人の印象派画家、ルノワールの絵画が盗まれる事件があった。警察は事件に関連して、防犯カメラに映った男3人の行方を追っている。

盗難に遭ったのは「湾、海、緑の崖(仮訳)」と題された風景画。警察がロイター通信に明かしたところによると、首都ウィーンにあるオークションハウスで26日、額縁から切り取られたとみられている。この施設では28日に同作品の競売が行われる予定だった。

警察が公開した防犯カメラの映像には、容疑者3人の姿が映っている。

ウィーン警察の報道官はCNNの取材に、国際警察と連絡を取っていると説明。「一瞬の出来事だったことから、容疑者はプロだとみている」と述べた。額縁から絵画を取り出した後、歩いて現場を去ったという。

この絵画は1895年の作品で、縦27センチ、横40センチの大きさ。評価額は最大で16万ユーロ(約2050万円)となっていた。

美術商で印象派やモダニズム作品を扱うジェームズ・ラウンデル氏はこの絵について、ルノワールの絵画で最も有名な部類ではないものの、良く知られており、売るのは難しいだろうと説明。「今回のように話題になり、誰も手を出そうとしない場合、絵が破壊される危険性がある」と話した。

ルノワールの作品では、「髪に花を挿して肘をつくマドレーヌ(仮訳)」が米連邦捜査局(FBI)の高額盗難作品リストでトップ10に入っている。2011年に米ヒューストンの住宅から盗まれたもので、評価額は100万ドルに上る。



遺伝子編集ベビーの研究者、中国政府が活動停止処分

2018年11月30日 16時22分30秒 | 中国

南方科技大学の賀建奎准教授



香港(CNN) 中国の科学者が世界で初めて遺伝子に手を加えた子どもを誕生させたと主張している問題で、中国政府がこの科学者の研究活動を停止させた。国営新華社通信が29日に伝えた。

中国・深センにある南方科技大学の賀建奎准教授は26日、受精卵に手を加えてエイズウイルス(HIV)に耐性を持たせた双子の女児が誕生したと発表していた。

新華社の報道によると、この主張について中国科学技術省幹部は、「中国の法令に公然と違反し、科学倫理にも反している。ショッキングであり容認できない」と非難した。

妊娠を目的とした受精卵の遺伝子編集は、米国や英国など多くの国で禁止されている。

一方、中国は研究プロジェクトに多額の予算を投じ、欧米に比べると規制も緩いことから、遺伝子編集技術の最先端を行っていると見なされてきた。

しかし賀氏の発表は、遺伝子編集の透明性を巡る倫理上の重大な疑念を生じさせ、世界的に拘束力のある行動規範の制定を求める声が強まっている。

中国政府は賀氏の発表を受け、直ちに調査するよう指示していた。


韓国から北朝鮮に10年ぶりに列車走らせ、共同調査

2018年11月30日 16時15分15秒 | 韓国



韓国と北朝鮮の鉄道連結に向け、北朝鮮側の線路を調べる韓国の調査団28人を乗せた列車が30日、ソウル北方の都羅山(トラサン)駅から軍事境界線を超えて北朝鮮に入った。12月17日まで、北朝鮮の主要区間で実際に列車を走らせ、共同で路線の状態を確認する。

 韓国の鉄道車両が北朝鮮内を走るのは、黄海側の京義(キョンウィ)線の短区間で2007~08年に貨物列車が運行されて以来、10年ぶり。日本海側の東海(トンヘ)線=金剛山(クムガンサン)-豆満江(トゥマンガン)=を走るのは初めて。

産経新聞


チケット転売規制法が成立へ

2018年11月30日 16時13分51秒 | 国内ニュース



スポーツやコンサートの入場券の高額転売を規制する新たな法案が今国会で成立する見通しとなった。与野党が衆院文部科学委員長提案として衆院本会議に提出することで合意。30日に開く同委で議決する。複数の関係者が29日明らかにした。プロ野球のチケットなどが大量に買い占められ、インターネット上に高値で売りに出されるケースが増えて社会問題化。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、対策が急務となっていた。

 法案は12月4日の衆院本会議で可決、参院へ送付される予定だ。利益を得るための定価を超える金額でのチケット転売や、不正転売目的での譲り受けを禁止する。

共同通信


元貴乃花親方に功労金、協会内から異論なし

2018年11月30日 12時48分07秒 | 国内ニュース
 



日本相撲協会は29日、東京・墨田区の両国国技館で定例理事会を開き、10月に協会を退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)に対し、約1000万円とされる退職金に加えて「功労金」を支払うことを決めた。在職中は協会と対立するなどした花田氏だが、理事会で特に異論は出なかったという。

 日本相撲協会が懐の深さを見せた。対立が深刻化し、電撃的に退職した花田氏に対し、約1000万円とされる退職金に加え、協会への貢献度などに基づく「功労金」を支払うことを決めた。金額は協会の「理事」を4期8年務めた実績が考慮され、「理事経験者」扱いで算出。12月11日に開かれる評議員会で承認を得る。

 花田氏は昨年10月に元横綱日馬富士が弟子の貴ノ岩へ起こした傷害事件に端を発した一連の問題で、協会との対立姿勢を深めた。不信感を募らせ、協会の調査に疑義を訴える告発状を内閣府公益認定等委員会へ提出(のちに取り下げ)するまでに発展。役員としての忠実義務を問われて史上初の理事解任処分なども受けた。

 9月25日には会見を開き、引退(退職)届を提出したことを表明。この際、傷害事件をめぐり、協会から圧力があったとも取れる説明を行った。花田氏は協会側と和解することなく、10月1日付で退職した。

 しかし、芝田山広報部長(元横綱大乃国)はこの日の理事会後、功労金などの支払いについて「問題なく規定通りに払われる」と説明。議論にはならなかったという。

 退職金は公益財団法人の規定に基づき、在職期間などを含む計算方法で金額が決まる。協会関係者によるとこれとは別に、非公開の功労金は通常、退職金を上回る金額になるという。

 花田氏は横綱の現役引退時に支払われる特別功労金(現在は非公開)で、歴代最高額の1億3000万円が贈られた。

サンケイスポーツ


秋篠宮さま、大嘗祭支出に疑義「宮内庁、聞く耳持たず」

2018年11月30日 07時59分09秒 | 国内ニュース



秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し、天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、政府は公費を支出するべきではないとの考えを示した。この考えを宮内庁長官らに伝えたが「聞く耳を持たなかった」といい、「非常に残念なことだった」と述べた。

記者会見は誕生日当日の30日に報道されることを前提に、22日に行われた。政府が決定した方針に、皇族が公の場で疑義を呈することは異例。秋篠宮さまは来年5月の代替わり後、皇位継承順位第1位で皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となる。

 大嘗祭は、新天皇が新穀を神々に供えて世の安寧や五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る儀式。1990(平成2)年に行われた前回の大嘗祭では、国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」約22億5千万円が使われ、「政教分離に反する」という批判は当時から根強くあった。政府は今回も、儀式に宗教的性格があると認めつつ、「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めた。前回を踏襲して同規模の儀式を想定しているが、人件費や資材の高騰で費用が増す可能性もある。

 これに対し、秋篠宮さまは天皇家の「私費」にあたる「内廷会計」で賄うべきだと述べた。遺産や国から支出されている内廷費などだが、使途は天皇家の裁量で、通常の宮中祭祀(さいし)にも使われている。

 秋篠宮さまは「身の丈にあった儀式」にすることが本来の姿、とも述べた。前回の代替わりでも同様の意見を述べていたといい、今回も宮内庁の山本信一郎長官らに「かなり言った」というが、考えてもらえなかったという。

 山本長官は直後の会見で「聞く耳を持たなかったと言われるとつらいが、そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」と話した。一方、天皇陛下からは即位関係の諸儀式などは皇太子さまとよく相談して進めるよう伝えられているといい、「ご理解を頂いて進めている」としている。(


日航副操縦士に実刑判決=禁錮10月、乗務前に過剰飲酒―英

2018年11月30日 07時57分48秒 | 世界のニュース

飲酒副操縦士実川克敏被告



 【ロンドン時事】ロンドン西部アイズルワースの刑事法院は29日、日本航空の男性副操縦士、実川克敏被告(42)が乗務前に過剰に飲酒し英ヒースロー空港で拘束された事件で判決公判を開き、禁錮10月の実刑判決を言い渡した。

 被告は先の公判で罪を認めていた。

 裁判長は「飲酒により乗客の安全を危険にさらした。壊滅的な結果をもたらす可能性もあった」と指摘。被告は出廷せず、留置先と法廷を回線で結ぶビデオリンク方式が採用された。映像の中の被告はTシャツ姿。冒頭に「罪を認めます」と述べた後、身動きせず、緊張した様子で判決に耳を傾けていた。

 英警察当局は10月28日、ロンドン発羽田行き日航44便に乗務直前だった被告の呼気から英法令で定められた基準値の10倍近いアルコールが検出されたとして、被告を拘束。同便は1時間余り遅れて出発した。

 その後の調べで被告は、乗務予定日前日にワインやビールなどを大量に飲んでいたことが判明。日航は今月16日、乗務前のアルコール基準値や飲酒検査の厳格化など再発防止策を発表した。 


2025大阪万博/地元に高まる期待、その先にIR

2018年11月30日 07時56分03秒 | 国内ニュース

[2018-11-27 建設通信新聞]

万博のメインテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」




【けん引役へ存在感高める/地域力を駆使、最先端技術導入】

 「大阪挽回のチャンスだ」--。官民一体となって誘致に取り組んできた2025年万博の開催決定を受け、関西では将来の先細りするマーケットへの不安が喜びと期待に変わった。今後、関連する建設需要が拡大することが見込まれる中、その期待感は設計・コンサルやゼネコンに加え、専門工事業やメーカーまで業界全体に広がっている。万博の先にはIR(統合型リゾート)なども控えており、関西、ひいては日本国内のけん引役として大阪が一層の存在感を高めていく。 

松井一郎大阪府知事は「1970年の大阪万博のころ、大阪は輝いていたが、その後注目されず、大阪の街には悪いイメージもついてしまった。万博でそのイメージを変えることが、日本全体のイメージを変えることにもなる」と記者会見し、万博のアカデミックアンバサダーを務める大阪市立大学の嘉名光市教授は「2025年までの準備期間を通じ、大阪・関西、日本が、地域力やコミュニティーの力を駆使して、最先端テクノロジーを導入しながら、健康で元気に暮らせる魅力的で持続可能な都市を実際にデザインし、その姿を見てもらいたい」とコメントした。

続  き


謎の爆乳ボールガール素顔判明 揺れ乳ガン見のロッテ選手と対面

2018年11月30日 05時11分27秒 | 国内ニュース

昨年話題となった爆乳ボールガール







ついに素顔が明らかになる。フジテレビ系列「中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2018」が12月8日(午後9時~11時10分)にオンエアされることが決定。同番組は毎年末に放送され、プロ野球12球団のペナントレースを始めキャンプ、オープン戦、日本シリーズ等で起こった「珍プレー・好プレー」を特集する内容でおなじみだが、その番組に“謎の巨乳美女ボールガール”が出演することが分かった。

 今年も司会に中居正広とアンタッチャブルの山崎弘也、プロ野球界からもゲストを迎えて進行されるが、今年の番組出演者の中には前年放送の番組内で珍プレー映像に登場し、各方面で大きな反響を呼び起こした“巨乳ボールガール”も含まれているという。

 前年放送で話題沸騰となった映像は、2017年2月25日に沖縄・浦添市民球場で行われたヤクルト対ロッテのオープン戦。この試合中、球審のもとへボールを運ぶボールガールの胸元に三塁側ベンチに座ったロッテの面々がくぎ付けになるシーンが放送されると、たちまちネット上でも“爆乳論争”が湧き起こった。

 ボールを運ぶたびにユッサユッサと大きく揺れ動く、そのはち切れんばかりのバストには「推定Gカップではないか」ともささやかれるようになり「あの巨乳美女は一体誰?」との問い合わせまで同局に殺到するようになった。

「その流れもあって今回、ご本人がスタジオに『サプライズ』という形で来ていただく運びとなりました。普段はどのような仕事をしているのかなど…。今までベールに包まれていた数々の疑問についても番組内ですべて明らかになります」(フジテレビ関係者)

 番組ではスタジオでロッテの主力選手との対面も果たす。放送当日は“爆乳論争”が再点火されることになるかもしれない。

東スポWeb


クマ襲撃か、母親と生後10か月の女児死亡 カナダ

2018年11月30日 05時10分25秒 | 世界のニュース

ハイイログマ(資料写真)



カナダ・ユーコン準州の当局は28日、ハイイログマ(グリズリー)に襲われたとみられる母親と生後10か月の女児が死亡したと明らかにした。

 死亡したのはバレリ・セオレさん(37)と娘のアデルちゃんで、アイナソン湖そばの小屋から散歩に出たところクマに襲われたとみられている。

 アイナソン湖はユーコン唯一の町であるホワイトホースから北東400キロに位置し、2人の遺体は小屋からそれほど離れていない場所でアデルちゃんの父親によって発見された。

 父親はその際、母娘を襲ったとみられるクマと遭遇し、その場で射殺した。

 王立カナダ騎馬警察と検視官は、2人の死因がクマによる襲撃とみて調査を進めていると発表した。

 親子3人はセオレさんが産休の間、湖近くの小屋に滞在していたという。

AFPBB News


ケチャップ少なく逆上、マクドナルド店長の首絞めた女逮捕 米加州

2018年11月30日 04時46分27秒 | 世界のニュース



米カリフォルニア州にあるファストフード大手マクドナルドの店舗で、注文した商品に入ったケチャップが少ないと逆上した女が同店の店長に首を絞めるなどの暴行を加え、逮捕された。

 マイラ・ベレニス・ガロ容疑者(24)は先月27日、同州サンタアナにあるマクドナルドのドライブスルーで商品を注文した後、犯行に及んだものとみられている。

 AFPの取材に応じた警察当局の広報官によると、ガロ容疑者は従業員専用口から店内に突入。「ケチャップがないことに激怒した」容疑者は店長から出ていくよう注意され、首を絞めるなどの暴行に及んだという。

 事件を捉えた映像によると、連れの男性がガロ容疑者を引き離して事態は収束。通報を受けた警察が今月27日にガロ容疑者を逮捕した。

AFPBB News


中国ハーフマラソン大会で処分された違反者はなんと258人!―

2018年11月30日 04時38分23秒 | 世界のニュース
 


2018年11月28日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、広東省深セン市で行われたハーフマラソン大会で、出場選手による不正が相次ぎ258人が処分を受けたと報じた。

25日の同大会終了後、ネット上で多数の選手による不正行為が暴露された。そして、同大会の微博アカウントは28日に「計測チップのデータ、ビデオ映像や現場の写真などから、計258人による違反行為が証明された」と発表。そのうち、ゼッケンの偽造が18人、替え玉出場が3人、緑化帯を横切るショートカットが46人などとなっている。大会組織委員会は、ゼッケン偽造、替え玉出場の21人について大会から永久追放とし、その他の違反選手については2年間の出場禁止とすることを決定した。

違反者が続出したマラソン大会について、中国のネットユーザーは「恥ずかしいから参加するなよ」「みんなSNS映えのために参加してるだけ」「中国のマラソン大会の実体は、政府の見せびらかし、商売人の金もうけ、市民の見えっ張りの場」「こんなマラソン大会にどんな意味があるのか」といった批判や疑問の声を寄せている。

また「やっぱり、中国人は何でもかんでも近道しようとするのが好きなんだな」「ウチの学校のスポーツテストでもこんなことが起きていた」「投機的な行動に出るのがこの民族の特性だ」とするユーザーもいた。



アリババ会長が共産党員との報道、専門家「当局の締め付けを示唆」=米RFA

2018年11月30日 04時36分21秒 | 中国

アリババ集団の創業者兼会長の馬雲(ジャック・マー)氏
 


中国共産党機関紙・人民日報は26日、中国電子商取引最大手アリババ集団の創業者兼会長の馬雲(ジャック・マー)氏が共産党員であることを報道した。突如の発表に国内外の関心が高まっている。

同紙は、中国の改革開放に貢献した100人のリストを発表した記事で、馬氏が共産党員であると言及した。

米経済誌フォーブスが3月に発表した2018年版の世界長者番付によると、馬雲氏は、保有資産額が390億ドル(約4兆4221億円)で20位にランクインした。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)26日付では、アリババ集団に関する書籍を執筆した著者らは中国当局の公表に驚いているという。馬氏の創業について著書を出版したダンカン・クラーク(Duncan Clarke)氏によると、馬氏はこれまで党員であることを公にしたことがない。

中国共産党は党員に対して、党の利益を最優先にするよう要求する。WSJは、馬氏は今後、党の利益とアリババ集団の株主の利益の間で、難しい選択を迫られると懸念した。

在米中国人学者の謝選俊氏は、米ラジオ・フリー・アジア(RFA)に対して、「当局の公表は馬氏への締め付けを意味している」と述べた。

謝氏は、馬氏など国内企業家らが2015年に創設した企業家育成専門ビジネススクール「湖畔大学」(杭州市)が当局の逆鱗に触れた可能性があると指摘した。馬氏は同大学の学長を務めている。入学者は、国内金融投資、食品、医薬医療、ハイテク技術、教育など様々な分野の企業トップだ。

「馬氏は当時、大学について『黄埔軍官学校のような学校にしたい』と話した。同校は、政権争いのために設立された士官養成学校だ。中国共産党にとって大きなタブーである」

中国当局に近い海外中国語メディア「多維新聞」が昨年12月に掲載した記事で、湖畔大学について「大物資本家が合流するとの風潮を表し、危険な政治的シグナルだ」とし、「エリートたちは支配される運命に抵抗し、『独立・自主的』になるため新しい組織をつくった」と糾弾した。

黄埔軍官学校は1924年、革命の勝利を目指す孫文によって創立された。

謝氏は、中国当局は今後、党員である馬氏の問題を党内問題として粛正するだろうとの見方を示した。

いっぽう、米コロンビア大学政治学博士の王軍涛氏は、馬雲氏が党員であることについて「意外的ではない」とした。

「中国では、一人の民営企業経営者がここまでビジネスを成功させたのは、中国共産党の後押しがなければ、できないことだ。したがって、馬氏は中国共産党の党員でなくても、党の支配を受けている」

王氏は、当局にとって馬氏とアリババ集団への締め付けは「いとも簡単なことだ」と強調した。

馬氏は今年9月、来年会長職を引退すると発表した。一部では、同氏は中国当局の圧力で引退したとの見方が出た。しかし、馬氏本人は否定した。

大紀元